ソフトバンク

キャリアから格安SIMに乗り換えるMNP方法

ソフトバンクから格安SIMにMNPする方法

更新日:

これまでソフトバンクを利用されていた方が解約して他社にMNP(乗り換え)する際は、auやドコモとは少し違う点があります。

では、ソフトバンクの解約について良いタイミングやコツなどをご紹介しましょう。

番号を変えずソフトバンクから格安SIMへのMNPをお考えの方は、損のない上手なMNPをしていただきたいと願っています。

ぜひとも参考にしてみてくださいね。

MNPについておさらい

今お使いの携帯電話の番号を変えずにMNPするには、ソフトバンクにMNP予約番号を発行してもらいます。

  • MNP予約番号の有効期限は、発行日含め15日間です
  • MNP予約番号の有効期限が期限を過ぎた場合、再び予約の取り直しが可能です。
  • MNP予約番号を発行しただけでは解約となるのではなく、新たな契約先での利用時点で自動的に解約されます。
  • MNP予約番号の発行は無料です

乗り換えを考える場合、余裕をもって数日前からMNP予約番号を発行してもらいましょう。

発行は無料ですし、有効期限を過ぎてしまっても取り直しができますから気軽に考えて大丈夫です。

MNP時のソフトバンクの手数料

MNPするためにはいくらか料金がかかる場合がありますので知っておきましょう。

契約更新月かどうかを確認

ソフトバンクは、1年間契約や2年間契約などという契約期間が設けられています。

MNPに限らず途中解約も可能ですが、その場合プランによって違いがあるものの約9500円の解約金が発生します。

ですが、契約更新月だと解約金は発生しません。

解約金約9500円は、少ない金額ではありませんから解約するならば契約更新月まで待つことをおすすめします。

ご自分の契約更新月がわからない場合は、My SoftBank及びソフトバンクのショップで尋ねると知ることができます。

解約を考え始めた時には最初に必ず契約更新月を確認してみてくださいね。

ただし、もしかすると契約更新月を待つよりも格安SIMの料金によっては、いち早く乗り換えた方がお得になるケースもありますのでよくご検討することです。

MNP転出手数料

MNPするには、必ず手数料がかかるものです。

ソフトバンクの場合ですと以下となります。

  • 契約後翌々請求月末までが5000円、当該期間以降だと3000円

ソフトバンク契約後すぐに解約するケースはまれですので、たいがいの方は3000円の手数料だと思われます。

MNPするのにベストなタイミング

まず、解約する際に違約金約9500円がかからない期間は、契約満了の翌日から契約更新月の2ヶ月間です。

日単位でのよいタイミングを考えると、締め日の5~10日前が余裕が持てて安心です。

解約の日割り料金発生の関係で、MNPをするのなら締め日直後に解約してしまうのがいちばんの損となりますので注意してください。

ということから、「契約更新月の締め日5~10日前」と覚えておきましょう。

ソフトバンクのMNPの流れ

1.MNP予約番号を発行してもらう

MNP予約番号を使うことでこれまでの電話番号がそのままで格安SIMが利用できます。

その場合、MNP転出手数料3000円はかかります。

MNPせずに新たな電話番号でもよい場合は、MNP予約番号の発行は必要ないものです。

MNP予約番号の発行手続きは、ソフトバンクへの電話連絡か、ソフトバンクのショップまたはインターネットからでも手続き可能です。

電話でのMNP予約番号発行手続き

いちばん簡単なのはソフトバンクに電話をかけてMNP予約番号を発行してもらうことでしょう。

ソフトバンク携帯電話からは、「*5533」一般電話からは、「0800-100-5533」にダイヤルしてください。どちらも通話無料です。

受付時間は9時~20時となっています。

ソフトバンクのショップでMNP予約番号発行手続き

お近くのショップでもMNP予約番号の発行手続きすることもできます。

本人確認のための身分証明書を忘れず持参してください。

ショップに行く場合、待ち時間もできてしまうでしょうから、正直なところ電話での発行手続きをした方が早いと思われます。

インターネットからMNP予約番号発行手続き

Yahoo!ケータイからTOPをクリックして進んでください。

My SoftBankの設定・申込→各種変更手続き→MNP予約関連手続きで発行手続きできます。

受付時間は9~21時30分となっていますので注意してください。

MNP予約番号の有効期限は、発行日含め15日間です。

ただし、格安SIMや格安スマホによりMNP予約番号発行から2日以上が過ぎると問題が起きてくる可能性があります。

ということから、MNP予約番号の発行手続きは格安SIM格安スマホの申込直前が好ましいといえます。

MNP予約番号発行から2日以上経過した場合で何か問題が起きてしまった時は、ソフトバンクへ電話連絡して再発行してもらうとよいでしょう。

2.端末を用意

新たな端末を用意しましょう。

選択肢は3つあります。

  • 新たにSIMフリースマホを購入する
  • セット販売の格安スマホを購入する
  • SIMロックの解除されたソフトバンクのスマホ(これまで使用していたもの)を使う

