格安SIMの通信速度の比較と速いSIM

格安SIM(MVNO)のデータ通信速度を比較し、速い順に並べました。格安SIMは大手キャリアに比べて通損速度が遅いのが欠点でしたが、最近では大手キャリアにも負けない通信速度を出す格安SIMも登場しています。

通信速度の比較方法

2016年9月に計測した時点での在のデータ通信速度が速い格安SIMを速い順に紹介します。速度を計測した場所は東京都の品川駅付近です。

指標の見方がわからない方のために説明します。

  • Ping: ピング=反応速度
    0ms~100ms 速い、100ms~200ms 普通、200ms~300ms 遅め、300ms以上~500ms 遅い、500ms以上 遅すぎ
  • ダウンロード: ダウンロード速度
    2Mbps以上 速い、1Mbps~2Mbps 普通、0.6Mbps~1Mbps 遅め、0.4Mbps~0.6Mbps 遅い、0.4Mbps未満 遅すぎ

計測時は平日の朝、昼、夕方、夜の計4回です。ダウンロード速度は大体1Mbps以上あればストレスなく使えると思います。

また、どこの格安SIMもデータ通信量制限ありのプランとデータ通信量なしのプランとでは通信速度を変えているため、この2つは別々にランキングを出しています。

なお格安SIMは数か月たつと通信速度が変わることがよくあるので、あくまで参考程度にしてください。

データ転送量制限ありの格安SIMの通信速度

1、UQ mobile

時刻ダウンロードPing(ms)
12:091.6544
12:281.5236
18:0030.1235
22:2728.9646

とにかく通信速度が速い格安SIMがほしい方におすすめしている格安SIMです。UQmobileは昨年のサービス開始から安定して格安SIMの中で1番速い通信速度を出し続けています。

通信量無制限のプランだとそこまで速い速度は出ませんが、3GBプランだと他社の格安SIMをかなり離しています。

 2、FREETEL

時刻ダウンロードPing(ms)
8:2118.2937
8:3712.3836
12:1023.0431
12:3522.2439
18:0321.6332
18:3614.4335
22:3417.1439
22:4512.0032

FREETELは現在のところかなり速いデータ通信速度を出している格安SIMです。しかし、サービス開始から常に通信速度が安定していたわけではないので、今後急に遅くなることがあるかもしれません。

また、FREETELはデータ通信量に制限がありませんが、多く使えば使うほどお金が多くかかる従量制になっています。したがって、通信速度が速いからと言って調子に乗って動画などをたくさん見ていると月末の請求が大変なことになってしまう可能性があります。

以上の点からFREETELはスマホをほとんど使わない人、もしくは予備のスマホ用のSIMとして使うのがおすすめです。

3、楽天モバイル

時刻ダウンロードPing(ms)
8:2323.3338
8:3826.8935
12:123.5437
12:422.6834
18:146.7837
18:414.1537
22:155.8232
22:317.0134

楽天モバイルは2015年の10月ごろから以前は普通だった通信速度が速くなり、UQmobileに次ぐ速さになりました。12月に計測した際には2015年以前に契約したSIMでも快適に使える速度が出ていたので、これから以前に契約した楽天モバイルの格安SIMも速度が上がっていくかもしれません。

楽天モバイルの最大の特徴は格安スマホが安く手に入るところにあり、通信速度の安定性という面を見るとUQmobileに軍配が上がります。

関連リンク

4、DTI SIM

時刻ダウンロードPing(ms)
8:187.3540
8:4014.8034
12:2710.0134
12:5815.2335
18:1812.8930
18:4211.3638
22:188.3757
22:423.8958

DTI SIMは2015年の9月からサービスを開始した新しい格安SIMですが、快適な通信速度を出しています。

サービス開始直後はどうなるか不安でしたが、1年以上経過した現在でも速度が遅すぎることもなく、斬新なプランを出し続けているので個人的に好感が持てます。

5、mineo(マイネオ) ドコモプラン

時刻ダウンロードPing(ms)
8:1915.2349
8:4021.8964
12:282.1379
12:581.3870
18:1920.0354
18:4124.1756
22:1913.7770
22:4918.3539

