音声電話が利用できる格安SIMを比較

普通のスマホとして使うことができる音声電話プランありの格安SIM(MVNO)を比較し、おすすめの格安SIMをいくつかピックアップしました。スマホで音声電話も使いたいという方は参考にしてください。

音声電話が利用できる格安SIMの選び方

音声電話プランありの格安SIMを選ぶ際にポイントになるのが、どれだけ音声電話を使うのかという点です。

格安SIMの料金は1000~2000円台くらいで、大手キャリアの料金の7000円くらいと比べるとかなり安くなります。しかし、何も考えずに電話を月に何時間もすると大手キャリアの料金と変わらなくなってしますのです。

これを回避するためにLINEなどの無料通話アプリと楽天でんわを使う必要があります。

LINEなどの無料電話アプリを使う

仕事などで080や090から始まる音声電話を使う必要がない人はこちらの方法を選びます。最近はそもそも080や090から始まる音声電話を使って長時間電話をするようなことも少ないのではないでしょうか。

楽天でんわを使う

格安SIMを契約した後に楽天でんわに申し込めば30秒10円の通話料で普通の音声電話を利用できます。仕事などの関係でLINEなどの無料通話アプリが使えない人でも普通の電話として利用できるのがメリットです。

通信料と通信速度

次に大事になるのが通信量通信速度です。

通信量は外出先でYoutubeなどの動画サイトをたくさん見たい方は通信量が無制限の格安SIM、外出先ではたくさん動画を見ないという方は月3GBくらいの通信量の格安SIMで十分でしょう。

通信速度は大体以下のようになります。通信速度は使用状況や使用場所によって異なるので参考程度にとどめておいてください。

  • 超速い: UQモバイル
  • 速い: mineo、DMM mobile、楽天モバイル、、NifMo、FREETEL
  • 普通: 、OCN モバイル ONE、U-mobile、IIJmio
  • 遅い: ぷららモバイルLTE、Biglobe、日本通信 b-mobile

速い以上の格安SIMだと大手キャリアから乗り換えてもあまり違和感を感じることなく使えます。

普通以下の格安SIMだと大手キャリアに比べて遅く感じる人が多いでしょう。

東京都の品川駅付近で計測した通信速度を参考にして各社格安SIMの速さを比較した記事も作成してみました。通信速度にこだわる方は以下も合わせてご覧ください。

音声電話プランありの格安SIM比較

前置きが長くなってしまいましたが、音声電話プランありの格安SIMを比較します。

  • 月額料金
  • 通信速度
  • 通信量

を考慮して比較してみました。

また、使用するユーザー層を考え、ライト~一般ユーザー向けとヘビーユーザー向けと以下の定義で2種類に分けています。

  • ライト~一般ユーザー⇒外出先で動画をたくさん見ず、データ通信料を3GB以内に抑えられる人
  • ヘビーユーザー⇒家にインターネットがないなどの事情で、家でも外出先でも動画をたくさん見る人

