楽天モバイル

【楽天モバイルを解約したい方必見!】最低利用期間や違約金はあるの?

投稿日:

昨今は本当に多くの会社が提供しており、各社によってさまざまなプランやサービスを備えているのが魅力の格安SIM。なかには「契約したはいいけど、他にもっと自分に合うMVNOを見つけてしまった」という方もいるのではないでしょうか?

今回は、その中でも楽天モバイルの解約をご検討中の方に、詳しい解約方法、最低利用期間や違約金の有無についてご説明いたします!

楽天モバイルの最低利用期間とは

楽天モバイルは、SIMカードの種類やプランによって最低利用期間が異なります。

データSIM・050データSIM

データ通信SIMと050データSIM(SMS機能付きSIM)の場合、基本的には最低利用期間も違約金(解約手数料)もありません。

ただし、キャンペーンなどを利用して楽天モバイルのデータSIMを契約した方は、契約から6ヶ月経たないうちに解約すると違約金支払い義務が生じるため注意が必要です。

通話SIM

通話SIMに関しては、利用開始月から12ヶ月目以内に解約してしまうと、違約金(契約解除手数料)を支払わなければいけません。

また、月額利用料・端末代・5分かけ放題がセットになった「コミコミプラン」を契約した方と、期間限定サービスの「買いテキ!通販ツウ特別プラン」を利用して楽天モバイルを契約した方の場合は、最低利用期間がさらに長い24ヶ月になるため、要注意です。

楽天モバイルには、場合によって最低利用期間があるということがわかりました。では、その期間の満了を迎える前に解約してしまった場合の違約金はいくらかかるのでしょうか?

違約金(解約手数料)はいくらなの?

データ通信専用SIMとSMS機能付きSIMは、基本的には解約しても違約金は発生しません。

ただし、キャンペーンなどを利用して楽天モバイルに契約した場合、6ヶ月以内に解約してしまうと9,800円の違約金が発生する可能性があります。該当する方は、念のため楽天モバイル公式サイトなどでご確認ください。

通話SIMに関しては、12ヶ月以内に解約すると9,800円の違約金が発生します。また、「コミコミプラン」で楽天モバイルを契約した方は、24ヶ月以内に解約すると12,000円の違約金が生じます。このほかにも、キャンペーンを利用した場合には最低利用期間や違約金が異なることもあるため、解約をご検討中の方は、事前によく確認することをオススメいたします。

最低利用期間と違約金がある場合でも、期間さえ満了すれば解約手数料などを支払わずに楽天モバイルを解約することができます。格安SIMは、大手キャリアと比べて月額料金が安いという理由で契約している方が多いと思います。せっかく安さに惹かれて契約したのだから、解約時もできるかぎり出費を抑えたいところですね。

他社に乗り換える際のMNP転出費用は?

MNPとは、Mobile Number Portability(携帯ポータビリティ)の略称のこと。このサービスを利用することで他社に乗り換えても携帯電話の番号を変えずに済むため、最近では多くのスマホユーザーが乗り換えの際、MNPシステムを使っているのではないでしょうか。

とても便利なMNPですが、利用するためにはたいていの場合手数料を支払う必要があります。楽天モバイルではMNP転出手数料として1電話番号につき3,000円を、解約時の月額料金精算時に請求されるようです。

また、MNP転出を行う際には、新たな乗り換え先に提出する「予約番号」が必要です。楽天モバイルの場合は「メンバーズステーション」にて、簡単にオンライン手続きすることが可能。会員メニューのなかから「登録情報・設定変更」を選び、「MNP予約番号発行・確認」から手続きを行ってくださいね。

楽天モバイルの解約方法

契約しているSIMカードによって、解約方法も少し異なります。ここからは、詳しい解約方法と解約するのに最適なタイミングなどをご説明いたします。

データSIM(SMS機能つき含む)の場合

2017年3月現在、解約手続きは楽天会員専用のオンラインサービス「メンバーズステーション」でのみ行えます。メンバーズステーションの「会員メニュー」から、「登録情報・設定変更」を開き、「楽天モバイル解約申請を選択することで解約手続きに進むことができるので、比較的スムーズに解約できるのではないでしょうか。

ただし、解約手続きをしたからといってすぐ適用されるわけではないので注意が必要です。

楽天モバイルは毎月15日を解約締日としており、これを過ぎると翌月末まで解約を待たなければなりません。もし当月中に楽天モバイルを解約したい場合は、15日までにオンライン手続きを済ませるようにしましょう。

通話SIMの場合

通話SIMは、データSIMとちがい電話で解約手続きをする必要があります。下記の楽天モバイルカスタマーセンターまで連絡し、指示に従いましょう。

また、手続きの際にはSIMカードに記載された15桁のSIM番号か、契約中のSIM電話番号を伝えなければなりません。どちらかを必ず手元に準備してから、電話するようにしましょう。

【楽天カスタマーセンター】

  • 電話番号:0800-6000-100
  • 受付時間:9:00~18:00(年中無休)
  • 通話料無料(携帯電話・PHSからの通話含む)

なお、データSIMと同様に、毎月15日の解約締日があります。楽天カスタマーセンターは電話が混み合う場合もあり繋がらないことも多々あるため、解約を希望される方は早めに連絡するようにしましょう。

解約したSIMカードは返却の必要あり

解約したSIMカードは、下記の宛先に返却しなければいけません。

〒107-0052
東京都港区赤坂4-2-19 赤坂SHASTA・EAST 5F
楽天モバイルSIM返却係

※返却の際は、念のため楽天モバイルホームページにて宛先をご確認ください

配送料が契約者負担ということもあり面倒かもしれませんが、トラブル防止のためにも早めに配送することをオススメいたします。

まとめ

ここまで、楽天モバイルの最低利用期間や違約金のこと、詳しい解約方法についてご説明いたしました。なかにはまだ最低利用期間を満了しておらず、違約金が発生してしまうという方もいるかと思います。

楽天モバイルはさまざまなサービスやプランを取り揃えているので、一先ずプランの見直しをして様子を見るのもひとつの手かもしれませんね。もし楽天モバイルの解約をご検討中の方は、この記事を参考に、少しでも出費を抑えて賢く解約手続きしましょう!

-楽天モバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.