快適に使える通信速度は出ていますが、平日の昼間は遅くなっていますね。mineoはauプランよりもドコモプランのほうが通信速度が速い傾向にあります。

以前はUQmobileに次ぐ通信速度が出ていましたが、最近は速度が低下しています。mineoは家族割や複数回線割、パケットシェアなど複数人で使用するとお得になる格安SIMなので、通信速度目当てで選ぶようなものではないと思います。

6、DMM mobile

時刻ダウンロードPing(ms)
8:1114.8740
8:3220.3532
12:251.4280
12:330.7778
18:235.8270
18:444.2977
22:1310.2873
22:458.2278

DMMmobileも平日の昼間になると通信速度がかなり遅くなりますが、夜間はかなり速い速度が出ます。IIJmioと同じ設備を使っているので通信速度も同じような結果になりました。

DMM mobileはプランがかなり細かく設定されているので、初めて格安SIMを買うならおすすめです。

関連リンク

7、NifMo

時刻ダウンロードPing(ms)
8:166.3754
8:364.8949
12:161.3375
12:450.8974
18:268.0171
18:465.2774
22:1714.3734
22:5017.9831

NifMoも夜間の速度が速いです。昼間はそこまで速い速度は出ていませんが、それでも十分快適に使えます。

平日の夜によくスマホでYouTubeなどの動画サイトを見る人はNifMoも選択肢の一つになります。

8、IIJmio

時刻ダウンロードPing(ms)
8:1521.8044
8:4623.3236
12:250.8877
12:340.4978
18:263.9881
18:532.4478
22:1610.2376
22:5616.8974

先ほども述べた通りDMM mobileと同じ設備を使っているので似たような結果となりました。

月額料金はDMM mobileのほうが安くプランも豊富なので安さを求めるならDMM mobile、信頼性を求めるならIIJmioがおすすめです。

9、OCN モバイル ONE

時刻ダウンロードPing(ms)
8:185.5650
8:1810.3055
12:270.7858
12:440.7058
18:222.0978
18:362.3260
22:172.3970
22:572.1154

OCNモバイルONEは速くはありませんが、通信速度は安定した結果を出し続けています。この格安SIMのメリットは、超低速でデータ通信量を消費しない低速モードが使える点にあります。

この低速モードは普通のサイトを見たり動画を見るのには遅すぎて使えませんが、インターネットラジオを聴くには十分な通信速度です。よってインターネットラジオをよく聞くという方におすすめの格安SIMです。

データ転送量無制限の格安SIMの通信速度

ぷららモバイルLTE

時刻ダウンロードPing(ms)
8:171.0358
8:391.4539
12:231.2552
12:480.8949
18:301.4851
18:521.4557
22:181.3258
22:461.0555

無制限のプランとしては優秀な結果を出しています。以前は使っているとストレスがたまるような遅さでしたが、最近はストレスなくサイトを見ることができるくらいの速さは出ています。

同じデータ転送量無制限のU-mobilに比よりも料金は高いですが、通信速度は速いので通信速度を求めている方はぷららモバイルLTEのほうがおすすめです。

 UQ mobile

時刻ダウンロードPing(ms)
8:190.5923
12:300.4141
12:560.4840
18:320.5028
22:110.5238

数値上は500kbps(0.5Mbps)と遅く見えますが、実際に使ってみると回線が安定しているので応答速度も速くそこまでストレスも感じません。

しかし、動画サイトはYouTubeであれば240p(最低画質)でなければ再生途中で止まってしまう通信速度ではあります。データ通信量が多く通信速度も速い格安SIMがほしいなら、少し高くなりますが現状はDMMmobileの10GB以上のプランを契約するのが最善です。

U-mobile

時刻ダウンロードPing(ms)
8:143.3938
8:502.0238
12:231.4930
12:311.6638
18:172.9437
18:321.0238
18:441.4339
22:150.44139
22:360.59135

U-mobileはデータ通信量が無制限の格安SIMの中では月額2480円と破格の値段設定ですが、通信速度はいまいちぱっとしません。

計測するたびに数値が変わるので安定しているとも言い難いですね。また、無制限と言っておきながらも実際に使えるのは3日間で2.4GB(2015年12月現在)、月24GBなので注意が必要です。

安く通信料が無制限のSIMを使えるのでおすすめしたいところですが、通信速度が安定しないため現状ではぷららモバイルかUQ mobileのほうをおすすめします。これからのサービスに期待しています。