iPhoneにおすすめの格安SIM

iPhoneで格安SIMを使う方法を徹底解説

投稿日:

今回はiPhoneを用いて格安SIMを利用するということをテーマとして、その全てを解説していきたいと思います。

そのために必要な流れですが、大まかに言ってしまえば、格安SIMを利用出来るiPhoneを準備した後に格安SIMの契約を行い、自宅に届けられたSIMカードをiPhoneに装着した後、簡単な設定を行うという流れです。

ただ、設定を行うためにWi-Fiが必要だという点にご注意下さい。Wi-Fi環境が整っていれば設定自体は難しくないので、すぐに格安SIMを利用することが可能となります。

iPhoneはお金がかかると思われるかもしれませんが、最も費用対効果が高いとされるドコモで販売している「iPhone6」は3万円、「iPhone5s」は2万円で手に入れられるのです。格安スマホ本体の価格は大体2、3万円であり、このことを考えてもiPhoneは思っているより高くはないことが分かります。

ちなみに、ドコモ、auで販売しているiPhoneがあれば、それをそのまま使用することが可能です。

0.SIMロック解除とは

『SIMロックを解除する』ということがよく分からない方のために、一体それがどんなことなのかを解説していきたいと思います。

ドコモ、au、ソフトバンクのiPhoneはSIMロックされている最初にSIMロックについて解説すると、SIMロックというのは、iPhoneの端末自体に適用されているロックのことを指します。ドコモ、au等の大手携帯電話会社では、iPhoneを売り出す際に各々の会社でロックをかけ、かけられたロックを解除しなければ他の会社の回線を利用することは不可能です。

ですから、ドコモで手に入れたiPhoneではau用、ソフトバンク用のSIMカードは利用出来ないことになります。言うまでもなく、ソフトバンクで販売されているiPhoneでドコモ用、au用のSIMカードを利用することや、auで販売されているiPhoneでドコモ用、ソフトバンク用のSIMカードを利用することも不可能です。

よって、SIMロックとは、「自社の回線のサービス以外は利用出来なくする機能」となります。SIMフリーのiPhoneアップルストアで目にするiPhoneの場合は、元々SIMロックがかけられていませんので、どの会社のSIMカードでも使用することが可能となっており、利用可能なSIMカードというものが決まっていないことから、『SIMフリー』と定義されています。

SIMロックを解除しなくてもよいので、希望通りのiPhoneと格安SIMを利用することが可能です。

1.格安SIMが使えるiPhoneを用意する

同じ格安SIMでも中には利用出来ないiPhoneというのも存在します。

そこで、場合別にどのようなiPhoneが必要なのかを見ていくことにしましょう。今現在iPhoneを持っていない時スマホ以外の端末、もしくはiPhoneではないスマホをお持ちの方は、新たにiPhoneを手に入れなければなりません。

この際、用意するのは、アップルストアで販売している『SIMフリータイプのiPhone』です。

純正品で、SIMロックがかけられていないものは、アップルストア以外では取り扱われていません。中古でも手に入れられますが、サポートの対象外といったことや、きちんと動作するといった点で不安や問題が出てきます。

キャリアのiPhoneを使ってる時auやソフトバンク等で自己負担ゼロ等のサービスを利用して手に入れたiPhoneにはSIMロックがかけられています。ですから、それらの会社以外のSIMは使用することは出来ず、『SIMフリータイプのiPhone』を準備する必要があるわけです。

ですが、ドコモで手に入れたiPhoneは例外となっています。ドコモが例外となっているのは、格安SIMを取り扱う会社ではドコモから回線をレンタルしてサービスを提供していることが多いからです。

そのため、ドコモのiPhoneをお持ちの方の場合は、使用する格安SIMがドコモの回線をしているなら、現在使用中のiPhoneに入っているSIMカードを変えてあげるだけで使用出来ます。『SIMフリータイプのiPhone』の準備が不要ということで、ドコモでiPhoneを購入された方は非常に幸運な方々です。

ただ、念のため、利用する格安SIMのホームページ上で利用出来るか否かを確認しておくようにして下さい。auの場合もauの回線を利用している格安SIMも一応は存在しますが、OSが合わないという非常に悲しい問題があり、ソフトバンクの場合は、ソフトバンクの回線を利用した格安SIMそのものが存在しないという状況です。

2.音声SIMとデータSIMの選択

MNPを利用する方や、新たな携帯番号を希望する方は、音声通話SIMを選択することになり、携帯番号が不要な方はデータ専用SIMを選択することになります。

音声通話SIMを契約する際は、運転免許証や健康保険証等の本人を確認出来る書類をスマホのカメラやデジタルカメラ等で撮影し、ファイルを送信しなければなりません。

さらに、『予約番号』の入力も求められることになっています。データ専用SIMを選択される方は、SMSが使えるデータ専用SIMを選択して下さい。

これは、iPhoneを利用する場合にSMSが使えるものでなければ電波をなかなか受信出来ないといったことや、iOS次第ではSIMカードの利用が不可能になるといったことが考えられるからです。

固定電話を持っていない方でどちらのSIMにしてよいのか分からない場合は、音声通話SIMを選択した方が良いでしょう。データ専用SIMでは緊急時の電話が利用出来ないので、家族の誰かに万が一のことが起きると大変なことになってしまいます。

iPhoneにおすすめの格安SIMは以下の記事を参考にしてください。

iPhone
SIMフリーiPhoneにおすすめの格安SIMを徹底比較

我が国では、AppleのiPhoneが大人気となっていて人気はとどまるところを知りません。 このように非常に人気のあるiPhoneということで、大手携帯電話会社以外の格安SIMでの利用を考えている方も ...

