ドコモ

キャリアから格安SIMに乗り換えるMNP方法

ドコモから格安SIMに乗り換える(MNP)方法

投稿日:

総務省では近頃、高額な携帯電話料金を取っている大手携帯電話会社へ向けて、毎月低料金で利用出来るプランを取り扱うよう求めています。(参考:スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」に沿った端末購入補助の適正化等に係る携帯電話事業者への要請

それを受けてドコモでは平成27年9月に、毎月1,700円支払うことで、1回あたりの通話が5分以下であれば何回でも通話が行える『カケホーダイライト』、平成28年3月にはデータ通信をあまり行わない利用者へ向けて現在より料金が安くなる『シェアパックプラン』を取り扱うようになりました。

しかし、それでもまだ料金に不満を持っている方も多くいらっしゃるでしょう。このように不満を持っているのであれば、格安SIMの利用を検討してみるというのも一つの手です。今回はドコモのスマホを利用している方が、格安SIMの利用を開始する際に押さえておきたいことや、格安SIMへ変更する方法を行われる手順に沿ってお話していきたいと思います。

ドコモから格安SIMに乗り換えるには?

ドコモユーザーが格安SIMに変更する際には、大きく分けてMNPによって行う方法と、MNP以外の方法で行う方法で分かれます。

前者を利用する場合は手数料として2,000円が必要となりますが、これまでの電話番号をそのまま格安SIMでも利用することが可能です。

後者を利用する場合は、手数料を支払う必要はありませんが、これまでの電話番号の使用は不可となり、新たな電話番号で格安SIMの利用をしていくことになっています。

今回は前者を利用する場合について見ていくことにしましょう。まず、ドコモのdポイントは全て余すことなく使ってしまい、SIMロックがかかっているスマートフォンをお持ちの方はその解除を行って下さい。

その後MNPの予約番号を受け取ることとなりますが、この際の連絡は電話、店頭、インターネットのうちいずれかの方法で行うことが可能です。

MNPの予約番号が手に入った後、格安SIMのお申込みを行い、スマートフォンをお持ちでない方等は格安スマホも購入することになりますが、これまでスマートフォンを使っていた方であれば、格安スマホは必要ないかと思います。

お申込み後3日から4日で格安SIMが自宅に郵送されてきますが、これまでドコモのスマートフォン、フィーチャーフォンを利用していた方の場合は、届く前でもこれらを使い続けることは可能です。

そして、格安SIMに同封されている書類をよく読み、格安SIMを使えるようにするための手続きを行っていきます。

手続きとはいっても要する時間は1分から2分ぐらいといったところです。また、この手続きを行った段階でこれまで使っていたスマホ等は利用不可となります。

乗り換え前に確認すること

コジ割

MNPを行う、行わないに関係なく、コジ割には挑戦してほしいと思います。手間のかかることが嫌な方は、聞き流してもらって結構です。

コジ割は『乞食割引』といった何ともセンスのない呼ばれ方をすることがあるものですが、これは、ドコモ等の大手携帯電話会社よりMNPを行う際に受け取れる可能性があるポイントのことをいい、これによって利用者にMNPを行わせないようにしています。

受け取れたポイントは機種変更の料金に充てることが可能となっていて、全く貰えないことや多い時には30,000ポイントが付与されることもあるようです。

ポイント数に関しては契約の内容で変わり、3か月ほどの期間限定ポイントとなっています。残念ながらコジ割は平成28年の1月に一旦幕を下ろす形となりましたが、2月より装い新たに再登場したと言われています。ただ、これに関してドコモに詳しく聞こうとしてもドコモユーザーでなければその点は教えてもらえないそうです。

ドコモのスマートフォン或いはフィーチャーフォンをお持ちの方は、151に電話をかけて案内に沿ってダイヤル番号「4」、「2」をプッシュするとオペレーターと直接話すことが可能となっています。

そこで、『MNPを行ってauに変更しようと思っていますが、ポイントのようなものは受け取れないのでしょうか?』と尋ねてみましょう。

MNPを行って格安SIMに変更すると話してしまうとこちらの立場が悪くなることも考えられますので、ここではひとまずauを利用することにして下さい。上手くポイントを受け取れるかどうかは分かりませんが、試す価値はあるかと思います。受け取れるものであれば、是非受け取っておくべきです。

違約金を確認

ドコモで契約している方であれば、大抵の場合、2年間利用すれば色々な割引が適用されると言われています。

しかし、更新が行われる月であれば契約を解除する際に手数料を取られることはありませんが、更新が行われる月以外のタイミングで契約を解除すると9,500円ほどの違約金を取られてしまうのです。

さらに、端末料金を2年間の分割で支払っていく時の料金もデータ通信料を引き下げることでプラスマイナス0となるようにしているわけですが、端末料金の支払いが未了の場合は、契約を解除した後でも割引が適用されていない状態で支払う必要があるという点にご注意下さい。

