ipad

SIMフリータブレットの比較

iPadで格安SIMを使う際に知っておいて欲しいこと&おすすめのSIM

更新日:

利用者数が多いiPhoneやiPadにおいてもSIMフリータイプのものが販売されたことにより、格安SIMの利用価値がさらに高まりました。

タブレットの販売台数が増えるとともに、中国や台湾でも低価格のタブレットが売られるようになったことで、iPadも徐々にではありますが、押され始めているように思われます。

タブレットの利用を考えていく中で、本当はiPadの購入を求めてはいながらも、毎月の料金を考えると購入に踏み切れないといった方も多いかと思われます。

iPadも格安SIMなら月額1,000円以下でインターネット

ドコモやソフトバンクのスマートフォンを使っている方の中には、毎月の料金が高いことを理由に格安SIMに変更するということも珍しくありません。

格安SIMに変更すると大手を利用していた時と比べ、毎月の料金を50%、30%程に抑えることが出来る可能性があるので、格安SIMへの変更を考える利用者が多いというのも分かるような気がします。

このことはiPadにも当てはまることです。大手携帯電話会社の場合は2年間利用するという決まり事があることで機種そのものの価格は割引が適用されるため、若干は値引きされます。

ですが、データ通信料に関しては格安SIMより高くなってしまうので、トータルすると相当高い料金となるのです。

このような悩みを解決してくれるのが格安SIMであり、iPadに装着して使用することも出来ます。

それに加えて、スマートフォンのように通話を行なうことがまずないので、データSIM一つで済ますことが可能です。

この場合、1ヶ月あたり3GBぐらいのデータ通信量なら1,000円かけずに利用出来ます。

iPadを格安SIMで使う方法

iPadで格安SIMを利用する方法としては、大手携帯電話会社のiPadに対して、SIMロックの解除を行った後に使用する、アップルストアに売られているSIMフリータイプのiPadを手に入れて使用する、通販サイト、インターネットオークションといったところでSIMフリータイプのiPadを手に入れて使用するといった3つの方法が挙げられます。

ただ、SIMフリータイプのものはそれほど出回っておらず、利用期間に制約が設けられていないことや、格安SIMが使えるといった点から利用者からの評判も高くなっているので、オークション等では中古の製品であってもそれほど安くはなっていないようです。

ですから、SIMフリータイプのものは新品で購入された方が良いとも言えます。

SIMフリー版は簡単に購入可能

アップルストアでは平成26年7月よりSIMフリータイプのiPadを取り扱うようになりました。

その他、家電の販売を行っているインターネットの通販サイトにおいても、容易に手に入るようになっています。

インターネット通販を利用される場合は、『SIMフリー』の文字が掲載されていることをチェックするのを忘れないようにしましょう。

キャリアのiPadとSIMロックの話

実際のところ、SIMロックを解除しない場合でも格安SIMの利用は出来ます。

ドコモの回線が使われている格安SIMなら、ドコモで手に入れたiPadであればかなりの確率で使用が可能であり、auの回線が使われている格安SIMでも同じことが言えるのです。

となれば、SIMロックの解除が求められる理由が分からなくなってくるかもしれません。この理由を説明すると、これを行なうことでiPadを取り扱う会社と違う回線を使用している格安SIMであっても利用出来るようになるためです。

例を挙げるなら、ドコモで手に入れた端末をauの回線で利用していく場合や、その逆もあるでしょう。

このような場合、大手携帯電話会社がSIMロックを行っていると違う会社の回線の利用は出来ませんが、SIMロックの解除を行なうことでそれが出来るようになるのです。

大手携帯電話会社で販売されているAndroidのスマホ、タブレットでは周波数、バンドが他社のものとは合わないケースが多いとされ、SIMロックの解除を行った場合でも他社の回線を使用している格安SIMでは使用出来ないことがよくあるとされています。

その反面、Appleで製造されているiPhone、iPadの場合は、大手携帯電話会社が取り扱う製品でも様々な周波数のもとで利用が可能といったメリットがあるのです。

したがって、SIMロックを解除するだけで、ソフトバンクで手に入れた端末であっても、ドコモの回線が使われている格安SIMを利用出来るようになっています。

平成28年6月現在、格安SIMを見てみると、ソフトバンクの回線を使用しているものは全く見当たらず、auの回線を使用したものもあまり見当たりません。

このような事情から、SIMロックがかけられたままですと、思い通りのプランの選択も不可能となるので、iPadを利用する際にはSIMロックの解除が必要ということになっています。

アンロック可能なモデル

大手携帯電話会社にてアンロックが行われるようになってそれほど月日は経過していないので、対象となっている機種も限られています。

それでも最近登場したもの(iPad Pro、iPad mini 4)であればアンロックが可能です。

各々の会社にてAppleで製造された端末のアンロックを行なうようになったのは、平成27年5月あたりのことで、これより前に登場した製品の場合は大手携帯電話会社でアンロックの対象製品には含まれていませんので、ご注意下さい。

