au

キャリアから格安SIMに乗り換えるMNP方法

auから格安SIMに乗り換える(MNP)方法を徹底解説

投稿日:

auのスマートフォンをご利用中の方でも、現在の電話番号をそのまま格安SIMでも使えるようにすることで、端末を変えなくても毎月の利用料金を引き下げることが可能となります。

そこで今回は、auのスマートフォンをご利用中の方がMNPを用いて格安SIMへ変更するとなった際、どのように行い、どのようなことに注意すべきなのかを見ていくことにしましょう。

auから格安SIMに乗り換える方法は2つ

auユーザーが格安SIMへ変更する際の方法としては、MNPを利用して現在の電話番号を変えずに利用していく方法と、MNPを利用せずに新たな電話番号のもとで利用していく方法の2通りが考えられます。

前者の場合は手数料として3000円を支払う必要がありますが、その代わり現在の電話番号をそのまま格安SIMで利用することが可能で、後者の場合は手数料を支払う必要がない代わりに現在の電話番号はもう使えなくなり、新たな電話番号のもとで格安SIMを利用する形となるわけです。

今回はMNPを利用すると仮定してお話を進めていくことにします。

MNPする前にチェックしておきたいこと

本当に安くなるか確認

格安SIMへ変更するにあたっては、変更することで料金を間違いなく引き下げられるのかを確認する必要があります。

auでは通話、ウェブなどを利用する際の基本料金と、端末の分割代金を合わせたものを毎月支払っていくこととなっていますが、格安SIMでは格安SIMとのセットで格安スマホを購入しない限りは通常は基本料金しか発生しないものとなっているのです。

この基本料金はほとんどの場合、自身のデータ使用量によって決まっていきますので、データ使用量に気を付け、それに見合ったプランを選択することで毎月の料金を安く済ませることが可能となっています。

ただ、変更する際にはタイミングに注意しなければなりません。

どういうことかというと、auを利用していく中での毎月の料金の割引というのは、2年間利用してもらうという条件で適用されているものなので、契約が更新される月でない時に契約を解除したり、格安SIMへ変更したりすると9,500円の違約金を取られてしまうこととなるのです。

さらに、分割で端末を購入した方の場合は、残りの支払い金額を一括で支払うことが求められることとなる上、『毎月割』の適用もされなくなります。

格安SIMへ変更する時期を誤ると、このようなことが起きてしまうので、自身の契約はどのようになっているのかを把握した上で変更するようにして下さい。

更新される月等、契約に関することにつきましてはauのカスタマーセンターにお問い合わせ頂ければと思います。

転入手数料がかかる

MNPを利用して現在の電話番号をそのまま格安SIMで使っていくとなった場合は、電話番号を変えずにauから変更する際の手数料(転出手数料)と、電話番号を変えずに新たな会社と契約を行なう際の手数料(転入手数料)を支払うこととなっています。

そして、前者の場合はどの会社変更する場合でも2,000円と固定されており、後者はauやソフトバンクと契約している方だと『事務手数料』に該当するものですが、格安SIMの場合はパッケージ代金というものが存在するため、こちらに関しては利用する格安SIMによって変わってきます。

au WALLETポイントは使い切る

au WALLET残っているポイントが微々たるもので機種変更に使用するまでもないという時は、『Wowma!』でau WALLETポイントをすべて消化するとよいでしょう。

auショッピングモールは、価格としては一般的ではありますが、最も手軽、かつ有効に消化できるところが『Wowma!』というわけです。

その他、『au WALLETプリペイドカード』を購入するという方法もあり、購入後、約8日でプリペイドカードが自宅に郵送されてきます。

そして、入手したプリペイドカードを用いて、すべてのポイントをAmazonギフト券の購入に当ててしまうのです。

こちらの場合は多少時間や手間を要することとなりますが、ポイントを余すことなく消化することが可能となっています。

au特有の機能は使えなくなる

格安SIMで利用可能なauのサービスに関しては限られたものとなっています。

そのため、格安SIMへ変更することによって、利用不可能となる機能がいくつか出てくるので、注意が必要です。

そのような機能の例としては、「auから発行されるメールアドレス」や「auスマートパス」、「auかんたん決済」などが挙げられます。

また、格安SIMに変更した場合でも、外でもインターネットの使用は可能ですが、auで利用していた時とは多少異なる部分があることや、端末の保証もauとの契約が切れた段階でなくなるということも頭に入れておかなければなりません。

よって、万が一端末が故障した際には、auの店舗で対応はしてもらえますが、保証が利かないので料金が高くなることが予想されます。

コジ割に挑戦する

MNPを利用するしないにかかわらず、auと解約するにあたっては『コジ割』の利用を考えてみて下さい。

『乞食割引』といった、ストレートな別名が存在するこの『コジ割』は、au、ソフトバンク等の大手の携帯電話会社が他の格安SIMなどにMNPを利用して変更する際に、利用者に考え直してほしいという意味で与えられる可能性のあるポイントのことをいいます。

