docomo回線の格安SIMを比較

【徹底比較】mineoとDMMモバイル、選ぶならどちらがオススメ?

投稿日:

最近は、大手キャリアではなく格安SIMを選択する方もだいぶ多くなってきました。今大手キャリアを契約している方でも「格安SIMでお得にスマホを使いたい」とお思いの方もいるのではないでしょうか?

しかし、格安SIMは本当に多くの会社が提供しているサービス。選択肢が多すぎて、どの会社を選べばいいかわからないという声をよく聞きます。

今回はそんな悩みを抱えた方たちに向けて、mineoとDMM mobileに焦点を絞り、それぞれのプランや特徴について比較検討していきます!

料金プランの比較

まずは、格安SIMで一番重要と言っても過言ではない、料金プランについて見ていきましょう。

mineoの料金プラン

マイネオはマルチキャリア対応のため、料金プランに関してもドコモプラン(Dプラン)とauプラン(Aプラン)の2つから選択することができます。

ドコモプラン(Dプラン)

タイプ月額料金
500MB1GB3GB5GB10GB
シングルタイプ

(データSIM)

700円800円900円1,580円2,520円
デュアルタイプ

(音声通話SIM)

1,400円1,500円1,600円2,280円3,220円

auプラン(Aプラン)

タイプ月額料金
500MB1GB3GB5GB10GB
シングルタイプ

(データSIM)

700円800円900円1,580円2,520円
デュアルタイプ

(音声通話SIM)

1,310円1,410円1,510円2,190円3,130円

料金設定は、ドコモプランの方がほんの少しお高めです。ただ、高いといっても100円にも満たない差ですし、mineoは他社と比べても特段高い料金設定というわけではないので、どちらのプランを選択しても損はないでしょう。

さらに、1GBプランに申し込んだ場合、初月のみ1GB追加され合計2GB使えます。初月は設定などでデータ通信を利用するシーンが何かと多いので、嬉しいポイントですね。

格安SIMのデメリットともいえる直近3日間の通信量制限に関しては、auプランは3GB以上使うと制限されますが、ドコモプランの場合は制限がありません。この点も、ドコモプランを検討中の方には魅力的ですね。

DMMモバイルの料金プラン

DMMmobileはドコモ回線を利用した格安SIM。業界最安価とユーザーから評判の料金プランが魅力です。データ容量も細かく設定されているので、ご自分のスマホ利用にぴったりのものを選べます。

シングルコース

プラン月額料金
ライト1GB2GB3GB5GB7GB8GB10GB15GB20GB
データSIM440円480円770円850円1,210円1,860円1,980円2,190円3,280円3,980円
音声通話SIM1,140円1,260円1,380円1,500円1,910円2,560円2,680円2,890円3,980円4,680円

ライトプランとは、通信速度は気にせずに、とにかく料金を安く抑えたいという方向けのプランです。最大通信速度は200Kbps(高速データ通信OFFのときと同等の低速)なので、データ通信を頻繁に利用する方にはあまりオススメできません。

DMMモバイルはライトプランに限らず、とにかく料金プランの価格設定が安いです。ただし、mineoのドコモプランと違って、3日間の通信量が合計366MBを超過すると、通信速度が制限される場合があるため注意が必要です。

とはいえDMMモバイルには、低速通信時でもはじめの一定量だけ高速通信で読み込みを行う「バースト機能」があるので、どのような状況下でも、テキストメインのサイトやSNSであれば問題なく利用できます。

料金プランの安価さはDMMモバイルが圧倒的!

どうしてもau回線を利用したいという方は、mineoのauプランを選択すれば間違いありません。ただ、利用回線にこだわりがない方や、ドコモ回線希望の方であれば、DMMモバイルの方が断然お得に利用できます。

ネットサーフィンもテキストメインのサイトが多いという方には、3日間の通信量制限もそこまで苦にならないのではないでしょうか。

通信速度の比較

格安SIMといえば「安いかわりに通信速度が遅い」とお思いの方も多いようですが、各社でその速度には大きな差があります。さらに、利用する時間帯によっても通信速度に違いがあるということをご存知ですか?

mineoのドコモプランとDMMモバイルに関しては、特に回線が混み合う平日のランチタイム・夕方以降の時間帯も比較的安定したデータ通信が行えると評判のようです。そこはやはり、ドコモ系回線ならではの強みといえるでしょうね。

mineoのauプランについては、混み合う時間帯は1mbps以下まで速度が落ち込むこともあるようです。学生や社会人の方にとっては、少し不便に思うシーンもあるかもしれませんね。