設定は超簡単

格安SIMを手に入れてから一番初めに行なうのは、『APN』と呼ばれる設定です。この設定は初めての方でも容易に行なうことが可能で、ただ構成プロファイルをインストールしてあげるだけで完了となります。

SIMカードと一緒に付いてくる台紙に印字されているQRコードをスマホで読み取るだけで構成ファイルをダウンロード出来るページに行くことができ、公式サイトにアクセスする手間も省けますので、この方法を用いた方が楽かもしれません。

SIMフリー版iPad用の格安SIMの選び方

SIMフリータイプのiPadの活用を考えた時、どの格安SIM会社を選択するのがベストなのか?格安SIMを選択する際に押さえておきたいこと等について触れていきたいと思います。

音声付ではなくデータ専用SIM

格安SIMの場合はスマートフォンとは違い、音声通話がなくても利用していくことは可能です。したがって、データ通信のみを行えるプランを見比べて選択していきます。

通話の機能がないことで料金が安くなるのは有り難いことです。

SIMフリー版iPhoneの使い方によってプランを選ぶ

どのような使い方をしていきたいかといった点もポイントとなってきます。自分の家にあるWi-Fiでデータ通信を行いたい場合と、外でテザリングを利用してパソコンで多くのデータ通信を行いたい場合とでは選択可能なプランにも違いが出てきます。

スマートフォン、ガラパゴス携帯の両方を持っている人も多いようですが、データを分け合えるプランを利用するとメリットが得られる場合があるようです。次からは利用目的ごとに私が勧めるプランについてご紹介していきたいと思います。

iPadにおすすめの格安SIM

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEが取り扱う格安SIMで、サービスは平成28年9月に誕生しました。

『コミュニティーフリープラン』を申込むことで、データ容量を消費することなくLINE、ツイッター、フェイスブック等のアプリの利用が可能となります。

iPadの場合はネットワークに繋ぐことが多くなるので、このプランへの加入は非常に有効であり、一つの下のプランを利用して毎月の料金を抑えることも出来るのです。

さらに、全てのiPad製品が使えることや、最近登場したばかりのiOSも難なく使えることも評価に値します。

通信速度も速い状態がキープされていて、使わなかった分のデータ通信量を次の月の月末迄使用が可能といった点から、平成28年の下半期に使用した時にも満足感を得ることが出来ました。

また、LINEという大きな会社ということもあり、サポートを行うオペレーターのレベルも高いです。

mineo

マイネオは、ドコモ、auいずれの回線であっても利用が可能といった、他の会社では見られない特徴を持つ格安SIM会社です。

さらに、使えることが確認済みの端末の数も格安SIM会社の中では最も多く、タブレットのみならずスマートフォンも使えるものが多いですから、『家にある使用していないスマートフォンを格安スマホに変えて利用していきたい』といった場合は、まずはマイネオからチェックしてみて下さい。

敢えてマイネオの欠点を一つ挙げるとすれば、au回線を利用した格安SIMでテザリングが行えないという点です。

楽天モバイル

楽天モバイル

ドコモ回線を利用する楽天モバイルの格安SIMは、『iPad mini 2~iPad mini4』、『iPad Air』、『iPad Pro』の各々のバージョンとSIMフリータイプの製品でも利用することが可能となっています。

毎月の料金の何%かを楽天ポイントして受け取ることが出来るといったメリットがあり、SIMフリータイプのiPadでも受け取ることが可能です。

iPadを格安SIMで使う際の注意点

SIMフリー版は新規購入すると割高になる

iPadはau、ドコモ等の大手携帯電話会社で手に入れることになるので、大抵は割引されることで安く手に入れることができ、選択する機種次第では実質無料で手に入れられるケースも多いです。

ですが、SIMフリータイプのものでは上記のようなことは行われないため、割引がない状態で端末を購入することになるのでご注意下さい。

大手携帯電話会社でiPadを契約して手に入れ、SIMロックの解除が行えるまで使用し、SIMロックの解除を行って格安SIMを利用していけば料金としては最も安くなります。

しかし、SIMロックの解除を行えるまでには約2年間の使用が求められるので、時間を要してしまいますし、その間も高い料金を支払っていくこととなるので、決して賢い方法とは言えません。

まとめ

今回は、格安SIMを最も活用出来るiPadにて格安SIMを利用するということをテーマにお話してきました。iPadと一口に言っても種類は様々で、携帯電話会社ごとで使える格安SIMも異なります。

現在は使用していないiPadであっても、格安SIMを挿入して再び使い始めてみてはいかがでしょうか?

-SIMフリータブレットの比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.