与えられたポイントは、機種変更に当てることが可能となっており、契約の内容次第で全く与えられないことや、数万ポイントが与えられることもあるようです。

ただ、ポイントには利用期限が定められていますので、ご注意下さい。

また、ポイントを与えるということを公にはしておらず、ブラックマネーのような位置づけとなっています。

ですから、ポイントが与えられる条件や、もらうためのテクニックに関しては未だ不明のままであり、au側で残ってくれる可能性の方に与えているのかどうかも定かではないわけです。

コジ割に関してはこのような状況ですので、午前9時から午後8時の間にauの端末を利用して157へ電話をかけるか、「0577-7-5470」に電話をかけて案内通りに操作し、担当者が出てきた時に、『MNPを利用してドコモに変更することを検討しているという点』と、『そのままauに残った場合にはポイントが与えられるということを耳にしたという点』、そして、『その与えられるポイント次第でauに残るかどうかを検討するという点』をお話してみるとよいでしょう。

auから格安SIMに乗り換える流れ

端末を選ぶ

スマホ格安SIMへの変更を決断した場合、最初に行なうのは端末の選択であり、SIMフリータイプのスマートフォンauが販売する端末格安SIMとセットになっている端末(格安スマホ)のいずれの中から選択することとなっていますが、auが販売する端末で、VoLTEの利用が可能な端末では、SIMロックの解除を行わければなりません。

また、auが販売する端末の場合は、LTEの利用が可能となっている必要があります。これは、auの回線を利用している格安SIMでは「3G回線」を使ったデータ通信が行なえないようになっているからです。

そのため、山々に囲まれている地域などにお住まいの方の場合、電波が届かないことでデータ通信の利用ができないことが考えられるので、ご注意下さい。

その他、Xperia Z4のようなVoLTEの利用が可能となっている端末の場合も、やはりSIMロックの解除が求められています。

最近登場したばかりの端末を利用している方で格安SIMへ変更する際は、注意が必要です。

そして、平成27年4月までにauで販売された端末に関してはSIMロックの解除が不可能となっていますが、それ以降にauで販売された端末であれば、購入してから180日を過ぎた段階でSIMロックの解除が行なえるということも覚えておくとよいでしょう。

ちなみに4月23日に登場した、『Galaxy S6 edge SCV31』に関してはSIMロックの解除が可能となっています。

auのSIMロック解除方法

先の「Galaxy S6 edge SCV31」や平成27年5月より前に販売した端末ではないものをご利用中の方は、格安SIMを利用するためにSIMロックを解除しなければなりません。

ただ、iPhone 7、iPhone 7 Plusを除くiPhone 6S、iPhone 6s Plus、iPhone SEに関しては、5月以降の端末でありながらもauの回線を利用している格安SIMであればそのまま使用することが可能となっておりますが、iPhone 7、iPhone 7 Plusで格安SIMを使用するとトラブルが起きてしまうようです。

iPhoneと格安SIMの関係については上記の通りですが、iPhoneはSIMロックの解除を行なうことでドコモの回線を利用している格安SIMでも利用が可能となるので、SIMロックは解除してしまいましょう。

また、SIMロックはいつでも解除できるというものではなく、auでスマートフォンを手に入れる、もしくは機種変更してから6か月が過ぎている必要があります。

auの利用者の方は『auお客様サポートサイト』より手数料なしでSIMロックの解除が行なえますが、それ以外の方の場合は、auの店舗で3,000円の手数料を支払い行なうことになります。

ガラケーの場合は?

フィーチャーフォン(ガラケー)を利用している方や、スマートフォンをお持ちでない方の場合は、スマートフォンの新規で購入しなければなりません。

選択するスマートフォンに関しては、どの会社の回線を利用している格安SIMを選択するかによって違ってきます。

auの回線を利用している格安SIMの場合は、通信速度がアップすることは期待できますが、選択可能なスマートフォンの数が少ないというデメリットがあるのです。

ドコモの場合は、通信速度のダウンが懸念されますが、選択可能なスマートフォンの数が豊富で割安価格でスマートフォンが手に入れられるというメリットがあります。

格安SIMを選ぶ

端末の選択が完了した後は、契約を行なう格安SIMを決めていくことになります。

au系の格安SIMと一口にいってもいくつか存在し、毎月かかる費用や、使えるデータ容量が違ってくるわけですが、データ使用量に気を使って、それに見合ったプランを選んでいけば安く利用していくことが可能です。

