使用用途別の比較記事

未成年でも契約できる格安SIMを徹底比較

更新日:

未成年だと格安SIMは契約できないと思い込んでいませんか?それは間違いです。

未成年でも格安SIMを契約することができるのです。確かに、ほとんどの会社では、格安SIMカードの契約を20歳以上の成年のみとしています。しかし、一部の会社では、そもそも契約可能な年齢を限定していないものもありますので、これであれば未成年でも契約可能となります。

ただし、あくまで未成年の契約ですから、保護者の同意は必要になります。自分勝手に契約できるわけではありませんので、注意してください。

そして、もう1つ注意点があります。それは、支払い方法です。

MVNOの場合、クレジットカードを所有していることが必須なのです。未成年がクレジットカードを作るって、なかなか難しいですよね?

大学生、専門学校生、または社会人であれば、学校側や会社の斡旋でクレジットカードを作る機会もあるでしょう。とはいえ、機会があるだけで、全ての人がクレジットカードを作れるとは言い切れません。

よって、クレジットカードがなくても契約できる方法が好ましいでしょう。以下、未成年でも契約できる格安SIMを紹介します。

未成年でも契約OK!な格安SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBEをおすすめする理由は、クレジットカード以外の決算方法を選択できるという点です。前述の通り、未成年者がクレジットカードを作るには、色々とハードルがあります。

しかし、BIGLOBEでは、親の同意さえあれば、口座振替で契約することが可能です。デメリットとしては、通話SIMの契約ができないことです。

通話SIMは、クレジットカードの決算に限られています。また、口座振替契約の場合、引き落としの都度手数料216円が発生します。手数料自体は僅かな金額ですが、この金額も考慮した上で毎月の支払い代金を考えねばなりませんね。

親の同意があれば契約OK!な格安SIM

U-mobile

U-mobile

U-mobileは、U-NEXTが提供する格安SIMサービスのことです。特徴としては、1GBまでと3GBまでが定額のダブルフィックスというコースがあること、そしてIIJmioと提携しての使い放題コースが存在することの2点です。

クレジットカードを持っている人であれば、誰でも申し込み可能です。逆に言えば、クレジットーカードがなければ契約はできないということです。

18歳未満、特に高校生等が自分の名義で格安SIMを契約したいと言っても、現実には厳しいものがあります。

DTI SIM

DTI SIM

未成年が契約しても大丈夫なのが、DTI SIMです。しかし、クレジットカードを所有していることが必須条件となっておりますので、自ずと18歳未満は契約不可能ということになります。

特徴は、6ヶ月間無料であること、最初に初期費用3000円を払っておくと利用できるお試しプランがあることです。

元々、DTI SIMではこのプランをキャンペーン期間中の限定プランとしてサービスを提供していましたが、今では正式にコースとして利用できるようになっており、業界内でも驚きの出来事でした。

6ヶ月経ったら月額料金が発生しますが、それまではそのタイミングで解約しても問題はありません。

mineo

18歳、19歳の方であれば、親の同意さえあれば契約可能なmineoもおすすめです。ですが、他社と同様契約にはクレジットカードが必須です。

クレジットカードを作れない18歳以下の未成年だと契約はできません。ただし、契約ができないだけであって、利用はできます。社会的信用の高い親の名義を借りて利用者登録というものを行います。

この方法を使えば、格安SIMの使用を諦めずにすみます。

OCN モバイル ONE

ocnmobileone

OCN モバイル ONEの契約規定は、他社とは少し異なります。データ通信専用SIMに年齢制限があるのです。音声対応SIMであれば、20歳以上でなければいけません。

データ通信専用SIMであれば、未成年でも契約できる可能性があります。支払い方法ですが、ここはクレジットカード必須ではありません。デビットカードや口座振替でも支払いができるので、便利です。

ただ、口座振替を選択すると、手続きが少し面倒なので、可能であればデビットカードを選択するのが良いでしょう。ちなみに、050 plusと併用すると、その基本料金が半額の150円(税別)になるという得点があります。

また、その通信量もカウントされることはありません。IP電話アプリなので多少使い勝手が悪い点もあるのですが、これをメインの電話番号にしているというユーザもいるくらいお得なのです。

