契約前に知りたい格安SIMの支払い方法の話

格安スマホには様々な支払い方法が存在します。

この記事では、クレジットカードを所有していない人でも支払いが可能になった現在の格安スマホの色々な支払い方法についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

格安SIMの支払方法

ほとんどがクレジットカードのみ

クレジットカード

ほとんどのMVNO(仮想移動体通信事業者)では、個人に向けた通信サービスにおいて料金の回収をより安く確実に行うため、月額料金の支払い方法をクレジットカードのみとしています。

この場合MVNOが提供する格安SIMを契約するためには、クレジットカードを所有していることが条件となります。そのため様々な事情からクレジットカードを持っていない場合、通信費を安く抑えることのできる格安スマホを契約することができません。

これは、クレジットカードを作ることができれば簡単に解決する問題ですが、様々な事情からクレジットカードを持つことができない人も存在します。そんな人にも選択肢は多くはありませんが契約が可能なMVNOは存在します。

クレジットカードがない場合は口座振替が手軽クレジットカードを持っていない人にお勧めの支払い方法は口座振替です。口座振替ならば、自分の銀行口座から毎月料金が自動的に引き落とされるので、面倒なことがなく安心です。

BIGLOBEならばデータSIMの月額料金の支払いに口座振替を利用することができます。また契約後に支払い方法を変えることも可能なので、状況に応じて支払い方法をクレジットカードに変更することもできます。

デビットカードも

デビットカードは基本的に決済金額を金融機関の口座から即座に引き落とします。「Visaデビットカード」や「JCBデビットカード」のようにクレジットカードを使用できる店舗ならばそのまま使うことのできるデビットカードも増加しています。

例えば「楽天モバイル」では、「楽天銀行デビットカード」(Visa/JCB)や「スルガ銀行Visaデビットカード」のみ利用することができます。また「IIJmio」では、毎月の自動決済である月次決済に対応しているデビットカードであれば使用できる可能性があります。

これらの会社とは違い、日本通信の各種MVNOサービスはデビットカードの使用には対応していません。このようにMVNOによってそれぞれデビットカードでの支払いに対して対応が違うのは、デビットカードの即時引き落としという仕組みのせいです。

デビットカードの使用においては、MVNOが料金を請求した時に口座残高が不足していると支払いの承認を得ることができず、MVNOが違ったやり方で代金を回収しなければならなくなります。そのため、より確実に代金を回収するためにほとんどのMVNOでは支払方法をクレジットカードに限定しているのです。

デビットカード
デビットカードで契約できる格安simを比較

利用料金をデビットカードで支払える格安SIMカードを見比べていくことにします。今回のお話のデビットカードというのは、毎月の料金を支払うことが可能なVisaデビットカード或いはJCBデビットカードを指し ...

続きを見る

口座振替

口座

デビットカードの場合よりもさらに数は少なくなりますが、一部格安SIMでは口座振替で契約可能な格安SIMも存在します。

口座振替の場合は毎月の払落しのたびに数百円の手数料を取られるので、クレジットカードが使えない方は口座振替よりデビットカードで契約することをお勧めします。

お金
口座振替が可能な格安simを徹底比較

格安SIMの料金はそのほとんどが、本人名義のクレジットカードによる支払いとなっています。 そのため、様々な事情でクレジットカードを持っていない(あるいは持ちたくても持てない)人にとっては、格安SIMは ...

続きを見る

その他の支払い方法

その他の支払い方法として、プリペイド式の格安SIMを契約するという方法があります。

その場合、格安SIMを使い続けるために期限内にチャージをしなければならなかったり音声通話が不可能だったりといったこともあるので、 契約前に詳細な確認が必要です。またコンビニやゆうちょ銀行から支払うことができる通信事業者もあります。

その場合は通信料金を一年分、一括で支払わなければなりません。また提供会社によって利用中のプロバイダーと合算請求が可能な場合もあります。

この支払い方法であれば、現在支払っているプロバイダー料金と合わせて支払うことが可能です。同じ会社の格安スマホとプロバイダを使っている場合は、この支払い方法がおすすめです。

未成年の場合は?

学生

二十歳未満の未成年は格安SIMや格安スマホを自分で契約することは不可能なので、親の名義で契約しなければなりません。その場合は親名義のクレジットカードを使うことになります。

未成年の子供名義のスマホやガラケーをMNPしたい場合には、まずそのスマホやガラケーの名義を親名義に変更した後にNMPを行います。しかしながら、格安SIMや格安スマホを契約している最中は名義の変更ができません。

格安SIMや格安スマホの契約後に子供の成人などの理由で名義の変更を希望する場合は、一度格安スマホからドコモやソフトバンク、 au などの大手キャリアへNMPをした後でなければ、名義の変更は不可能です。

将来的には格安SIMや格安スマホの契約中であっても名義の変更が可能になる可能性は高いですが、現在は名義の変更はできないので注意してください。

未成年でも契約できる格安SIMを徹底比較

未成年だと格安SIMは契約できないと思い込んでいませんか?それは間違いです。 未成年でも格安SIMを契約することができるのです。確かに、ほとんどの会社では、格安SIMカードの契約を20歳以上の成年のみ ...

続きを見る

投稿日:

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.