楽天モバイル

docomo回線の格安SIMを比較

楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年11月】

更新日:

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。

楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。

なお、このページの情報は常に最新のものに更新するように心がけていますが、正確な情報は楽天モバイル公式サイトを確認するようにしてください。

キャンペーン情報

楽天モバイルでは現在、通話SIMを契約するとAQUOS SH-RM02が10000円で購入できるキャンペーンを行っています。
格安スマホ本体も同時購入しようと考えている方はこのキャンペーン期間中に契約するのがお得です。

楽天モバイルのプラン・契約料金

プラン名月額料金データ通信量
データSIM、ベーシック525円無制限(200kbps)
データSIM、3.1GB900円3.1GB
データSIM、5GB1450円5GB
データSIM、10GB2260円10GB
データSIM、20GB4050円20GB
データSIM、30GB5450円30GB
通話SIM、ベーシック1250円無制限(200kbps)
通話SIM、3.1GB1600円3.1GB
通話SIM、5GB2150円5GB
通話SIM、10GB2960円10GB
通話SIM、20GB4750円20GB
通話SIM、30GB6150円30GB

この他に初期手数料が3000円かかります。またSIMカード再発行/サイズ変更/交換 は4000円、契約12か月以内の解約手数料は9800円です。

オプション料金

  • データSIMのSMS機能 120円/月
  • 留守番電話 300円/月
  • 端末保障サービス 500円/月

詳細は楽天モバイル公式サイトをご覧ください。プランの選び方がよくわからない方は楽天モバイルのプランの選び方をご覧ください。

テザリングについて

楽天モバイルではドコモが販売している端末以外でテザリングを使うことができます。

キャリアに比べれば速度は落ちますが、ソフトバンクが7GBまでで1ヶ月1万円弱なことを考えるとかなり安上がりです。Evernoteの同期など通信量の少ない場合は問題ありませんが、動画をテザリングしようとすると重すぎてまともに使えない可能性があります。

テザリングをしたい場合はテザリング可能な機種を選ぶ必要があるので気を付けてください。

通信速度制限

通信速度制限

月ごとに設定されているデータ通信量を使い切ってしまった場合は、通信速度が低速の200kbpsに制限されます。

また3日間のの合計データ通信量が3.1GBプランの場合は540MB、5GBプランの場合は1GB、10GBプランの場合は1.7GBを超えると当日の23時59分まで通信速度を200kbpsに制限されます。

楽天モバイルには高速データ通信とは別に低速モードがありますが、低速モードで通信しても通信量が無制限になるということはありません。

DMM mobileのように、200kbpsに制限された状態からさらに通信速度を制限されるようなことはありません。

対応端末

smartphone

基本的にSIMロックを解除したdocomoの端末およびSIMフリー端末(iPhone含む)であれば使うことができます。

動作確認済み端末については楽天モバイルの対応端末ページをご覧ください。

楽天モバイルのプランの選び方

プラン

 

基本的には他の格安SIMと同じく3GBのプランを契約しておけば大体のユーザーは大丈夫です。

契約後のSIMカードの交換には手数料が4000円かかるので、Youtubeなどの動画サイトで動画をたくさんみたりゲームをたくさんするようなデータ通信量が増える使い方をする人はあらかじめ通信量が多めのプランを契約しておくことをおすすめします。

ベーシックプランについて

ベーシックプランは月額525円とほかのプランに比べて安く使えますが、通信速度が200kbpsに制限されてしまいます。200kbpsという速度は今まで大手キャリアと契約していた人にとってはかなり遅く感じられる速度で、まともにネットを使うことができません。

スマホでラインやメールくらいしか使わないのであれば、通信速度はあまり関係ないのでベーシックプランでも不便に感じることは少ないでしょう。

しかし、そもそもそういった人はそもそもスマホである必要性がなく、普通ににスマホを使うのであれば遅すぎる速度なのでベーシックプランはおすすめしません。

コミコミプランについて

コミコミプラン

コミコミプランは2016年8月に始まった新しいプランです。

こちらのプラン内容はスマホ端末代金、電話かけ放題といった内容がすべてセットになっているプランでスマホ端末を新しく購入する人、音声通話を使う時間が長い人にとってはお得なプランとなっています。

