nifmo

Nifmo

Nifmoの支払い方法にはどんなものがある?わかりやすく解説します

投稿日:

NIFTYが提供しているnifmo。格安スマホ、格安SIMを利用している方はご存じだと思います。人によってはこれからnifmoに乗り換えようと検討しているのではないでしょうか?

様々なプランや魅力のあるサービスが存在しているので、チェックしておいて損はありません。自分に合ったプランで快適なスマホライフを過ごして頂けたらなと思います。

今回はnifmoの支払い方法に密着していくので、これからnifmoに乗り換えようか検討している方は参考にして頂きたいです。

nifmoの月額契約料金の支払い方法

まず、nifmoの月額契約料金はどのようにして支払うのかについて説明します。

クレジットカード

クレジットカード

nifmoの月額契約料金をクレジットカードで決済することが可能です。使えるクレジットカードが決まっているので、そこに注意しないといけません。

まずは電話でクレジットカードの支払いを申し込み、申し込み書を送付してもらいます。届いたら、申込書に必要事項を書いたら返送します。後は月額契約料金を毎月支払うだけです。

Nifmoのクレジットカード決済に使えるクレジットカード

nifmoの月額契約料金をクレジットカードで決済する際に使えるクレジットカードは

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • ダイナース
  • AMERICAN EXPRESS

の5種類。いずれかのクレジットカードを持っていない場合は使いやすいと感じたクレジットカードを作らないといけません。

どのクレジットカードが使いやすいかはあなた次第。それぞれの特徴を把握するのが大事です。

これからnifmoを利用する、クレジットカードを持とうと考えている方のために対象のクレジットカードの特徴について説明します。

VISAは世界トップのシェアを誇るクレジットカード。多くの方はすでに持っているのではないでしょうか?国内、海外共に使いやすく、1枚作っておいて損は無いと思います。比較的作りやすいのもおすすめできる理由。

MasterCardもVISA同様、多くの方が持っているクレジットカードです。公共料金の支払いにも使えるのは大きな特徴。国内で様々なサービスを受けられるので、そこは注目しておいて損は無いと思います。

JCBは日本のクレジットカード会社で利用している方も多いのではないでしょうか?海外旅行をサポートする特典が多く存在しています。

ETCやQUICPay、家族カードを付けられるので、日常生活に合わせて使えるのも大きなメリット。

ダイナースは日本初のクレジットカードとされていて、多くの方がダイナースを利用しています。ベネフィットが充実しているので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

AMERICAN EXPRESSは仕事や旅行等で飛行機を利用している方だとチェックしておきたいクレジットカード。

海外旅行向けのサポートが充実しています。また、貯めたポイントをANAマイルに移行できるのも大きいです。

このように、nifmoで利用できるクレジットカードはそれぞれ違った特徴があり、それぞれの長所と短所をしっかりとチェックしないといけません。ランクアップしたいなと感じた際は条件を満たしている必要があります。

一部デビットカードも使える可能性がある

クレジットカード

nifmoの月額契約料金の支払いは原則デビットカードを使うことはできません。ですが、一部使えるものも存在します。これからnifmoを利用しようと考えている方は覚えておきたい所です。

デビットカードは預金口座から引き落として決済するカードのこと。クレジットカードと違い、使い過ぎというのを抑えられるので、持っている方も多いのではないでしょうか?

Nifmoのホームページ上にどのデビットカードが使えるか記載されていないため、カードでの決済というのを考えると、クレジットカードを使うのがベター。

もしデビットカードでの支払いを行うといった場合、VISAのデビットカードでいけるかどうか一度試すといった感じになると思います。

一応、JNBVISAデビットカードや楽天デビットカードで決済できたという声もあるようです。

KDDI請求、NTT決済

NTT決済払いもうすでに@niftyを利用しているといった方もいるのではないでしょうか?@niftyはより良いインターネット環境を提供するサービスで広範囲のエリアをカバーしています。

実はnifmoの毎月契約料金の支払いをKDDI決済もしくはNTT決済での支払いにすることが可能。その条件が@niftyの利用という訳です。

これなら、@niftyとnifmoの毎月の支払いをまとめられるので、何度も手間をかけずに済みます。

月額契約料金に含まれるもの

支払い方法にいくつか分かれているのは分かったけど、月額契約料金にどういったものが含まれているのか疑問に感じているのではないでしょうか?その辺もキチンと把握した上でnifmoを利用するかどうか判断しないといけません。

nifmoの月額契約料金に含まれるものには、

  • nifmo基本料金
  • 音声通話料
  • SMS通信料
  • オプションサービス料金
  • ユニバーサルサービス料

の5つからなります。

nifmo基本料金は契約タイプ料とデータ通信プラン料の2つを指しています。どのプランを利用するかによって料金が左右されるので、その辺も踏まえて自分に合ったプランを申し込まないといけません。

