使用用途別の比較記事

家族割にもなる!複数枚契約ができる格安SIMの比較

更新日:

今回はSIMカードを2枚以上所持することが可能なMVNOについてご紹介していきます。

契約者1人が2枚以上のSIMカードを所持出来ることで現在自分が使っている複数の端末でSIMカードが使えるようになりますので、2台以上の端末を利用している人や、家族の皆で格安SIMの利用を検討している人は是非参考にしてみて下さい。

データ容量は8GBから10GBとなっているものが目立ちますが、中には1GBから3GBのような容量の小さなプランもあります。

格安SIMの複数枚契約とは

2枚以上のSIMカードを所持することが可能なMVNOでは、SIMカードを後からプラスすることでデータ容量を分け合うことが可能で、複数の端末で使用することが可能となっています。

皆さんもレストラン等で大きな一枚の皿に乗っている料理を皆で分け合ったことがあるでしょう。

容量を分け合うというのもそれと同じ感覚で、皆で分け合うことが出来るようになれば一つの容量だけを管理すれば良いことになるので、管理がしやすくなり、料金を抑えやすくもなります。

このように、複数のSIMカードを持つことは2台以上の端末を利用している人や、家族の皆で格安SIMを利用する場合には、色々な良いことがあるのです。

家族で利用する場合

家族2枚以上のSIMカードを持つ場合には容量を共有する形となりますので、容量を大量に消費する人と、容量の消費が少なめの人で利用すると良いようです。

ドコモに存在するシェアパックと似た仕組みですので、利用にあたっては現時点での家族における高速回線の通信容量を求めてから契約することをお勧め致します。

1人で利用する場合

スマホとタブレットいずれも使用している人で、タブレットではWi-Fiを利用しておらず、SIMカードの利用が可能なタイプなら、それぞれの端末で別々に契約を行うことが不要となるので、非常に便利なものとなってきます。

さらに、通常のプランでの容量では足りない人、特に毎月のデータ使用量が10GBあたりまでいってしまう人の場合も非常に便利なものとなりますので、利用してみて下さい。

複数枚契約に対応している格安SIM

mineo

mineomineoでは、2回線以上利用することで様々なメリットがありますので、その3点をご紹介します。

1点目は『パケットシェア』サービスで、これは、ある月に使い切れなかった容量を次の月に家族の間で分け合えるといったもので、同居人なら最高5つの回線で分け合うことが可能です。

2点目は『複数回線割』サービスで、個人で2つ以上の回線を利用する場合にメリットがあり、最高5つの回線の料金を50円引いて貰えるといったものになります。

3点目は『家族割』サービスで、文字通り家族全員で利用する人にお勧めのサービスとなっています。

この場合も最高5つの回線に対して50円値引きするといったものですが、こちらの場合は先ほどの『パケットシェア』のように同居人であるという制約がありません。

契約者から見て3親等までの人なら、離れ離れであっても値引きの対象となります。

mineo
mineoの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年10月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

続きを見る

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル毎月の料金を安くすることが可能で、2枚以上のSIMのカードを持ちたい人であれば、エキサイトモバイルがお勧めです。

使用したデータ量によって料金が段階的に変化する『最適プラン』や毎月のデータ容量を定めている『定額プラン』のいずれであっても、3枚までSIMカードを持つことが可能といったように、SIMカードの提供枚数に対してはとてもこだわりを持っていると言えます。

さらにこの他にも、オプションを利用すればもう2枚の追加が可能となりますので、最大5枚までの追加が可能となっているのです。オプションを利用した場合の毎月の料金は一枚390円となっています。

また、データ通信量が少ない人であっても利用出来ることもメリットの一つとなっており、『最適料金プラン』であれば、毎月1,050円という非常に安い料金で利用することも出来るのです。

SIMカード一枚を毎月350円で利用出来るというのは、他の会社ではあまり見当たりません。データ通信料を抑えたい人にはこれ以上良いプランはないと言えます。

エキサイトモバイル
エキサイトモバイルの評判とレビュー

エキサイトモバイルの月額料金は1GBごとの従量制となっています。そのため、月額料金を簡単に安く抑えることができます。 料金を安くするためには、SIM3枚コースが良いでしょう。家族で使う場合、SIM3枚 ...

続きを見る

IIJmio

iijmio平成27年、最も多くのユーザーが満足し、数あるMVNOの中でもNo2のシェア率を誇るのがIIJmioです。高品質の回線を使用していることから、ユーザー以外の企業の方々からの信頼度も高くなっています。

他の会社における格安SIMの開発に関するサポート、小容量のプランであってもデータ量を分け合えるといったことも、IIJmioならではの特徴です。

SIMカードを大量に持ちたい人にとっては、IIJmioは非常に向いています。

『ファミリープラン』といった、家族での利用に特化したプランがあって、こちらは10GBのデータの利用が可能となっており、最高10枚のSIMカードをプラスすることが出来るのです。

料金は4枚以上となる場合から一枚400円となり、3枚以下であれば無料となっています。

『データプラン』を利用する場合は、毎月2,560円で最高3枚のSIMカードを持つことが可能で、それよりプラスする場合は、一枚あたり400円支払うことで利用が可能です。