ただ、現在出回っている格安SIMは圧倒的にドコモ系が多くなっており、ドコモ系のものをauの端末で使用することは不可能ですので、お間違いのないようご注意下さい。

au系の格安SIMでは、料金は支払わず、テザリング機能、SMSの利用が可能という利点があります。

そして、mineoIIJmioといったところでは、複数社の回線に対応していて、ドコモとau、双方の端末の利用が可能となっているのです。

お互い違う会社の端末を使っている場合でもパケットを分け合える『パケットシェア』と呼ばれるサービスを取り扱うといったように、他の会社にはない特長を持っています。

サイズに注意

格安SIMでの利用を考えているスマートフォンに関しては必ずサイズはチェックするようにして下さい。

SIMカードは一般的にはサイズ別に『標準SIM』、『microSIM』、『nanoSIM』に分けられているわけですが、auの回線を利用している会社の中には「マルチSIM」と呼ばれるものを取り扱っている会社が存在するのです。

マルチSIMとは、上記3つのサイズすべての役割を持っている、VoLTEを利用するためのSIMのことを指します。

スマートフォンで使用されるSIMは、microSIM、nanoSIMのどちらかであり、iPhoneで用いられているのは後者です。

もし、サイズが分からない場合は、スマートフォンの機種の名前で検索をかけてみて下さい。

サイズを誤ると格安スマホに挿入できませんので、注意が必要です。

ちなみに、格安SIMと格安スマホを同時購入する際は、こちらで何もしなくてもその格安スマホで使える格安SIMを選んでもらうことが可能となっています。

MNP予約番号を入手する

auからMNPを利用して格安SIMへ変更する際の予約番号については、パソコンやスマートフォンからでは入手できないものとなっていますので、電話をかけて入手するのが良いかと思います。

電話で入手する方法

スマートフォンユーザーの方は、利便性という点では電話を利用するのが最良の方法かと思います。

電話の場合、固定電話、携帯電話ともに、連絡先は『0077-75470』となっており、午前9時から午後8時迄で受付が行われています。

この際、『ネットワーク暗証番号』を求められることとなっていますが、もし覚えていない場合でも、担当者が本人を確認するための時間が増えるだけですので、大きな問題とはなりません。

この確認が済んだ後は解約に関する重要な説明が行われます。その後、au側で予約番号の発行を行い、電話で予約番号を聞くという流れとなっています。

EZ webで入手する方法

ガラケーを利用されている方の場合は、EZ webを利用されることをおすすめ致します。

iPhoneやスマートフォンユーザーの場合は、EZ webの利用は不可能となっているので、ご注意下さい。

EZ webの場合のやり方は、EZキーを押した後、トップメニューもしくはauポータルのトップ画面から『auお客様サポート』へいき、その中の『申し込む・変更する』をクリックするとMNPのリンク先が現れますので、そこからお申込みを行ないます。

予約番号はお申込み後すぐに発行されることとなっているので、こちらも非常に便利です。

ただ、受付は午前9時から午後9時半迄となっていますので、注意が必要です。

店舗で入手する方法

他の方法より時間を要し、面と向かっての解約となるので最も勧めたくない方法ではありますが、どうしてもそれを避けられないという場合もあるでしょう。

その場合でも本人確認が行われますので、契約者自身が運転免許証等の書類を持っていくようにして下さい。

他キャリアとのMNPの違い

スマホが使えなくなる期間がない

翌月格安SIMの中には、MNPのお申込みをした後に郵送で格安SIMを受け取るといったところが存在しますが、この場合だと郵送されてくるまでの間は携帯電話が使えない状態となります。

しかし、auの回線を利用している格安SIMの場合は、MNPの手続きを自身で行なうスタイルとなっているので、携帯電話が使えないといった、いわゆる『空白期間』と呼ばれるものが存在しないのです。

iPhone以外はテザリング可能

iPhoneを除く、auで販売されているスマートフォンであれば、auの回線を利用している格安SIMでテザリングの利用は可能です。

ただ、iPhoneでも、UQモバイルが取り扱うVoLTEに対応したSIMであれば、SIMフリータイプ或いは、SIMロックの解除を行なった、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEでテザリングの利用が可能となっています。

そして、auの回線を利用している格安SIMであっても、IIJmioが取り扱うタイプA、mineoが取り扱うauプランでは、例外なくiPhoneではテザリングを利用は出来ないものとなっているので、お気をつけ下さい。

UQモバイルのみが特殊なものとなっているようです。

まとめ

格安SIMはドコモの利用者に向けられたものであって、auの利用者は無関係と思われている方が意外といらっしゃるようです。

auの回線を利用している格安SIMは、プラン、端末といった点でドコモより劣るわけですが、私の個人的な感想としては、利用する方が多い時間帯での通信がauの方がドコモより快適なように感じられます。

自分の用途や端末との希望が合えば、利用して絶対に損はしないはずです。

そして、ドコモの回線を利用している格安SIMへ変更する時も、行なうことに関してはauとそれほど違いはありませんので、家族で一斉に変更するというのも悪くはないでしょう。

手間がかかると予想していた格安SIMへの変更も案外容易に行えるものですので、新年度を迎えるにあたって、心機一転、格安SIMの利用を始めてみませんか?

-キャリアから格安SIMに乗り換えるMNP方法

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.