「現段階で解約した場合にはいくらのお金を支払う必要があるのか」、「違約金が発生しないのはどのタイミングか?」といったことを含め、今一度契約を見直してみることをお勧め致します。

使えなくなるサービスがある

dポイントに関しては、dアカウントを作ることで継続して利用することが可能となっていますが、「ドコモポイント」に関してはドコモとの契約が切れた段階で使用不可となってしまうのです。

ですから、ドコモポイントは契約を解除する前に全て使ってしまう、失ってもよいぐらいのポイント数であればそのまま流してしまう、dアカウントを作ってdポイントに変える等、状況によって対応していくようにして下さい。

ちなみに、ドコモポイントについては、「Mydocomo」でチェックすることが可能となっています。

そして、契約を解除するとドコモポイントが失効するのは前述した通りですが、その他、ドコモのメールアドレス、LINEを利用する際の年齢認証、ID検索を利用して知り合いを見つけることや、友だちを追加すること、「iDアプリ」といったものが全て使用不可となるので注意が必要です。

ですから、今後もおサイフケータイの機能が必要だという場合は、「iDアプリ以外でおサイフケータイの役割を果たすものはないか?」、メールが必要だという場合は「Gmailといったフリーメールで利用出来るものはないか?」等、格安SIMに変更した後に利用するための手段をチェックしておくようにして下さい。

その他、ドコモオリジナルのサービスに関しても格安SIMでの利用が可能か否かのチェックも必要で、条件次第ではテザリングの利用が不可となることもあるようです。

ポイントを使い切る

ポイントドコモからMNPを行って他社へ変更する時や契約を解除する時には、ドコモポイントが無効となるので、それまでに全て使ってしまう必要があります。

dポイントの場合は、dアカウントを開設すればキープすることが可能となっていますが、キープしても特にメリットはないため、全て使い切ってしまった方がよいでしょう。

iPhoneの場合はSIMロックを解除

iPhone6s、iPhone6sPlus、iPhoneSE、iPhone7、iPhone7Plusをドコモで手に入れた方は、SIMロック解除が必要となっていますが、iPhone6以下の端末に関してはSIMロックの解除は行えないものとなっています。

そして、iPhoneを新たに購入、または機種変更して間もないという方は、ひとまず3か月経過するまではそのiPhoneを使用していくようにして下さい。

これらの端末でないドコモのスマートフォンでは、電波自体がドコモを利用することを前提としているため、SIMロックの解除を行ってもそれほどメリットはないので、無理して行う必要はありません。

また、ドコモのスマートフォンの場合は、購入、或いは、機種変更してから6か月が過ぎるとSIMロック解除が可能となるわけですが、これら以外にもSIMロック解除が行える条件として、ドコモと契約中、または既に解除している方であれば、解除してから3か月を超えていないというものがあります。

すなわち、まずはドコモのスマートフォンを3ヶ月使用し、その後MNPを行えば、それからまた3か月待つことで、SIMロックの解除が出来るようになるというわけです。ただ、この場合かなり忙しくなるという点にご注意下さい。

そして、ドコモを契約している方は、インターネット上の「Mydocomo」を利用すれば料金を支払うことなくSIMロック解除を行えるようになっていますが、ドコモと契約していない方や、ドコモの店頭、電話で行ってもらう場合には手数料として3,000円が必要となりますので、この点にも注意が必要です。

ドコモのMNP予約番号を入手

ドコモでは、特に何も用意しなくても予約番号は入手出来ます。予約番号の入手は「Mydocomo」を利用するのが最も手っ取り早いとされており、時間帯に関係なくお申込みが可能で、入手も短時間で済みますので、予約番号の入手は「Mydocomo」から行うとよいでしょう。

My Docomoで入手する方法

My Docomoパソコン、スマートフォンのいずれの利用も可能となっており、さらにいつでもお申込みが可能で、5分ぐらいで完了するという点からもMydocomoで行うのが一番かと思います。

お申込みの手順を説明すると、まずMydocomoに行った後、『Mydocomoサービス一覧』から『各種お申込・お手続き一覧』を探し、そこにある『ご契約内容確認・変更』をタップして、移動先の画面にある『携帯電話番号ポータビリティ予約』からお申込みをします。

申込みをすると予約番号、有効期限が画面に現れますので、必ず控えるようにして下さい。ただ、「一括請求」や「一括送付サービス」を利用している主回線や、或いは、主回線で3つ以上の副回線のファミリー割引を契約している場合は、インターネット上ではお申込み出来ませんので、電話か店頭で手続きを行う必要があります。

電話で入手する方法

インターネットが出来ず、至急MNPを行う必要がある場合は、電話を利用するとよいでしょう。携帯電話を利用する場合の連絡先は、「151」、その他の固定電話等からの場合は、「0120-800-000」となっており、午前9時から午後8時まで受付を行っています。