オプション機能の比較

次は、それぞれのオプション機能について見ていきましょう。

mineoのオプション機能

  • 5分かけ放題サービス(月額850円)
  • 端末安心保証サービス(月額370円)
  • 持込み端末安心保証サービス(月額500円)
  • 安心バックアップ(月額500円)
  • ウイルスバスター モバイル 月額版(月額270円)
  • 安心フィルタリング(月額350円)
  • メールウイルスチェック(月額200円)
  • スマホ操作アシスト(月額500円)
  • 訪問サポート(1回利用につき9,000円~)
  • LaLa Call(月額100円)

mineoは、セットで購入した端末だけでなく、前のキャリアからそのまま利用している端末に関する保証サービスも提供しているのが特徴です。多くの格安SIMでは、セット端末の保証オプションはあるものの、持ち込み端末の保証はされない場合が多いので、高額な端末を利用している方には魅力的なのではないでしょうか。

DMMモバイルのオプション機能

  • 5分かけ放題(月額850円)
  • 安心パック(月額500円※最大2ヶ月月額300円)
  • 端末交換オプション(月額350円)
  • セキュリティオプション(月額250円※最大2ヶ月無料)
  • DMM Wi-Fi byエコネクト(月額362円※最大2ヶ月間無料)
  • スマート留守電(月額290円※最大2ヶ月無料)
  • タブホ(月額500円※最大2ヶ月無料)

DMMモバイルは、利用開始月から最大2ヶ月間お得に利用できるオプション機能が豊富です。お試し感覚で気軽にオプションを付けることができるのは、格安SIM初心者には嬉しいポイントですよね。

オプション機能はどちらが良い?

格安SIMでは扱われていない場合もある「5分かけ放題オプション」は、どちらも月額850円で利用できるので、音声通話の利用が多い方はどちらを選んでも大丈夫です。

他にも両社とも魅力的なオプション機能が満載ですが、ここは「持ち込み端末安心保証サービス」を提供しているmieonoに軍配が上がるのではないでしょうか。

セット端末の種類比較

ここからは、それぞれのセット端末の種類について比較していきましょう。

mineoのセット端末

mineoでは、ドコモプランとauプランで合わせて8種類のセット端末から選ぶことができます。

  • HUAWEI nova
  • HUAWEI P9 lite(ドコモのみ対応)
  • ZenFone3
  • ZenFone3 Laser
  • ZenFone Go
  • arrows M03
  • HUAWEI MediaPad T2 8 Pro
  • Aterm(ドコモのみ対応)

DMMモバイルのセット端末

DMMモバイルは、最新機種から最安機種まで、15種類の幅広いラインアップから選ぶことができます。

  • ZenFone3 Max(ZC553KL)
  • HUAWEI nova lite
  • PIXI 4
  • VAIO Phone A
  • Moto G5 Plus
  • HUAWEI nova
  • HUAWEI nova lite
  • ZenFone3 Max
  • AQUZOS SH-M04-A
  • Mate9
  • ZenFone3 Laser
  • ZenFone3(ZE520KL)
  • arrows M03
  • Moto G4 Plus
  • ZenFone Go

セット端末の豊富さならDMMモバイル

せっかく格安SIMに乗り換えるなら、端末も新しくしたいという方も多いはず。そんな方には、やはり種類の豊富なDMMモバイルの方が魅力的なのではないでしょうか。

また、DMMモバイルの「PIXI 4」なら、一括払いでも10,000円(税抜)で購入できます。たいていのスマホ端末が3万円前後ということを考えると、破格のお値段ですよね。

mineoならドコモ回線とau回線を選べる

料金プランをご覧いただいてもお分かりいただけるとおり、DMMモバイルはドコモ回線のみですが、mineoはドコモ・au回線から選べるマルチキャリア対応の格安SIMです。au回線を利用した格安SIMはまだまだ少ない現状。「どうしてもau回線がいい!」とこだわりがある方は、mineoのauプランを検討してみてはいかがでしょうか?

さらに、マルチキャリアなら途中で回線を変更することができます。皆さんは、お住まいの地域や外出先によって「ここはドコモ(au)の電波が入りづらいなぁ」と感じたことはありませんか?

回線によってサービス提供エリアが違うために、電波の良し悪しが変わってしまうのですが、マルチキャリアならこの問題も解決することができます。たとえ転居などに伴ってスマホの電波が悪くなっても、回線を変更するだけで解消されるなら便利ですね。

まとめ

ここまで、mineo(マイネオ)とDMMモバイルについて比較してきましたが、いかがでしたか?

どちらもそれぞれ特徴的な格安SIMだということがお分かりいただけたのではないでしょうか。今現在、どこの格安SIMに乗り換えるか迷っている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

-docomo回線の格安SIMを比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.