これから格安SIMを使用するにはSIMフリースマホが必要です。

これまでお使いのソフトバンクのスマホを利用していくには、SIMロックの解除をしてもらいましょう。

SIMロックの解除は有償です。SIMロック解除対応の機種は22機種があります。

2015年5月以降の販売機種には条件もありますので確認してみてくださいね。

  • 製品購入日から180日が経過しているもの
  • 解約日から90日以内の解約済製品であること

iPhoneでは、iPhone 6s/6s plusのみがSIMロックの解除に対応するものです。

表記が無い機種は格安SIMを挿入しても使えませんので新たなスマホが必要となります。

ソフトバンクのユーザーにはiPhone利用者が多く、iPhoneの場合ですと問題はないのですが、ソフトバンクで扱っているアンドロイドの場合、格安SIMのMVNOのドコモ系の回線がマッチせず通信速度が遅くなるなどという弊害が出てきます。

iPhone以外のスマホをお考えの場合、できれば新しいSIMフリースマホかSIMカードとセットになっている格安スマホの購入をおすすめします。

3.格安SIMを契約

MNP予約番号が発行されましたらいよいよ格安SIMの新規契約となります。

手順は、まず格安SIM新規契約フォームから15桁の予約番号を入力します。

申込には身分証明書の写真とクレジットカード、デビットカードが必要となりますので事前準備をしておいてください。

以前は、SIMカードが届くまでスマホの不通期間がありましたが、MNP転入の際の開通手続きが自分でできるサービスの登場によって、最近ではそのような問題はありませんので安心してください。

即日MNPで開通できる格安SIMを比較

MNPを利用して現在使用中の電話番号を変えずに格安SIMへ変更するとなった場合、インターネットで契約してしまうと当日中に手続きを完了出来ないケースも考えられます。 スマートフォンは日々の生活において必 ...

続きを見る

ソフトバンクのポイントは?

解約時、ソフトバンクで貯まったポイントがどうなるのか、みなさんが気になるところでしょう。

これは残念ながらポイント消滅してしまうのです。

ですが、ソフトバンクのポイントプログラムは毎月の利用料金が1000円=5ポイントでT-POINTとなって貯まりますからソフトバンクポイントとしては消えてしまいますが、T-POINTとして貯まったポイントは他の加盟店での利用が可能となります。

ソフトバンクポイントは解約するまでに計画的に使い切ることです。

これまでの機種代が残債で残っている際は、そこでソフトバンクポイントを使い切る方法をおすすめします。

簡単に格安SIMにのりかえるには

乗り換え先のMNPを「MNP転入」といいます。

SIMロックの解除の確認をしてタイミングを見ながらソフトバンクの解約の日程を決めるとともに、乗り換え先も決めなくてはいけませんね。

ソフトバンクの解約後、auやドコモのようなキャリアへの乗り換えであればショップでMNPの乗り換え手続きをしますが、格安SIMへの乗り換えは少しご自身で考えなくてはいけないことがあります。

  • 乗り換え先の格安SIMはどこを選ぶべき?
  • これまでの機種でも大丈夫?
  • スマホを買い代えるべき?

などとわからないことだらけなのが事実でしょう。

というのも、ソフトバンクが提供している回線を使ったMVNOが少ないためこのような疑問を持ってしまうのです。

ソフトバンク
ソフトバンク回線の格安SIMを徹底比較

昨今はdocomo回線を通信網として使用しているMVNOが多い印象ですが、そのdocomo・auに打って変わり、あまりイメージのないSoftBankの通信網を使ったMVNO。実際のところはどうなのでし ...

続きを見る

ドコモからドコモ系のMVNOに乗り換えるのであれば簡単に済むことが多いのですが、ソフトバンクの場合はそうもいかないのです。

とうことからも、条件を絞りながら考えていくとソフトバンクから格安SIMへの乗り換えが簡単なものになります。

mineoならそのまま使える

mineo

格安SIMのmineoでしたらソフトバンクのiPhoneをそのまま使用できます。

先に説明したSIMロックの解除が必要ですが、そのままの端末を利用できるという点からmineoはおすすめの格安SIMといえます。

mineoにおいて、ソフトバンクのiPhoneをそのままで使用するにはドコモプラン(Dプラン)での利用となります。

mineoには、ソフトバンク回線やau回線のauプランもありますが、回線の種類の多さから互換性がないのが事実です。

ですから種類の似ているドコモ回線でのドコモプラン(Dプラン)を最初からおすすめします。

ソフトバンクからのMNP乗り換えは、090番号の音声SIMでの利用となります。ですので、申込はデュアルタイプということになります。

mineoは、ソフトバンクのiPhoneが利用できることを公式に発表していますので安心です。これは、電話帳やLINEアカウント、他のアプリの引継ぎが無用ということですからたいへん便利だといえますね。

要は、SIMカードの入れ替えだけで利用可能ということであり面倒なことがないということです。

特にSIMロックの解除が対応されているiPhoneをお持ちでしたら迷わずmineoを選ぶべきですね。

まとめ

ソフトバンクから格安SIMへのMNP手続きを簡単にまとめてみましょう。

・ソフトバンクへ電話してMNP予約番号を発行してもらい受け取りましょう。

・乗り換え先に申し込んで15桁の予約番号を伝えましょう。

・乗り換え先の手続きが完了すると利用開始となります。

特に難しいことはありませんが、注意点はソフトバンクの解約のタイミングですね。

「契約更新月の締め日5~10日前」をきちんと調べることでこの問題もクリアできるでしょう。

乗り換え先は、いつでも喜んで待っていますから丁寧に対応してくれますのでその点は心配いりません。

何といっても携帯電話の番号が変わらないことは、これからのことを考えてもいちばん楽な選択でしょう。

MNP予約番号があれば手続きは簡単なものですから、番号を変えずソフトバンクから格安SIMへの乗り換えをお考えの方はまずご自身の契約更新月を確認することから始めてみてくださいね。

-キャリアから格安SIMに乗り換えるMNP方法

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.