楽天モバイルを使うメリット

契約すると楽天ポイントがたくさんもらえる

ポイント

楽天モバイルで通話SIM(音声電話が利用できるSIM)を契約すると、楽天市場で買い物をした際に貰える楽天ポイントが常に2倍になります。

一定の期間だけ楽天ポイントが2倍になるのではなく、この先ずっと2倍になるという太っ腹な仕様です。

普段楽天市場を使っていない人にとってはあまり意味がないかもしれませんが、普段から楽天市場を利用している人にとっては大きなメリットになります。

格安スマホが安い

格安SIMと同時に格安スマホを購入すると他のMVNOに比べて安く買うことができます。

例)性能と価格のバランスが良いHUAWEI P9 liteが実質1万4990円(他にも安く買える格安スマホがたくさんあるので公式サイトから確認してみてください。)

今のスマホをそのまま使ったりiPhonenexusを使いたい方には関係ありませんが、格安スマホも同時に購入しようと考えているなら楽天モバイルは有力な選択肢になります。

楽天でんわに申し込むと1500ポイント貰える

楽天でんわ

まず格安SIMを利用する際、音声電話をたくさん使う人にとっては通話料が30秒10円と半額になる楽天でんわは必ず契約しておくべきですが、楽天でんわに同時契約すると楽天ポイントを1500ポイント(1500円分)貰えます。

他の格安SIMを契約した場合はこのポイントはもらえないので地味に嬉しいですね。

キャンペーンが多い

楽天モバイルは他の格安SIM各社に比べて楽天ポイントを貰えたり格安スマホが安くなるようなキャンペーンをよくやっています。したがって、楽天モバイルと加入する際は自分に合ったキャンペーンをやっているタイミングで申し込むべきでしょう。

過去には格安スマホが半額になるようなキャンペーンを行っていることもありました。特に1月~3月にかけてお得なキャンペーンをやっていることが多いので新規契約するのなら1月~3月がおすすめです。

クレジットカードなしで契約できる

楽天モバイルはクレジットカードを使わなくてもデビットカード、もしくは口座振替で契約することができます。口座振替は手数料がかかるので、クレジットカードが使えない方はデビットカードで契約するのがおすすめです。

ちなみに、全格安SIMの中でデビットカードの使用を公式で許可しているのは楽天モバイルだけです。使えるデビットカードは楽天銀行が取り扱う『楽天銀行デビットカード』、スルガ銀行が取り扱う『スルガ銀行デビットカード』です。

月額料金が安い

DMM mobileDTI SIMなど安さを売りにしているMVNOには敵いませんが、音声電話が利用できる3GBのプランで月額1600円と月額料金が比較的安いです。

また、初月の契約料は無料になるのもメリットの一つです。

通信速度が比較的速い

2015年の10月6日以降に契約した楽天モバイルの格安SIMはかなり速い速度を出しています。格安SIMの通信速度が遅くなりがちな平日の昼間でも快適に使える最低速度の1Mbps以上は出ます。

通信が混雑しにくい夕方~朝方にかけては10Mbps以上出ることもあり、格安SIM最速のUQ mobileに次ぐような速さです。格安SIMは速度が不安定なのがネックですが、楽天モバイルの場合は安定した速度をキープしています。

実際に計測した値はこの記事の後半で公開しています。時期によって速度が変動するので目安の一つにしてください。

かけ放題オプションがお得

平成28年1月28日より楽天モバイルでは、毎月850円を支払うことで1回あたりの通話が5分以下であれば、何回でも電話をかけることが可能となるサービスをスタートさせました。

5分を超過した場合には30秒あたり10円が追加で発生することとなっており、音声通話のSIMあるいは、格安スマホとのセットで契約した人数分、このサービスを利用出来ることになっています。

家族同士や、彼氏・彼女、友達等と通話時間は短いながらもよく通話を行うという方にお勧めとなっており、特に1日に複数回5分以下の通話を行う方だと非常にメリットは大きいですし、毎日でなく1日おきに5分以下の通話を行う方でも多少のメリットはあるはずです。