通信量が少なくて済む(月3GB以内)人がライト~一般ユーザー、通信料が多くなってしまう(月3GB以上)人がヘビーユーザーだと考えてください。

ライト~一般ユーザー向けのおすすめ格安SIM・プラン

UQ mobileのデータ高速+音声通話プラン

プラン名月額料金通信量
データ高速+音声通話プラン1680円3G
速度超早い

通信速度⇒超速い

データ高速+音声通話プランは月の通信量が3GBなのでライト~一般ユーザー向きの格安SIMだと言えるでしょう。

月額料金はほかに比べると数百円高いですが、格安SIMの中では一番速く、大手キャリアと変わらないのでこれでも安いくらいです。

auの回線を使っているので、auのsimフリーのスマホを持っている方は今のスマホをそのまま使うことができます。

関連リンク

DMM mobileのシングルコース通話SIM

プラン名月額料金通信量
シングルコース、通話SIM1140円200kbps
1260円1GB
1470円2GB
1500円3GB
1970円5GB

通信速度⇒速い

通信速度も格安SIMの中では速く、料金設定を見ても非常にバランスの取れた格安SIMだと言えます。

他社とは違い、一回契約した後でも通信量を自由に変えられるのがありがたいです。

ほとんどスマホを使わないような方は1GBプランでも大丈夫ですが、普通にスマホを使う場合には3GBプランを契約しておくのが無難だと思います。

関連リンク

楽天モバイルの通話SIM、3.1GBプラン

プラン名月額料金通信量
通話SIM、3.1GBプラン1600円3.1GB

通信速度⇒速い

格安SIMを購入することで楽天ポイントを多くもらえるキャンペーンを常にやっているため、普段から楽天市場を使う人におすすめな格安SIMです。逆に、普段楽天市場を利用しない人にとってはあまり利用する価値のない格安SIMです。

通信速度は2015年の秋ごろから速くなりはじめ、現在も速い水準を維持しています。

また、高速データ量0GBのベーシック(月525円)というプランがありますが、これは選ぶ価値が感じられません。

この高速データ通信なしの200kbpsという通信速度ではまともにインターネットができないからです。

YouTubeやニコ動などの動画サイトはもちろん、普通のサイトを開くのにも時間がかかりすぎて精神衛生上よろしくありません。

関連リンク

mineo

プラン名月額料金通信量
auプラン デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)1310円500MB
1410円1GB
1510円3GB
2190円5GB
プラン名月額料金通信量
ドコモプラン デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)1400円500MB
1500円1GB
1600円3GB
2280円5GB

通信速度⇒速い

mineoはドコモとauとで微妙に料金が異なります。通信速度はauよりもドコモが速いですが、どちらも快適に使える速度は出ます。

5GBプラン以外はあまり月額料金が変わらないため、契約するなら3GBのプランがおすすめです。

公式サイト

ヘビーユーザー向けのおすすめ格安SIM・プラン

DMM mobileシングルコース、通話SIM

プラン名月額料金通信量
シングルコース、通話SIM2560円7GB
2840円8GB
2950円10GB
5270円15GB
6790円20GB

速度⇒速い

DMMmobileでは通信量月20GBまでのプランがあり、ヘビーユーザーでも安心して利用できます。通信量別に細かいプラン設定ができるので費用対策にもなりますね。通信量が多く設定されている格安SIMの中では通信速度が速めなのもポイントです。

公式サイト

U-mobileの通話プラス LTE使い放題

プラン名月額料金通信量
通話プラス LTE使い放題2980円無制限
通話プラス LTE使い放題22730円無制限

通信速度⇒普通

U-mobileは通信料が無制限なので、月20GBを超えるような通信量がある方でも利用できます。

しかし、通信速度は格安SIMの中では普通、大手キャリアと比べると遅いので通信速度を求める方はDMM mobileの方がおすすめです。

公式サイト

UQ mobileデータ無制限+音声通話プラン

プラン名月額料金通信量
データ無制限+音声通話プラン2680円最大30GB (500kbps)

データ高速プランと比べて通信速度は落ちますが、少し遅い?くらいの通信速度はあります。

公式サイト上には通信量無制限と書いてありますが、実際には3日で3GBの転送量上限があります。そこそこの通信速度で月30GBの通信量があるのに月額2680円は破格ですね。

とにかく安く格安SIMを使いたいヘビーユーザーの方はこのプランがおすすめです。

公式サイト

IIJmio

プラン名月額料金通信量
音声通話機能付きSIM みおふぉん ライトスタートプラン2220円5GB
音声通話機能付きSIM みおふぉん ファミリーシェアプラン3260円10GB

IIjmioはユーザー数が多く、高い信頼性がある格安SIMです。他の格安SIMと比べて目立った特徴がはありませんが、信頼性を第一に考えたい方にはおすすめの格安SIMです。

関連記事

まとめ

格安SIMと言うと何となくスマホをあまり使わない人向けのものかと思っていた方もいらっしゃったかもしれませんが、最近はヘビーユーザー向けのプランも充実してきています。

自分に合ったプランを選択して快適にスマホを使いましょう。