musicplus

LINEモバイル

LINEモバイルのMUSIC+プランはお得なの?注意点をまとめました

更新日:

2017年の1月28日よりLINEモバイルは新しくMUSIC+プランを始めました。

こちらのプランは月額料金が多少割高になる代わりにLINE MUSICの通信量がカウントされないのでLINE MUSICが聞き放題になるというプランです。また、LINE MUSICだけではなくLINE、Facebook、Twitter、Instagramも使い放題になります。

一見するとお得なこちらのプランですが、すべての人に向いているというわけではないんです。

この記事ではすべての人がお得にLINEモバイルのプランを選べるようにMUSIC+プランが本当にお得なのか、注意点は何なのかを見ていこうと思います。

MUSIC+プランとは

MUSIC+プラントは先ほども説明したようにLINE MUSICにかかる通信量がカウントされないという内容のプランです。音楽を聴くのにかかる通信量だけではなく、音源のダウンロードや歌詞の閲覧、楽曲検索といったような機能もすべてカウントフリーになります。

LINE MUSIC事態の契約料が無料になるわけではないのですが、地味に通信量を食うLINE MUSICの通信量が0になるのはお得だといえます。

現在カウントフリーになるのはLINE MUSICだけですが、公式サイトによるとサービスは順次拡大していくようです。つまり、Apple MusicやSpotify、Prime Musicといったような他社の音楽ストリーミングアプリもカウントフリーになる可能性があり、他社格安SIMのプランと比較しても有力な選択肢になりそうです。

MUSIC+プランのここがお得

LINE MUSICを使うならお得

LINE MUSICを普段から使っているのであればLINE MUSICの通信量がカウントされないので、かなりおすすめのプランになります。

ちなみにLINE MUSICは常に音楽をダウンロードしながら曲を再生しているので長時間音楽を聴いているとたくさんの通信量が発生してしまいます。

高音質にしてLINE MUSICで音楽を聴くと1時間で120MB程度の通信量が発生します。一カ月の間毎日1時間音楽を聴くと単純計算で3.6GBの通信量が発生します。

WiFi環境下で音楽を再生するのであれば問題ありませんが、LINE MUSICを使う場面は家ではなく通勤・通学中や外出先といったようなWiFiが使えない状況で使うことが多いかと思います。

つまり、LINE MUSICを日常的に使っている人は毎日1時間音楽を聴くだけで月1.5GBの高速データ通信量が発生してしまうことになり、LINEモバイルのLINEフリープラン(月1GB)では通信量をオーバーして低速になってしまい使い物にならなくなります。

3GBプランを契約した場合でも半分の容量がLINE MUSICに費やされてしまうことになり、他のアプリを考えるとかなり厳しいと言わざるを得ません。

単純に通信量を多いプランを契約すれば問題ないのですが、月額料金が高くなってしまうのでLINE MUSICやSNSをよく使うのであれば通信量の多いプランを選ぶよりも安いMUSIC+プランを選ぶ価値はあります。

30日間無料になる

MUSIC+プランを新規契約すると月額960円かかるLINE MUSICのプレミアムプランが無料でもらえます。

また、LINE MUSICをまだ使ったことのない方は無料になるチケットが別でもらえるためそちらと合わせることで3カ月の間LINE MUSICを無料で使い続けることができます。

SNSも使い放題

MUSIC+プランは冒頭でも説明したようにLINE MUSICの通信量がカウントされないだけではなくLINE、Twitter、Facebook、InstagramといったSNSのカウントもフリーになります。

LINEは文章だけのやり取りでは対して通信量は消費しませんが、音声通話やビデオ通話をしたり画像を送信するとかなり通信量を食うのでSNSがカウントフリーになると月の通信量をそこそこ節約できます。

Twitterでも同じことが言えて、画像の読み込みや動画の再生を行うとかなり通信量を食います。

3か月間通信量が3GB増量

現在キャンペーン中につき月の通信量が3GB増えるのが3か月間続きます。3GB×3か月で計9GBの通信量が無料でもらえることになるのでLINEモバイルを契約しようと考えている方はこのキャンペーン期間中に契約することをお勧めします。

また、現在キャリアで5GB以上のプランを契約している人はキャンペーン期間中にMUSIC+プランやコミュニケーションフリープランを契約してどれだけ通信量を節約できるのか確認してからプランの変更をするといったような使い方ができます。

こちらのキャンペーンは2017年の3月31日までです。

[btn]>> LINEモバイルの申し込みはこちらから[/btn]

MUSIC+プランの注意点

LINE MUSIC」の料金は別途必要

一つ目の注意点としてはLINE MUSIC自体の契約料金は無料にならないという点です。LINE MUSICの契約料金はベーシックプランが500円/月(20時間再生)、プレミアムプランが960円/月(無制限再生)となっているので注意が必要です。

プランの名前的にもLINE MUSIC自体の契約料金が無料になると勘違いされている方も多そうなのでこのポイントはしっかりと押さえておきましょう。

音楽再生時には通信速度が遅くなる

LINE MUSICは音楽をストリーミング再生している際には通信速度を低速に制限しているようです。公式サイトにも小さく記述されていますし、サポートセンターに確認してみても音楽再生時は低速にしているとの回答をいただきました。

しかし、音楽の再生自体は低速でも問題なく行えるのでこの点は気にする必要はないです。

ある程度LINE MUSICを使わないと意味がない

MUSIC+プランの契約料金は3GBプランの通話SIMで月額2390円、5GBプランで2790円となっています。

通常の通話SIMが3GBで1690円、5GBで2220円なことを考えるとある程度LINE MUSICを使わなければ無駄に高い月額料金を払うことになります。

ちなみに、LINE MUSICの一曲当たりのデータ通信量は8MB程度なので曲程度曲を聴けば300×8MB=2.4GBとなり月に300曲程度聴けば元を取ることができます。

月300曲を一曲4分と換算して毎日の音楽再生時間に置き換えると毎日40分程度LINE MUSICを聴く人にとってはMUSIC+プランはお得だといえますね。これより少ない時間しかLINE MUSICを使わない場合は通常のプランのほうがお得になるのでMUSIC+プラン以外を検討することをお勧めします。

SMS機能なしのデータ通信SIMは選べない

この点はLINEモバイルの他のプランにも言えることなのですが、MUSIC+プランではSMS機能がついていないデータSIMを契約することができません。音声SIM以外のプランを契約しても必ずSMS機能が付いてきます。

他社の格安SIMのプランではSMS機能がない代わりに月100円から150円安くデータSIMを契約できるのですが、LINEモバイルではそれができないので注意が必要です。

まとめ

AWAを皮切りに最近サービスを提供する会社が増えてきた音楽ストリーミングサービスは地味に通信量を食うので、MUSIC+プランのようなカウントフリーになるプランはスマホで音楽ストリーミングアプリを使う人にとってはかなりお得なプランです。

また、キャリアにはこのようなプランはないのでフットワークの軽い格安SIM特有のプランだともいうことができます。

まだキャリアと契約している人はこれを機会に格安SIMに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

-LINEモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.