ただ、5分以下の通話が3日おきという方は楽天でんわを利用された方がよいでしょう。このようなサービスを最初に始めたのは楽天モバイルとなっていますが、現在は楽天モバイル以外でも5分や3分以下の通話であれば何回でも行えるというサービスが存在しています。

初月は無料

月額料金楽天モバイルでは契約後最初の月に限っては、無料で利用することが可能となっています。ただ、無料とは言っても、格安スマホの分割の料金、通話料、オプションの利用料金は例外ですので、ご注意下さい。

つまり、無料というのは基本料金のことであり、例を挙げるなら、音声通話のSIMで3.1GBのものをお申し込みした場合、料金は1,600円となりますが、最初の月に限ってはこれが無料で利用することが可能というわけです。

ここでいう最初の月とは、SIMカードが手に入った月を指します。ですから、お申し込みが6月28日でも格安スマホや格安SIMが手に入ったのが7月であれば、7月の基本料金が無料になるということです。

上記のようにお申し込みした日が月末の場合は、配送の希望を1日にすれば、1か月間無駄にすることなく無料で利用出来ることになります。

また、配送の希望を指定するという以外にも、楽天モバイルの場合はクロネコヤマトを利用しているので、伝票番号が分かり次第、クロネコヤマトに連絡を入れて受け取る日を決めれば上記と同じようなことが可能となるのです。

ここで一つ注意したいのは、最初の月に限ってはデータプランを変えることは不可能なため、例えば無料ということを理由に容量の大きなプランでお申し込みした場合、次の月にプランを変えるまではそのプランが継続されることになります。

したがって、次の月にはそのプランに対する料金を支払わなければならないのです。そして、プランの変更は毎月20日が締め切りとなっており、それを過ぎると行えなくなるという点にもご注意願います。

3日制限がなくなる

2017年の3月より、それまで行われていたデータ通信量が過剰となった際の通信速度の規制がなくなります。

このように利用者からはあまり評判が良くなかった3日間のデータ使用量に関する規制が行われないことで、低速回線に切り換えられることを気にせず、大量にデータ通信を行うことが可能となるのです。

ちなみに、これまでは他の会社と同様、3日間でのデータ使用量が規定を超えた場合には通信の最高速度を200kbpsに落とすということが行われていました。

通信容量をシェアできる

信頼性自分以外の利用者とデータ通信の容量を共有することをデータシェアと言います。共有が可能なのは、先月から持ち越されたデータ容量であり、楽天モバイルと契約を行っている方であれば、どんな人とでも可能となっているのです。

データの共有を行うには、共有したい方に対してその旨が書かれたメールを送信し、受信者が同意するとグループが出来上がりデータの共有が可能となります。

楽天モバイルでは、メールの送信者を『オーナー』、受信者を『メンバー』として扱っているようです。このサービスは毎月100円で利用することが可能となっていて、オーナー、メンバーの双方が支払うこととなっています。

共有が可能な回線の上限は5つですので、家族間や親友と一緒に利用するということも可能です。ドコモの端末をそのまま使える大手携帯電話会社で使用する機種では、各々の会社で『SIMロック』がかけられていて、他の会社で利用するためには、SIMロックの解除をしなければなりません。

SIMロックが分からない方は、鍵をイメージすると分かりやすいでしょう。楽天モバイルはドコモ系の格安SIMが使われていますので、ドコモで販売している端末であれば、SIMカードを入れ替える動作一つで利用が出来ます。

また、ドコモで販売している端末でSIMロックがかけられていて格安SIMの利用が可能か否か分からない場合は、楽天モバイルのホームページにある『動作確認済み端末』を見て頂ければよいかと思います。