IIJmio

iijmio

IIJmioモバイルサービスのデータ通信専用SIMをすすめる理由は、ただ1つ。年齢制限がないことです。

すなわち、未成年でも契約できるというわけです。残念ながら、音声通話機能付きSIMは20歳以上でなければ契約できません。

支払い方法は、クレジットカードのみで、それ以外は選択できません。過去にはデビットカードでの支払いもできたのですが、残念ながら取り扱いがなくなってしまいました。

未成年が契約するには、年齢制限や支払い方法の難しさを考えると、少しレベルが高いかもしれません。ただ、手続きするのにレベルが高いだけあって、基本料金が安いうえに、通信品質も高評価の会社です。

楽天モバイル

楽天モバイル

以前、楽天モバイルの注意事項に「未成年者は申し込みができない」旨の文言が記載がされていたのですが、最近削除されています。では、未成年者が申し込んでも大丈夫なのか?というと、少し違います。

楽天モバイルでは未成年者の単独での申し込みは受け付けていないが、親の許可を得て親の名義で申し込む場合が、未成年でも受け付けますよ、ということです。注意事項だけでは、少し分かりにくいですね。

手順としては、まず親を申込者として、親のクレジットカードで契約します。契約が完了した時点で、そのSIMカードは家族の誰が使っても良いようになります。親がほぼ使わずに未成年がメインで使っていても、特に問題ありません。

ドコモ、au、ソフトバンクであれば、未成年が利用する時には、は親の名義で申し込みをして、更に未成年の利用者登録をするという流れがありますよね。しかし、楽天モバイルではそのような利用者登録をする手間は不要です。

未成年でも気軽に契約できる会社は少ない

以上の通り、未成年が簡単に契約できる格安SIM会社はほとんどありません。

未成年との契約はできない、と規定されています。よって、未成年者が格安SIMを使うのであれば、どうしても親の名義を借りなければなりませんし、利用者登録をしてようやく契約、使用・・・ということになります。

なので、親の同意とクレジットカードもしくは銀行口座さえあれば自分の名義で契約できるMVNOが、貴重な存在であることが分かるでしょう。

とはいえ、クレジットカード必須の会社の場合、今度は未成年でもクレジットカードを作ってくる会社を探さねばならず、またそこで親の同意が必要で・・・と、未成年の名義で契約するには何かと面倒なが多いです。

スピーディーに契約を終えたいのであれば、親の名義を借りるのがベストと言えるでしょう。

こんな時どうする?~保護者の同意が得られない~

未成年の契約になにかとつきものの、「保護者の同意」。クレジットカードがあっても、未成年が契約可能な格安SIM会社があっても、親が納得しなければ格安SIMを手に入れることは叶いません。

では、どうすれば保護者の同意が得られるようになるのでしょうか?

スマートフォンに対する不信感

スマートフォンを与えることで、勉強がおろそかになるのでは?何か犯罪に巻き込まれるのでは?お金がかかるのでは?親の悩みはつきません。

そんな親の不安から、同意をしないというケースがあります。ただ、やみくもに駄目と言っているわけではないのでしたら、その理由や不安要素を聞き出し、自分の言葉で説得をしてみましょう。

ネガティブなイメージを取り払うことで、同意が得られるかもしれません。

格安SIMへの不信感

格安SIMカードって、何?という保護者の方も多いですよね。

いくら子供が欲しがっているとはいえ、自分がよく知らないものを契約するのもなあ・・・と渋る保護者の方もいるでしょう。

もし、格安SIMカードを「怪しい商売だ」とか、「胡散臭い」とか思われているのであれば、NTTグループやKDDIグループなどの大企業も取り扱っている、信頼度の高いサービスであることを説明しましょう。

聞きなれた会社名を耳にすることで、少しは不信感が拭えるかもしれません。

お金の心配

スマートフォン=高いというイメージ、ありますよね。

子供に買い与えることで、ものすごい高い料金の請求が来たらどうしようと心配される保護者の方には、格安SIMカードは基本料金が安いものであること、むしろお金を節約できるものであることを説明しましょう。

条件によっては、端末の買い替えも発生しない等の特典を伝えることも忘れずに。

有害サイトの排除

インターネットで有害サイトを見るのでは?と心配されている保護者の方には、有害サイトやアプリをフィルタリングするアプリがあることを教えましょう。

アプリをスマートフォンにインストールし、インストールした後は保護者自身が管理すれば良い旨をこちら側から提案すれば良いのです。

ツールさえ使いこなせば、スマートフォンを持っても、何ら危険がないということを保護者に知ってもらいましょう。

このように、1つ1つ解決していけば、未成年であっても格安SIMを手に入れることが可能です。

 

-使用用途別の比較記事

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.