楽天モバイル

自宅でできる!楽天モバイルで即日MNP、即日開通する方法

投稿日:

最近格安SIMは、ウェブサイトからの手続きで即日のMNPにも対応しています。

2016年5月9日から楽天モバイルでも公式ウェブサイトより申込すると即日でもMNP転入が可能となっています。

他の主要な格安SIMはすでに即日MNP対応できていたので、楽天モバイルもようやくと思った方も多いのではないでしょうか。

ですので、ショップに足を運ばなくてもインターネット環境があればどこからでも即日のMNP転入ができるわけです。ここでは、自宅でも不通期間無く楽天モバイルのMNP転入の手続きをする方法をご紹介しましょう。

ネットで即日MNPする方法

MNP予約番号を取得する

楽天モバイルへの乗り換えをする際はまず、キャリアなどでMNP予約番号発行の手続きをします。MNP予約番号の発行手続きは、ショップや電話で簡単に発行されます。

この発行番号は、楽天モバイルでの契約の際に必要となるものです。

また、ドコモユーザーであればウェブサイト上のマイページよりMNP予約番号の発行もできます。

これであれば長い電話応対やショップへ行く必要もなくたいへん簡単ですね。MNP予約番号の取得の仕方は以下の記事で紹介しています。

au
auから格安SIMに乗り換える(MNP)方法を徹底解説

auのスマートフォンをご利用中の方でも、現在の電話番号をそのまま格安SIMでも使えるようにすることで、端末を変えなくても毎月の利用料金を引き下げることが可能となります。 そこで今回は、auのスマートフ ...

続きを見る

ドコモ
ドコモから格安SIMに乗り換える(MNP)方法

総務省では近頃、高額な携帯電話料金を取っている大手携帯電話会社へ向けて、毎月低料金で利用出来るプランを取り扱うよう求めています。(参考:スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」に沿っ ...

続きを見る

公式サイトで申込む

楽天モバイルの公式サイトでのMNP転入の手続きの手順をご紹介します。

まず楽天モバイル公式サイトの契約画面から『MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用して電話番号を引き継ぐ』をチェックしましょう。

次にMNP転入する電話番号、発行されたMNP予約番号、MNP予約番号の有効期限を入力しましょう。

それから次に『楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する』にチェックを入れることを忘れてはいけません。

チェックを入れない場合、楽天モバイルからスマホが届く間不通期間が生じてしまいます。このチェックを入れておくことでスマホの不通期間は生じません。

MNP予約番号の他に事前に手元に準備しておくものは、本人名義のクレジットカードと身分証明書です。あらかじめ準備しておけばスムーズな申込ができるでしょう。

申込むタイミングが重要

楽天モバイルへの即日MNP転入は電話でも簡単にできますが、電話する時間によって即日MNP転入できない場合もありますので注意してください。

タイミングとして、午前8時59分までには楽天モバイル開通受付センターに電話する必要があります。
その時間までに開通手続き依頼が完了すると当日9時~21時までには楽天モバイルSIMが利用可能です。

開通手続き依頼が午前9時以降になってしまった場合ですと、楽天モバイルSIMの利用開始が翌日の9時~21時までの間になってしまいます。

また、開通手続き依頼が月末のぎりぎりになってしまうと翌月にずれ込んでしまう可能性があります。
MNP転出元で解約金が生じてしまう場合などは月末ぎりぎりの開通手続きになってしまうことが多いものですから注意してください。

楽天モバイルからSIMが届いた際は早めにMNP転入手続き依頼をしましょう。

実店舗で申込む

楽天モバイルへのMNP転入手続きはインターネット以外では、ショップでの手続きが可能です。

即日MNPを望むならば実店舗に出向くこともおすすめなのですが、インターネットからですと、端末のセールなどでスマホを安く購入できるメリットがありますし、楽天モバイルのショップがご自宅の近くにない場合も多いものですね。

これらを総合して考えても楽天モバイルへの乗り換えを考えるならインターネットを利用することになるかと思います。

MNP転入には、楽天モバイル契約の際にMNP予約番号の入力となりますが、予約番号がわからなくなったり忘れてしまった場合は新たな電話番号としてSIMが発行されてしまいますので発行された予約番号は大切に保管してください。

手数料

楽天モバイルへのMNP転入には初期費用としての手数料が必要となります。

必ず必要になる手数料

  • キャリアからの転出手数料3000円

キャリアからのMNP転出にはMNP転出手数料として手数料3000円が必要となります。

  • 楽天モバイルの新規事務手数料3000円

楽天モバイルは、MNPの利用に関わらず楽天モバイル契約者全員に初期費用の新規事務手数料として3000円は必ず必要となります。

状況に応じて必要

  • キャリアの解約手数料9500円

大手キャリアからのMNP転出の場合、2年ごとの契約更新月以外の解約には解約手数料として9500円が必要です。

9500円はたいへん大きな出費ですから、更新月を確認して翌月や翌々月が更新月であればそれを待った方がいいかもしれませんね。

更新月が遠い場合は、月々のスマホ料金で換算しても思い切って楽天モバイルに乗り換えてしまった方がお得な場合もあります。

これまで9000円のスマホ料金が乗り換えで3000円になるのならば、手数料がかかったとしてもすぐに元は取れますので、更新月を確認して検討しましょう。

注意点

MNP予約番号取得後15日以内にMNPする必要がある

MNP予約番号は取得してからの有効期限が15日間となっています。

この15日間で楽天モバイルを利用可能にする必要があるということです。

余裕だと思われるかもしれませんが、2週間はすぐに過ぎてしまうものですから早めの手続きをしましょう。

楽天モバイルの申込は、MNP予約番号の有効期限が切れてしまう事態を考慮し、実は有効期限が10日以上残っていることが条件になっています。

ということから、MNP予約番号を取得してから5日以内に楽天モバイルへの申込完了が必要だと覚えておいてくださいね。

転出前のスマホと同名義の必要あり

楽天モバイルへのMNP転入は、転出前のスマホと同名義でなくてはいけません。

例えば転出前に両親名義で契約していたスマホを楽天モバイルでは自分名義にしようとするならば、そのままMNP転入することができません。

こういった場合は、MNP予約番号を発行してもらう前に転出先での名義変更を済ませましょう。

まとめ

楽天モバイルへのMNP転入の手順はたいへん簡単なものです。

簡単にまとめますと、キャリアなどでMNP予約番号を発行してもらい、楽天モバイルへのMNP転入の契約時にMNP予約番号を入力。

このときにはMNP予約番号がわからなくなっていては、これまでの電話番号でのMNP転入ができなくなります。

予約番号はきちんと保管しておいてください。

基本的に楽天モバイルへのMNP転入は不通期間が発生しませんが、インターネットでの手続きにおいて『楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する』にチェックを入れることを忘れてはいけません。

チェックを入れない場合、楽天モバイルからスマホが届く間不通期間が生じてしまいますので注意してください。

『かけ放題』プランもある楽天モバイルは、たいへん便利でお得な格安SIMです。

大手キャリアからの乗り換えは、大幅にスマホ料金を節約できるのは間違いありません。今現在、乗り換えにお悩みの方はぜひとも参考にしてご検討してみてくださいね。

その他の即日MNPができる格安SIMは以下で比較しています。

即日MNPで開通できる格安SIMを比較

MNPを利用して現在使用中の電話番号を変えずに格安SIMへ変更するとなった場合、インターネットで契約してしまうと当日中に手続きを完了出来ないケースも考えられます。 スマートフォンは日々の生活において必 ...

続きを見る

-楽天モバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.