一方、『音声通話プラン』を利用する場合は、「音声通話機能付帯料」としてSIMカード一枚あたり700円の加算となるので基本料金は3,260円となり、さらにSIMカードを一枚プラスするためには1,100円が必要となってきます。

通常分にプラスして最高7枚プラスすることが出来ますので、仮に音声通話プランで10枚のSIMカードを持つとなった場合は、基本料金の3,260円に7枚のSIMカードの料金7,700円を加えた10,960円となるわけです。

一つの契約で10枚のSIMカードを持てるところというのは他では見当たらず、三世代で格安SIMを利用出来るというのも、IIJmio以外では存在しないと言えます。

iijmio
IIJmioの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年10月】

IIJmioは最近楽天モバイルに抜かれてしまいましたが、業界シェア2位の格安SIMが有名になる以前から回線を提供している老舗の格安SIMです。 新規参入してきたMVNOとは異なり、いきなりサービスの提 ...

続きを見る

OCNモバイルONE

ocnmobileone格安SIM会社の中では最も高いシェア率を誇り、NTTコミュニケーションズが取り扱っていることから、通信に関する信頼度も高いものとなっています。

高速回線と低速回線の切り替え機能、料金の支払いに口座振替が使える等、利便性の高いサービスが豊富なことも魅力の一つです。

月単位、日単位にコースが分かれているので、自分の生活に合ったプランが選択可能といった他、全プランで容量を分け合うことが可能で、最高5枚のSIMカードを持てるようになっています。

上記のサービスはオプションとなり、SIMカード一枚あたりの料金は450円となりますが、それに手数料が加算となるので注意が必要です。

ocnmobileone
OCN モバイル ONEの評判と通信速度の比較

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

続きを見る

DMM mobile

dmm-mobile毎月の利用料金が440円からとなっているDMM mobileは格安SIM会社の中でもトップクラスの安さです。安定して速度の速い通信を行うことが可能で、バースト転送機能等の機能も備わっています。

毎月利用していく中での別のプランへの移行も可能です。プランは数多く存在しますので、毎月の料金を極力安くしていきたい人に向いていると言えそうです。

2枚以上のSIMカードを持つ場合は、『シェアコース』を利用することとなり、最高3枚のSIMカードの間でデータ容量のシェアが可能です。

1GB追加する場合の料金を考えると、毎月10GBのプランが割安ではないかと思いますが、それより大きなプランも存在しますので、10GBで足りない人はそれより大きなプランであっても構いません。

とにかく容量が大きいですので、家族の中にデータ容量の消費が激しい人がたくさんいる家庭にとってはベストではないかと思います。

データSIMの場合は追加しても毎月の基本料金は変わりません。音声通話SIMの場合は、8GB、10GB、15GBの場合で一枚あたり700円、20GBの場合で一枚あたり1,000円を毎月の基本料金に加えることで利用が可能です。

dmm-mobile
DMMモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年10月】

DMMが提供する格安SIM、DMM mobileの評価や評判、通信速度(実測値)や実際に使ってみた感想などをまとめました。 多くのプランが設定されているのでライトユーザーからヘビーユーザーまで使える格 ...

続きを見る

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMBIGLOBE SIMでも複数枚のSIMカードを持つことが可能となっていますが、プラン毎に追加可能な枚数が決まっています。

データ容量が6GBの『ライトSプラン』、『12ギガプラン』以外では追加が不可能となっており、実際に追加出来る上限枚数はライトSプランの場合で2枚、12ギガプランの場合で4枚です。

料金に関しても、音声通話SIMで一枚あたり900円、SMS機能付きのSIMで一枚あたり320円、データ専用SIMで一枚あたり200円とSIMの種類で料金が異なるという点にご注意下さい。

さらに、SIMカードを一枚追加するには追加手数料として3,000円が必要となります。2回目以降は不要ですが、きちんと把握していないと思いがけない料金となることもあるので、こちらも気を付けなければなりません。

IIJmioより1,000円余分に手数料が発生することがネックと言えますが、SIMカードの追加が可能という点は、他社から比べた場合には強みとなってくるはずです。

BIGLOBE SIM
BIGLOBE SIMの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年9月】

BIGLOBE SIMの格安SIMは、格安SIMでもある程度は通話もしたいという人にぴったりの格安SIMです。BIGLOBEでは月々わずか650円で60分の無料通話をすることができる通話パック60とい ...

続きを見る

まとめ

以上が2枚以上のSIMカードの所持が可能なMVNOとなります。

多く持てるという点では、IIJmio、BIGLOBE SIMが他より勝りますが、2枚以下で十分であるなら、DMM mobile、エキサイトモバイルであってもメリットを得ることは可能です。

SIMカードを増やさなければならない場合というのは、家族皆で契約をする場合や、1人で複数の端末を利用している場合かと思いますが、SIMカードが足りなくなった時に不安に思わないという意味でも、今回ご紹介した会社については是非覚えておくようにして下さい。

-使用用途別の比較記事

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.