契約タイプ料は音声通話対応とSMS対応にするために必要。

データ通信プラン料は3GBプラン、7GBプラン、13GBプランの3種類が存在しており、より快適にスマホを使う場合は7GBプランや13GBプランを視野に入れることになると思います。

音声通話料は国内だと30秒当たり20円(税抜)かかります。海外の場合は国によって通話料が異なるため、注意しないといけません。場所によっては30秒当たり100円以上かかる場合も。

SMS通信料は文字数により異なります。国内、国外共に受信にかかる料金は無料です。1回当たりにどの位の文字数が打てるかはスマホやアプリによっても変わってくるので、注意しないといけません。

海外への送信の場合、通信料が高くなってしまいます。

オプションサービス料金はnifmoをより快適に使うために必要になってくる料金。スマホを使っていると、何が起こるか分かりません。想定外の事態に備えるためにオプションを利用することをおすすめします。

nifmoのオプションには、nifmoあんしん保証、nifmoあんしん保証for SIMフリー、nifmo半額ダイヤル、nifmo訪問レクチャーといったものが挙げられます。その中で自分に合うものを選んでみてはいかがでしょうか?

よりインターネットを快適にするというのを踏まえると、@niftyのオプションもチェックするのもありです。

ユニバーサルサービス料はNTTが全国の電話サービスを維持するために行っているユニバーサル制度にかかる費用のこと。nifmoや@niftyフォン、@nifty光電話等のサービスが対象となっています。

Nifmoの端末料金の支払い方法

nifmoを利用する際、端末料金も毎月支払わないといけません。いくつかの支払い方法が存在しており、ここではそれについて説明します。

お届け時のお支払いの場合

到着時支払い

ヤマト運輸の宅急便コレクトを用いて、端末料金の支払いを行うことが可能です。

その方法は

  • 代金支払い
  • カード決済

のどちらか一方です。

カード決済はクレジットカードとデビットカード両方使えます。

クレジットカード

支払い方法は至ってシンプル。まずは端末料金を確認したら、端末にクレジットカードを読み込ませます。

次に一括払い、分割払い、リボ払いのどれかを選択。それができたら支払いデータをカード会社に送ります。後は明細書に確認のサインを行えば完了です。

普段からクレジットカードを使っていれば、一括払いや分割払いの違いは分かるのではないでしょうか?

代引き支払い

代引き支払いは商品が届いた際にその場で現金で一括で支払うというものです。代引き手数料はNiftyが負担しているので、そこは安心して頂けたらなと思います。

デビットカード

クレジットカードを持っていない方はデビットカードでの支払いも視野に入れておくことをおすすめします。

まずは端末料金を確認したら、端末にデビットカードを読み込ませます。次に暗証番号を入力。後は口座から端末料金が引き落とされるだけです。

デビットカードで支払う場合、口座残高が足りているかをしっかり確認しないといけません。

分割払いの場合

入金

端末料金は分割払いも可能。この方法はジャックスとの契約となります。金利手数料はNifty負担です。

審査が早く終わるというのも踏まえ、ジャックスの審査を通らないといけないので、ここは注意しないといけません。

なので、18歳未満の方は分割払いを利用することができないです。

口座振替

ジャックスの審査の後、申込内容の書面と預貯金口座振替依頼書が送付されます。預貯金口座振替依頼書にサインと印鑑を押したら返送しないといけません。

届いたら、翌月の27日から口座から端末料金が引き落とされるといった感じです。

まとめ

nifmoにかかる料金の支払い方法はいくつも存在しており、その中から自分に合ったものを選択しないといけません。月額契約料金にしろ、端末料金にしろどちらもクレジットカードで支払いを済ませると基本楽だと思います。

もちろん、その他の方法を使いたいといった場合はクレジットカード以外の選択肢を選ぶのもありです。

nifmoは広範囲で使える上、余ったデータを翌月に繰り越せたりと魅力的な所がいくつも存在します。これを機に、nifmoの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

-Nifmo

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.