電話の場合、オペレーターの方がMNPを行うにあたって気を付けるべき点の説明や、なぜドコモから他の会社へ変えるのか等といった質問に答えていくこととなっています。

また、予約番号を手に入れる際には本人確認が必要で、本人確認が出来た後、解約に関する重要な説明が行われ、その後予約番号を電話で伝えてもらうという流れです。

端末を選ぶ

スマホドコモユーザーが格安SIMへ変更するとなった場合、現在利用している端末で格安SIMの利用が可能であれば、敢えて利用中の端末を変える必要はありません。

また、上記以外の方が格安SIMを利用する方法としては、「中古でドコモのスマホを手に入れる」、「SIMフリータイプのスマホを手に入れる」、「格安スマホを手に入れる」という3つの方法があります。

中古のスマートフォンはインターネットや、中古商品を取り扱う店で手に入れることが可能ですが、中古ということで保証に関することは必ず聞いておくようにして下さい。

SIMフリータイプのスマートフォンは、格安SIMを取り扱う会社で格安SIMと同時購入するという形で販売しているところも存在します。

ガラケーの場合は?

ドコモのフィーチャーフォンを使用している方の場合は、新たにスマートフォンを手に入れなければなりませんが、格安SIMに関してはドコモの回線、auの回線いずれを選択しても構わないとされていて、ドコモを利用している方でもMNPを行うことでauの回線を利用している格安SIMへ変えることは可能です。

ドコモの回線を利用している格安SIMのメリットとしては、利用可能なSIMフリータイプのスマホ、ドコモで販売している白ロムのスマホの種類が豊富に取り揃っているということが挙げられ、逆にデメリットとしては、auの回線を利用している格安SIMより通信速度が若干遅いものが多いということが挙げられます。

一方、auの回線を利用しているものは、選択可能なスマホの種類としてはiPhoneやauで販売している白ロムのスマホ、いくつかのSIMフリータイプのスマホということで、ドコモよりは劣りますが、通信速度がそれなりに速いという特長があるのです。

格安SIMを選ぶ

ドコモのスマホで格安SIMを利用する場合は、一般的にはドコモの回線を利用している格安SIMしか使えません。

ドコモのスマホであっても、SIMロックの解除を行うことでauの回線を利用している格安SIMの利用も可能ですが、電波自体がドコモのスマホに向けられたものとなっているのです。

そのため、ドコモのスマホのSIMロックを解除してauの回線を利用している格安SIMを挿入したとしても、電波を上手く受信出来ないという事態が起きると言われています。

さらに、auが取り扱うVoLTEの利用の可否に関しても定かではなく、音声通話も使えないケースが多いのです。

その代わりiPhoneに限っては、各社の電波の使用が可能なため、SIMロックの解除を行うことでauのものでも使用することが可能となっています。

ドコモの回線を利用している格安SIMは20タイプ以上存在するわけですが、特に利用を勧めたいのは、楽天モバイルDMM mobileNifMoの格安SIMです。

そして、ドコモのスマートフォンで使用が不可となっている格安SIMは、auの回線を利用している格安SIMであり、さらに、UQモバイルmineoが取り扱うauプラン、IIJmioが取り扱うタイプAのプランも利用不可となっていますので、ご注意下さい。

テザリングには注意が必要

ただ、テザリングに関しては注意が必要で、auの回線を利用している格安SIMを利用する場合、UQモバイルではSIMロックを解除しているiPhone6S、iPhone6SPlus、iPhoneSEでテザリングの利用が可能となっていますが、その他のauの回線を利用している格安SIMの場合、iPhoneを用いてテザリングは行えないものとなっているので、注意が必要です。

テザリングについては以下で詳しく書いています。

テザリング
格安SIMでテザリングは使える?注意点をまとめました

外出先でモバイルタイプのWi-Fiルーターを用いてノートパソコン、タブレットでインターネットをしている時にルーターの電源に異常が起きてしまうとインターネットが出来なくなってしまうわけです。 そんな時テ ...

続きを見る

APNの設定をする

使用していくスマホ、格安SIMを手に入れたなら、もうやることはほとんど残されていません。変更手続きが完了しているSIMカードをお持ちのスマートフォンに入れて、格安SIMを利用する際に必要とされるAPN設定を行います。

APNはAccessPointNameの略であり、これは格安SIMの会社へ接続する際の準備作業となっています。

APN設定方法はIIJmioの公式サイトがわかりやすいので参考になるかと思います。

まとめ

ここまで、ドコモでMNPを行う際に必要な予約番号を手に入れる方法等について見てきました。全く注意を促さないのも問題ですが、必要以上に注意を促し、MNPを行わせないようにするという手法はドコモの得意パターンとも言えるでしょう。

大手携帯電話会社のメールをどうしても使い続けたいという方以外は、同じ会社で2年を超えて利用する利点は全くないと言ってもいいので、2年が経過した際にはあっさりとMNPを行ってしまうというのも悪くはないでしょう。

-キャリアから格安SIMに乗り換えるMNP方法

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.