続きを見る

キャリアから格安SIMにする方法(MNP)

機種変更する場合今まで使用していた090や080からスタートする番号をそのまま使用していく場合の工程をご紹介します。

まず、ソフトバンクやau等からMNPを行うための『予約番号』を受け取ります。

受け取った後、格安SIMのホームページでお申し込みを行い、本人確認のため、運転免許証等を撮影した画像ファイルを送信して契約が完了すると、自宅にSIMカードが届けられるので、それをiPhoneに入れてあげれば格安SIMの利用が可能となります。

大手携帯電話会社を利用していた方が格安SIMへ変更する際は、MNPを利用することとなり、MNPを利用する際の予約番号はホームページ上の管理画面より入手することが可能です。MNPを利用した際は、店頭に足を運んで解約を申し出る必要がありません。

番号の移動が完了した段階で、これまで利用していた携帯電話会社から契約解除料等の請求が送られてくることになっています。端末を新規購入する場合MNPは利用せず、新たな電話番号で利用する場合の工程をご紹介します。

まず、格安SIMのホームページからお申し込みを行い、本人確認のため、運転免許証等を撮影した画像ファイルを送信して契約が完了すると自宅にSIMカードが届けられるので、それをiPhoneに入れてあげれば、格安SIMの利用が可能となります。

本人確認のために送信する画像ファイルは、デジタルカメラ、スマートフォンのカメラで撮影した画像ファイルとなります。そして、格安SIMの場合、その多くはクレジットカードで料金を支払う形が取られているので、自分名義のクレジットカードも準備しておきましょう。

SIMのサイズに注意

格安SIMを契約する際には、サイズについても指定しなければならず、サイズを誤ってしまうと後から色々と大変なことになりますので、ご注意下さい。

ちなみに、iPhone5とそれより後から販売された端末は『nanoSIM』で、iPhone4とiPhone4Sに限ってはマイクロSIMとなっています。

3.SIMを差し込む

データ専用SIMを選択された方や、MNPを利用しなかった方は、SIMが届き次第、iPhoneにSIMを挿入して下さい。

また、MNPを利用し、使用出来ない期間が存在しない格安SIMを選択された方は、開通後にiPhoneにSIMを挿入することとなります。

古いSIMの取り出し方ですが、iPhone本体の横にある小さな穴の部分にSIMカードと一緒に付いてきたピンを差し込んでカードを取り出します。もし、ピンが付いてこなかった場合は、引き伸ばしたクリップでも代用が可能です。

4.WiFiの設定

SIMカードを挿入し終えたら、次はiPhoneでインターネットを利用する準備を行います。

格安SIMを挿入したiPhoneでインターネットを使用するためには、それぞれの格安SIMの会社から提供される『APN構成プロファイル』をiPhoneに入れてあげることが必要です。

iPhone5SやiPhone5C、それより後から販売された端末では、ホームページ上からAPN構成プロファイルのダウンロードが可能となっていますが、格安SIMの挿入直後はインターネットが使用出来ないので、ホームページに行くことも不可能となっています。

ですから、ダウンロードするにはWi-Fiがなければいけません。自宅にそのような環境が整っていない方は、セブンイレブンのような無料のWi-Fiスポットを利用するとよいでしょう。

ただ、セブンイレブンの場合、Wi-Fiを利用するためには利用登録が必要ですので、インターネットが使用可能な時に予め済ませておくようにして下さい。

セブンイレブンが近所に存在しない方は、スターバックスでも無料でWi-Fiの利用が可能です。今回ご紹介した以外にも無料で利用出来るところは存在するかと思いますので、インターネットが使えなくなる前に探しておくようにして下さい。

5.プロファイリングの設定

格安SIMカードともに設定に関する用紙も送られてきますので、その用紙を見ながら設定を行っていくことになります。

ここでは、ドコモで販売されている白ロムのiPhone5S、IIJmioで取り扱われている音声通話SIMの場合の設定となりますが、これら以外の格安SIM、iPhoneであってもやり方はほとんど変わりません。Wi-Fi接続されているiPhoneでサファリを立ち上げます。

使用する格安SIMによってインストールが必要なAPN構成プロファイルが違うため、きちんと用紙を見ながら、間違えることのないよう、確実にAPN構成プロファイルのダウンロードを行って下さい。

必要なプロファイルについては、Google等の検索ボックスに使用する格安「SIMの会社名」、「プロファイル」、「iPhone」の3つのキーワードを入れて検索してあげればヒットするはずです。UQモバイル、mineoの格安SIMでiPhoneを利用するためには、以下に示すプロファイルが必要です。

UQモバイル、mineoのホームページ上でもプロファイルが公開されていますが、現在のところ、iPhone用のものは公開されていません。

まとめ

iPhoneでも格安SIMの利用は可能となっていますが、SIMロック、使用する格安SIMが原因で、上手く動いてくれないことも考えられます。auの回線を利用した格安SIMの場合はiPhoneに適しているとは言えず、SMS、テザリングを使用する際に不具合が発生することもあるようです。

auで販売しているiPhone6、iPhone6とそれより前に販売された端末をお持ちの方は、auの回線を利用しているMVNOの格安SIM一択となりますが、iPhone6s、iPhone6SPlusとそれ以降に販売された端末をお持ちの方なら、SIMロック解除が可能ですので、解除後にドコモの回線を利用しているMVNOの格安SIMを利用した方がよいでしょう。

iPhoneで格安SIMを利用される方で、格安SIMの利用にも慣れていない場合は、動作確認が素早く行なわれていて、サポートが充実している会社を選択するのが無難です。

-iPhoneにおすすめの格安SIM

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.