nifmo

docomo回線の格安SIMを比較

NifMo(ニフモ)の評判とレビュー

更新日:

格安SIMアワード2015を獲得した実力派格安SIM、NifMoの評判やメリット&デメリットを詳しく解説しました。

楽天モバイルやiiJmio、LINEモバイルなど他社MVNOとも比較しているのでどの格安SIMにしようと迷っている方必見です。

NifMoのプラン・契約料金

月額料金データ通信量
データSIM 1.1GBプラン640円1.1GB
通話SIM 1.1GBプラン1340円1.1GB
データSIM 3GBプラン900円3GB
通話SIM 3GBプラン1600円3GB
データSIM 5GBプラン1600円5GB
通話SIM 5GBプラン2300円5GB
データSIM 10GBプラン2800円10GB
通話SIM 10GBプラン3500円10GB

この他に契約時の初期手数料が3000円、音声通話SIMを7カ月以内に解約した場合8000円かかります。

オプション料金

  • 音声電話機能追加→700円/月(SMS機能も付いてます)
  • SMS機能のみ→150円/月
  • あんしん保証(スマホが壊れた際に5000円で端末を交換してくれるサービス)→380円/月
  • 訪問レクチャー→(家まで来て使い方を教えてくれるサービス)→480円/月(24カ月契約のみ)
  • 通話料金→30秒20円

NifMo(ニフモ)のメリット

通信料0円にできる?

NifMoなら通信料が0円にできるかもしれません。

その秘密は「NifMoバリュープログラム」。次にあげるような日々のちょっとしたアクションをバリュープログラム経由で行うと、報酬としてNifMoの利用料が割引されるサービスです。

  • 動画サービス「U-NEXT」の無料トライアルに登録すると、810円割引き!
  • 大手ショッピングサイト「Yahoo!ショッピング」のお買い物金額を1%割引き還元
  • アンケートに答えるだけで30円割引き

もともと格安なのに、こんなちょっとしたことで更におトクに使えちゃうんです。毎日コツコツ割引を積み重ねて、通信料を0円にしちゃいましょう!

低速通信でも快適

「バースト転送」をご存知ですか?バースト転送とは、低速通信状態でも、通信し始めの少しの間だけ高速通信にする機能です。NifMoは2016年11月24日からこのバースト転送機能に対応しました。

「難しくってよくわからない!」という方に捕捉します。

大手キャリア/格安SIMを問わず、毎月3GBなどの料金プランがありますが、これは高速データ通信に使用できるデータ通信量を示します。

この通信量を使い切ると低速通信しかできなくなり、ちょっとしたWebサイトの読み込みに数十秒かかるような状態になってしまいます。特に急いでいるときなど、通信速度が遅いとストレスですよね。

バースト転送機能に対応しているNifMoならその心配はありません。低速通信状態になっても最初だけ高速通信してくれるので、例えばテキストメインのサイトなら数秒で読み込みが完了します。Webサイトの表示や、Facebook・Twitter・LINEといったSNSアプリ等の大量のデータ通信を必要としないアプリなら、いつでも快適にご利用することができます。

NifMoなら通信速度が速い!

NifMoの最大の特徴は、安定した通信速度の速さです。これはスピードテストアプリの結果が証明しています。通信を伴うアプリの表示にかかる時間も大手キャリア(docomo)と変わらないと言われているので、NifMoの通信速度はとても快適といえるでしょう。

ただし、スマホ利用者が増えるお昼の時間帯や、現在キャッシュバックキャンペーンをしておりNifMoご契約者が急増していることから、一時的に通信速度が落ちることもあるようです。しかし、NifMoは積極的に回線増強を実施しているので、長期的にこの状態が続く可能性は低いと言えます。

格安SIMだからと我慢せず、快適に通信できるNifMoを選びましょう!

通信速度制限が緩やか

格安SIMでは、期間内の通信量が一定量を超えると速度制限をかけることが通常です。NifMoでもこの速度制限はあるのですが、2016年9月12日より条件が緩やかになりました。具体的な速度制限の基準値は以下の通りです。

  • 1.1GBプラン:250MB/3日
  • 3GBプラン:650MB/日
  • 5GBプラン:1,100MB/日
  • 10GBプラン:2,200MB/日

1.1GBプランを除く他のプランでは、速度制限が1日単位に見直されました。つまり、速度制限がかかるのはたくさん使ったその日だけで、翌日からはまた快適な高速通信が楽しめるんです。

「速度制限が3日間と1日間で、そんなに違いがあるの?」という方のために、例を挙げて解説します。

例:3GBプランを契約されている場合

以前の速度制限では、3日で650GB使用すると速度制限がかかっていました。昨日600MB使用していると、今日50MB使用したところで低速通信になります。しかも明日も速度制限がかかったままなので、3日間で高速通信できたのは、650MB(0.65GB)しかありません。