楽天モバイルのデメリット

自動圧縮されることがある

圧縮楽天モバイルでは、回線内の通信量が多くなり過ぎるのを回避するために、通信量をコントロールするということが行われています。

具体的には動画であれば、楽天モバイル側で動画を自動的に圧縮された状態で利用者に提供するということが行われているのです。

上記のことが行われることで、画質の低下や、文字が崩れるというケースがあるわけですが、楽天モバイルでは元々通信に関しては安定しておりますので、その状態で圧縮されたとしても、低速回線を利用している時であれば、そのことで早く画像を表示出来るという利点もあると言われています。

さらに、通信量のコントロールは、常に行うということはなく、回線が混んでいる時に通信速度が落ちないようにすることを目的とした補償のようなものなのです。私も楽天モバイルを利用して1年が経過しますが、画質の低下や文字が崩れることによってイライラした覚えはないように思います。

しかし、利用者の中には画質の低下等で困らされたということがインターネット上の口コミとして存在しますので、頭に入れておいた方が良いかもしれません。

サポートに繋がりにくい

電話楽天モバイルに問い合わせを行うため、電話をかけてもかなり繋がらないということが非常に多くなっています。

他にも繋がりにくい会社はあるかもしれませんが、楽天モバイルほどではないでしょう。楽天モバイルではまず電話をかけると、150秒ぐらい音楽が流れて、この無意味な音楽の後に、やっと電話を待っている列に並べるようになっています。

列に並んでからは、早い時にはすぐに話せますが、15分は待たされるというケースがほとんどです。

格安SIMは通話料金が高いのがネックですが、楽天モバイルの場合は月額850円で5分以内の通話が無料になるプランがあります。

友達などと長時間電話する方にとっては意味がありませんが、家族などと短い時間ちょくちょく電話を掛けるという方にとっては電話料金を節約できるプランになっています。

楽天市場を使わなければ魅力が半減

楽天モバイルの最大の利点は楽天ポイントをたくさん貰えることなので、その楽天ポイントを使える楽天市場で商品を買わない人にとっては楽天モバイルの魅力は半減してしまいます。

格安スマホを同時購入しない、かつ楽天市場を使う気がないという方は楽天モバイル以外の格安SIMを検討するべきです。

高速データ通信をオフにしても通信量は消費する

他のMVNOでは高速データ通信をオフにして低速にすることでデータ通信をカウントさせなくできるのですが、楽天モバイルの場合は高速データ通信をオフにして200Kbpsの低速モードにしても通信量はカウントされます。

ベーシックプランの場合は元々通信速度が低速なので通信量はカウントされません。高速通信をオフにしてデータ通信量を節約しようと考えている方はベーシックプラン以外の場合は注意する必要があります。

3G専用端末で使えない

楽天モバイルで契約したSIMは、3G専用端末では使うことができません。この3G専用端末とはその名の通り4GLTE回線が使えず3G回線しか使えない端末のことで、現在ではほとんど見られなくなりました。

楽天モバイルで格安スマホも同時購入する方にとっては関係ありませんが、スマホを別に購入して使う方や現在の端末をそのまま使う方はは一応端末が3G専用端末がどうか確認しておいてください。

解約手数料が高い

通話SIMを契約してから12ヶ月以内の解約だと手数料が9800円かかります。

大手キャリアの二年縛りであったり違約金に比べたらまだ安いほうですが、MVNOとしてはこの手数料は高いです。

したがって他のMVNOと違って「試しに数か月間使ってみる」というようなことができないので、楽天モバイルの通話SIMを契約する際は1年以上使うつもりで契約してください。

楽天モバイルの通信速度

東京都の品川駅付近で実際に計測した通信速度を表にしました。表に使われている語句の意味は以下の通りです。

  • Ping: ピング=反応速度
    0ms~100ms 速い、100ms~200ms 普通、200ms~300ms 遅め、300ms以上~500ms 遅い、500ms以上 遅すぎ
  • ダウンロード: ダウンロード速度
    2Mbps以上 超速い、1Mbps~2Mbps 速い、0.6Mbps~1Mbps 普通、0.4Mbps~0.6Mbps 遅い、0.4Mbps未満 遅すぎ

