学校

楽天モバイル

楽天モバイルを未成年が契約する方法

投稿日:

現在、楽天モバイルは多くの方からの支持されており、日を追うごとに申し込み者数が多くなってきていますが、残念ながら、未成年の方の申し込みは受け付けておりません。

しかし、条件をクリアすることでそのような方であっても利用が可能となっています。

未成年でも楽天モバイルを契約できる?

学生同じ未成年でも18歳以上であればクレジットカードの作成は可能ですし、デビットカードであれば15歳以上から作ることが可能といったように色々な未成年の方がいらっしゃいます。

それを考えた場合、もしかすると楽天モバイルでも15歳以上や18歳以上であれば契約が行えるのではないか?という疑問が湧いてくるかもしれません。しかし、楽天モバイルでは20歳未満の方の契約は行えないものとなっています。

条件を満たせばOK先ほど契約は行えないというお話をしましたが、20歳未満の方でも楽天モバイルを利用したいと思っている方はいらっしゃるでしょう。

その場合は両親の名前で契約を行ったSIMカード或いは端末であれば、利用することが可能で、データ専用SIM、音声通話SIMどちらであってもそれは変わりありません。

つまり、未成年の方の名前を使って契約は行えないということになり、未成年の方であっても楽天モバイルを利用することは十分可能です。

このような仕組みとなっている理由は、料金の支払い方法としてクレジットカード或いは楽天銀行やスルガ銀行のデビットカードが用いられているからであり、契約者の名前とこれらのカードの名義が合わないと審査では不合格となってしまうためです。

仮に子どもが父親のクレジットカードを利用して、自分の名前で契約をしようとしても審査では当然不合格となるわけですが、それ以前にお申し込みすら受け付けてもらえないかと思います。

ですから、未成年の方が利用するには、父親の名前とクレジットカードを使ってお申し込みをすればよいわけです。一般の携帯電話でもこのような仕組みとなっていますが、大半の方は、未成年だと楽天モバイルの利用は不可能と思ってしまっています。

そうではなく、未成年の方の名前ではお申し込みが不可能というだけの話なのです。

未成年でも楽天モバイルを契約する方法未成年の方が楽天モバイルを利用したい場合は、親の同意を得た上で親の名前を使用してお申し込みしなければなりません。具体的には、クレジットカードを準備し、そこに書かれている名前でお申し込みをすることになります。

お申し込み後、契約まで進められれば、契約者以外の子どもであっても問題なく利用することが可能となるのです。

ちなみに、大手の携帯電話会社では上記のような場合、お申し込みは親の名前で行うという点は同じですが、使用する方が未成年の場合は利用者としての登録が必要となっています。ですが、楽天モバイルの場合、登録は不要です。

店舗契約という手もある

ホームページからお申し込みをせず、店頭でお申し込みする場合は、大手の携帯電話会社と同様の手続きを行うことが可能で、このことは契約を行った方と同居している家族であれば楽天モバイルの利用を可能とする制度が新たに誕生したことによるものです。

かつては契約した方のみ利用が許されていましたが、平成28年11月より、店舗で契約する場合、未成年の方を利用者として登録できるようになっています。

そして、この制度が誕生したことで契約を行った方と同居している妻や子ども達、或いはそこに住んでいる方なら、実際に契約を行っていない方でも楽天モバイルの利用が可能となったのです。

未成年が楽天モバイルを契約する際の注意点

注意点20歳になったら名義変更を契約当時は未成年でも利用している方が成人した場合には、名義を変えなくてはなりません。

楽天モバイルを解約する等となった場合、それに関する手続きは契約者本人が行うこととなっております。その際名義を変えていないともなれば、契約者本人の運転免許証等といった本人を確認できる書類や、クレジットカード等を用意する必要があり、特に地方で一人暮らしをしている方ですと非常に苦労することとなってしまうのです。

それを避けるためにも、予め自分の名義に変えておき、自分の書類で本人確認を出来るようにしておいて下さい。

それによって手続きを早く終わらせることが可能となります。また、学生の方ですとクレジットカードが持てないこともありますので、楽天銀行やスルガ銀行のデビットカードを予め作成しておくとよいでしょう。

契約者と同住所利用者として登録できる方は、契約を行った方と同居しているという条件があり、同居さえしていれば家族でなくてもよいわけですが、同じ家族でも離れて暮らしている場合だと登録は不可能となっています。特に未成年で学生の方の場合は親元から離れて暮らしている方も多いかと思いますので、ご注意下さい。

実際、楽天モバイルのホームページを見ても、契約者本人と同じ住所に住んでいる方であればご利用が可能といった内容が書かれています。

このことからも、同じ住所に住んでいなければ利用は不可能と判断できるわけです。

まとめ

未成年の方が格安SIMを申し込む際の規定は楽天モバイル以外のところでも変わりありませんので、未成年の方がお申し込みを行う場合は、ご両親の名前で行う必要があります。

楽天モバイルのような格安SIMは学生にとっては非常に有り難いものです。大手の携帯電話を利用するより低料金ですし、利用しても生活への影響が小さいことから学生の方の間でも高い人気となっています。

-楽天モバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.