新しい速度制限に切り替わると、同日中に650MBを超えなければ低速に制限されません。仮に650MBを超えてしまっても、超えた時点で低速化してしまいますが翌日の0時には制限は解除されて再び高速で通信できるようになります。3日間ずっと制限ギリギリまで通信した場合、650MB×3日=1,950MB(1.95GB)は低速化することなく通信することができます。

同じ料金プランで同じ利用料なのに、0.65GBと1.95GBでは大きな違いですね。

最低利用期間のしばりが短い

万が一格安SIMを解約しなければならない場合でも、NifMoなら安心です。

大手キャリアでも格安SIMでも、モバイルサービスの契約には「最低利用期間」が設けられていることが一般的です。(なんで?!と思われがちですが、犯罪利用を防止することが目的らしいです。)この最低利用期間内にモバイルサービスを解約すると高額な違約金が発生します。

大手キャリアでは「24か月」、一般的な格安SIMでは「12か月」と設定している事業者が多いなか、NifMoの最低利用期間は「6か月」と比較的短く設定されています。

音声通話対応SIMプランの場合、利用開始月の翌月から数えて6カ月以内に解約すると8,000円の契約解除料が発生します。データSIMプランの場合、解除手数料はかかりません。

「お試し期間の6か月」と思えば、格安SIMを初めてお使いになる方でも安心して始められますね。

最低利用期間による違約金とは異なりますが、利用開始月に解約した場合は通常無料の月額料金を支払う必要があるので注意してください。

利用開始月の料金が無料

NifMoの利用料には次のようなプランがありますが、ご利用を開始した月はこれら全てが無料になります。

  • データ専用プラン:3GB 900円/5GB 1600円/10GB 2,800円
  • SMSオプション付SIMの場合、+150円
  • 音声対応SIMの場合、+700円

例えば11月3日にNifMoを契約して11月6日に届いたとしたら、11月6日から11月30日まではどんなに使用しても無料。他の格安SIMは、利用開始月は日割計算になったり全額請求されたりすることが多いので、NifMoの利用開始月無料は非常におトクですよね。

家族で契約するとよりお得になる

2016年9月に開始したばかりのNifMoファミリープログラムをご利用すると、ご家族みんなでお得で便利に格安SIMをご利用できます。複数のスマホをご利用されるご家族や、お一人でもたくさんの通信デバイスをお持ちの方は、ファミリープログラムの強みを要チェックですよ。

ファミリープログラムの内容は以下になります。

NifMo契約数×0.5GB(500MB)のデータ通信容量を毎月もらえる

例えばご家族4人でご利用の場合、毎月2GBも貰えます。一般的な格安SIMでは、データ容量の追加に1GBあたり500円程度かかるので、1000円くらいお得ということになりますね!

データ通信容量をシェアできる!

ご家族でデータ通信容量をシェアすれば、LINEしかしないママも、SNSにゲームにとたくさん使うお子様も、無駄なくデータ通信容量を使い切ることができます。なお、シェアに組み込むかどうかは、回線ごとに設定することができます。

名義変更なしでMNPができる

一般的にMNPする場合は、乗り換え前後の契約名義が同じである必要があります。ご家族で格安SIMのファミリー向けプランに乗り換えたいときに、これがすごく面倒なんです。

一般的な格安SIMの例
  • お父様のスマホ → お父様の名義でファミリー向けプランを契約する
  • お子様名義のスマホ → お父様の名義に変更 → お父様契約のファミリー向けプランに加入する

上記のとおり、お子様のスマホをお父様名義に一度変更しなければなりません。事業者によっては名義変更に手数料もかかるので、面倒なだけでなくハイコストでもあります。

NifMoファミリープログラムに申し込めば、上の例の場合、お子様名義のままでNifMoに加入することができます。また、ご家族がクレジットカードを持っていない場合、お子様が未成年の場合でも、ファミリープログラムを使えばNifMoをご契約できます。(ただし、未成年だけの場合は契約できませんのでご注意ください。)

格安SIMはたくさんありますが、名義を変更することなくMNPできるファミリー向けプランがあるのは、mineoBIGLOBE SIM、そしてNifMoぐらいです。

電気料金も割り引き対象に

NifMoはISP大手のniftyが提供している格安SIMです。そのため、niftyが提供している他のサービスを一緒につかうことで、セットでお得になるんです。

  • NifMo + @nifty:基本料金が200円割引き
  • NifMo + @nifty + @niftyでんき:最大月額400円割引き

せっかくなら電気もインターネッともお得に使いましょう!

NifMoなら不通期間ゼロ!