計測時は平日の朝、昼、夕方、夜の計4回計、ダウンロード速度が1Mbps以上あれば快適に使えるとみてください。計測月:2017年11月

時刻ダウンロードPing(ms)
8:2323.33Mbps38ms
8:3826.89Mbps35ms
12:123.54Mbps37ms
12:422.68Mbps34ms
18:146.78Mbps37ms
18:414.15Mbps37ms
22:155.82Mbps32ms
22:317.01Mbps34ms

通信速度がいきなり速くなった2015年10月よりは遅くなっていますが、それでも十分速い通信速度を保っています。平日の昼間でも1Mbpsを切らず、朝晩は20Mbps以上出ることもあります。

最速のUQ mobileには劣りますが、格安SIMの中ではかなり速い速度です。体感としてはキャリアと変わらないでしょう。2016年の4月から6月上旬の間にかけて通信速度がかなり遅くなった時期がありました。この時はツイッターや2chでボロクソに叩かれていましたが、現在(2017年1月)では標準的な速度にまで戻っています。

格安SIMは時間がたつと通信速度が変わることがよくあり、楽天モバイルも例外ではなかったので、通信速度の速さを第一に考えている方はUQモバイルをおすすめします。

no image
UQモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年11月】

UQモバイルの評判や通信速度(実測値)をまとめて実際に使ってみた使用感も含めながら辛口評価しました。 格安simというと安いので通信速度が遅く使い物にならないと考える人がいるかもしれません。 しかし、 ...

続きを見る

docomo系の格安SIMを使いたい場合、速度はある程度は妥協してその他のプラン内容の充実具合を比較するしかありません。

また、2015年10月以前に契約したSIMの速度も速くなっているので、以前にに契約したSIMも最終的には同じくらいの速さになるだろうと予想しています。

キャリアから楽天モバイルへの番号移行(MNP)方法

楽天モバイルはドコモの回線を利用しているため、ドコモのSIMフリーの端末(iPhone 5s/5c/6/6 Plus、iPad Air 2/mini 3以外のスマートフォン)を現在使用されている方は、現在使用しているスマホをそのまま使うことができます。

ドコモ以外のau、ソフトバンクなどのキャリアを利用している方は新しくSIMフリーのスマホを購入するか、楽天モバイルの格安SIMと同時に格安スマホも購入する必要があります。

楽天モバイルは格安スマホが安いので、わざわざ別で格安スマホを購入すると高くなってしまうケースが多いです。

なお、現在使用している電話番号は楽天モバイルに乗り換えてもそのまま使用することができます。電話番号を引き継いだまま格安SIMに乗り換える(MNP)ためにはMNP予約番号というものをもらう必要があります。

このやり方は楽天モバイル公式サイトの解説ページもしくは各キャリアの公式サイトで解説されているので、以下のサイトを参照してください。

楽天モバイルのおすすめ端末(格安スマホ)

楽天モバイルは取り扱っている端末(格安スマホ)の数が非常に多く、楽天モバイルのおすすめ端末=おすすのSIMフリー端末という方程式が成り立つレベルです。

使用用途別に簡単に楽天モバイルのおすすめの格安スマホをまとめると以下のようになります。

  • コスパ重視のミドルユーザー→HUAWEI P9 lite、ZenFone3
  • ハイスペック端末が欲しいヘビーユーザー→honor8、HUAWEI Mate9
  • 最新スマホはいらないライトユーザー→ZenFone Go、ZTE BLADE E01

その他の端末およびスペック情報については以下のページから確認できます。

 楽天モバイルの評判

実際に楽天モバイルを使ってみた感想

感想

格安スマホがかなり安く買えたので新しく格安スマホ本体もほしいという方はおすすめです。

通信速度は特別速いわけでも遅いわけでもないといった速度です。実際に使っていて通信速度は申し分ありませんが、平日昼間はYoutubeの動画再生が引っ掛かるレベルにまで速度が落ちることがありました。

キャンペーン期間中にサポートに電話をしてみたのですが、注文が殺到しているのか注文受理に時間がかかったり、サポートの返信が返ってこなかったりすることがあるのは残念です。

総合的に見て格安スマホを新規購入するのであればおすすめできる格安SIMとなっています。

-docomo回線の格安SIMを比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.