MNPでNifMoに乗り換える場合、手元にSIMカードが届いてから自分で開通作業を行うようになっています。これ一見手間に見えますが、実はとっても便利なんです。

他社の格安SIMの場合、MNPの切り替え作業を行ってからSIMが発送されます。そのため、切り替え作業後からお手元に届くまでの数日間、ご自身のスマホは通信できない状態になってしまうのです。

最近は「固定電話を契約せず、電話はスマホだけ」という方も多いのではないでしょうか。数日間誰とも連絡が取れないなんて不便ですし、いざという時こわいですよね。だから、お手元で開通作業ができるNifMoは不通期間がゼロで、とっても便利なんです。

NifMo(ニフモ)のデメリット

ここまで、NifMoのいいところをたくさん紹介しましたが、デメリットについても触れておきます。

「NifMoでんわ」は割安だが評判はイマイチ

「NifMoでんわ」とは、月額1300円で国内電話がかけ放題になるオプションサービスです。非常に割安なサービスなのですが、実際に使われた方の評判があまり良くないようです。Google Playに使ったことがある人のレビューが記載されていますが、通話音声の品質に問題があると評価されています。

おそらく海外サーバーを経由して通話を行うために、音声の遅延が発生していることが原因と思われます。加えて、相手に非通知で着信したりする場合もあるようです。

ちょっと試してみたい場合も、利用開始月および、利用開始月の翌月から2カ月以内に契約解除を行った場合、契約解除手数料3000円がかかるので注意が必要です。

スマホセットが売れすぎで品薄状態

NifMoのスマホセットは大変人気で、さらにキャッシュバックキャンペーンを利用して購入するユーザーが多いためすぐに在庫が切れがちです。現在購入できるのは、以下の4機種ですが、端末によっては在庫がすぐになくなるものもあります。

特に「ASUS ZenFone 3」が人気なようで、頻繁に在庫切れになってしまいます。一度欠品になると、入庫までしばらく待つ必要があります。NifMoのスマホセットをご検討しているなら、在庫があるうちに申し込むことをおすすめします。

訪問レクチャーは割高

たくさんの割引サービスを提供しているNifMoですが、「訪問レクチャー」だけは要検討です。

「訪問レクチャー」は月額480円で初回レクチャー(60分)は無料で受けることができます。一見お得で手厚いサービスですが、実は24か月契約で、途中解約すると残契約月数分の利用料を違約金として払わされます。

無料になる初回レクチャーの実質的なお値段は1万2441円(税込み)に対し、月額480円×24か月=1万1520円なので、実はそんなにお得ではないのです。大手キャリアならもっと手厚いサポートを受けられる可能性が高いので、このオプションサービスだけは考えものですね。

NifMoの通信速度

東京都の新宿駅付近で実際に計測した通信速度を表にしました。

  • Ping: ピング=反応速度
    0ms~100ms 速い、100ms~200ms 普通、200ms~300ms 遅め、300ms以上~500ms 遅い、500ms以上 遅すぎ
  • ダウンロード: ダウンロード速度
    2Mbps以上 超速い、1Mbps~2Mbps 速い、0.6Mbps~1Mbps 普通、0.4Mbps~0.6Mbps 遅い、0.4Mbps未満 遅すぎ

計測時は平日の8時、12時、18時、21時の計4回計、ダウンロード速度が1Mbps以上あれば快適に使えるとみてください。計測月:2017年1月

時刻ダウンロードPing(ms)
8:1435.6929
12:331.3398
18:434.3350
22:1020.9836

現在の通信速度は格安SIM全体の中では中の上くらいの速度です。平日の昼間以外なら動画でもストレスなく視聴することができます。

NifMoの評判

NifMoのMNP方法

現在スマホを使っている方で現座と同じ電話番号を使いたいと考えている方はNifMoを新規契約する際にMNPという手続きが必要になります。

MNP方法は各キャリアの公式サイトに掲載されているのでよくわからない方はそちらを参考にしてください。

実際にNifMoを使ってみた感想

NifMoバリュープログラムで月額料金を節約できるのが地味にうれしいです。主にアプリのダウンロードで稼ぐことになるのですが、ダウンロードできる案件がAndroidアプリが4割くらい、iOSのアプリが6割くらいとiPhoneでもその他の端末でも変わらない感じでした。

無限に案件が沸いてくるわけではないので、月に節約できる料金は500円くらい(3GBプランだと音声電話をつけて月額1300円くらい)です。

NifMoでんわはインターネットの評判通りあまり音質が良くなかったので、楽天でんわなど代わりのアプリを使うことをおすすめします。無駄なオプションをつけなければ月額料金も安いのでおすすめできる格安SIMです。

-docomo回線の格安SIMを比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.