LINEモバイルの10分電話かけ放題オプション

LINEモバイル

LINEモバイルの10分電話かけ放題オプションとは?注意点や申し込み方法を解説

投稿日:

LINEモバイルが提供する10分かけ放題とはどのようなプランなのか気になっている方も多いのではないでしょうか?この記事では料金や月どれくらい通話するとお得になるのかも詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

LINEモバイルの10分電話かけ放題オプションとは?

10分かけ放題とは、LINEモバイルが提供するオプションの1つで、月額880円で10分以内の通話なら回数に制限なくかけ放題になるサービスです。

LINEモバイルの10分電話かけ放題の月額料金

10分かけ放題オプションの月額使用料金は880円となっています。10分かけ放題オプションは他の格安SIMでもありますが、それらと比べて料金はどれほどの差があるのでしょうか?

比較したのが下記の表となります。

月額料金
IIJmio830円
LINEモバイル880円
NIfMo830円
OCNモバイルONE850円
mineo850円

他のMVNOの10分かけ放題オプションの金額と比べると少し高くなっています。

LINEモバイルの10分電話かけ放題のメリット

月額880円で10分以内の国内通話がかけ放題になる

「10分かけ放題サービス」の最大のメリットは、先ほども触れた通り10分以内の通話なら回数に制限なくかけ放題な点です。10分を超えそうな場合は、面倒かもしれませんが、10分以内に一度通話を終了して、もう一度かけ直せば月額料金である880円以上の通話料金がかかる事はありません。

月額料金は880円なので、30秒20円で計算するとひと月に44分以上通話をするのであれば「10分かけ放題サービス」に加入した方が得となります。

10分を過ぎても半額になる

LINEモバイルの通常通話料金10分かけ放題加入の場合
30秒20円30秒10円

またLINEモバイルの通話料金は通常30秒20円ですが、「10分かけ放題サービス」に加入した場合は、10分を超えた場合でも通話料が半額の30秒10円です。半額になると言うのは思っているより効果が高く、例えば30分オーバーした場合でも、通常なら1,200円かかるところが「10分かけ放題サービス」なら600円で済むこととなります。

これであれば、多少長電話となってしまっても、安心して通話を続けることが可能です。

非通知でも発信できる

電話番号の前に、「184」をつけて発信すると通常の通話と同じように非通知になります。なお非通知の場合も、「10分電話かけ放題」はきちんと適用されます。

最低利用期間がない

LINEモバイルの10分かけ放題オプションには、最低利用期間や違約金のようなものは一切ありませんので、不要だと思えばすぐに解約することが出来ます。

通話音質がいい

通話音質

LINEモバイルの10分電話かけ放題オプションは、NTTコミュニケーションズが提供するプレフィックス回線サービス「0035でんわ」を利用しています。

相手の電話番号の前に「0035-45」をつけてNTTコミュニケーションズを経由することで、通話料金を安くしているのです。大手キャリアのようにそのまま電話網を利用して通話をすることが出来ないため、このプレフィックス方式は音質が問題点なのですが、

概ねエリア内かつ電波状況がよければ、プレフィックス回線ではないキャリア回線の音声通話とあまり変わらない品質で通話できます。通話品質が悪いと感じられる場合は、場所を移動して電波状況を確認してみましょう。もし、いつでも状況が悪い場合は、他の原因を考える必要があります。

LINEモバイルの10分電話かけ放題のデメリット

料金が日割り計算ではない

10分電話かけ放題オプションは利用開始月はほとんどの場合に月途中からの利用になりますが、月額料金は日割り計算されず満額請求されますので、申し込むなら月初に申し込んだ方がお得となります。

また解約時はいつ解約しても当月の末日まで利用することが出来ます。

家族間の割引などはない

家族

家族同士なら長時間の通話も無料になるようなかけ放題サービスなどは良くありますが。LINEモバイルでは家族間のサービスは特になく、家族同士でも普通に通話料金がかかります。

家族間であればLINEアプリの通話機能を使うなどして通話料を抑えられるので、特筆するほど不便ではありません。

緊急番号に発信できない

緊急番号

110番や119番などの緊急通報やフリーダイヤル、ナビダイヤルに電話をかけることはできません。

もし、110番や119番などの緊急通報やフリーダイヤル、ナビダイヤルに電話をかける必要がある時は、スマホ端末に初めから入っている通話アプリから電話をかけなければなりません。

通話して10分経過した時の通知がない

10分を超えてしまうと半額とはいえ通話料金が発生してしまうので、10分を超過した場合アラームで知らせてくれる機能がついた、格安SIMもありますが、LINEが提供するアプリ「いつでも電話」にはその機能が付いていないので、通話時間を確認せずに通話を続けていると10分を超えてしまうことも起こり得ます。

オプション料金と通話料の請求タイミングが違う

少しややこしいのですが、「10分電話かけ放題」オプション料の請求と10分を超過した際に発生する通話料の請求にはズレがあります。

「10分電話かけ放題」オプション料金翌月請求
超過分通話料翌々月請求

となりますので、例えば、4月の請求には3月分のオプション料と2月分の通話料が含まれることになります。通話料の請求は1ヶ月遅れになるので注意しましょう。

LINEモバイル以外のユーザーは使えない

LINEモバイル

10分かけ放題を利用する場合LINEモバイルが提供する専用の「いつでも電話」というアプリを使って通話することで10分かけ放題が適用されます。このいつでも電話はLINEモバイルユーザーしか利用出来ないため、必然的に10分かけ放題もLINEモバイル以外のユーザーが使用することは出来ません。

またいつでも電話を使用せずに通話した場合は、通常の通話料金である30秒20円がそのままかかってしまうので、必ずいつでも電話を経由して通話を行うようにしましょう。

わざわざアプリから通話するのはなんだか面倒だと思う方もいると思いますが、スマホ最初から入っている通話アプリの代わりにいつでも電話を使用するだけなので、慣れればそこまで面倒ではありません。

また「いつでも電話」アプリを利用しないで、10分かけ放題を適用する場合は、相手の電話番号の前に「0035-45」をつければオプションが正常に適用されます。

LINEモバイルの10分電話かけ放題がおすすめな人

  • 月44分以上通話をしている人
  • ビジネスで使用する人
  • 予約や問い合わせを良くする人

まとめると通話機能を良く使用する人にはおすすめです。しかし月を平均で見て明らかに44分以下の通話が多い方は契約しても損をしてしまうので、先に自分がどれくらい通話しているか過去の請求履歴から確認してみましょう。

またビジネスで使用する人は、自分の番号を通知されるので、この10分かけ放題でも全然問題なくお得に通話することが出来ます。

LINEモバイルの10分電話かけ放題の申し込み方法

新規申し込みの場合は、プラン選択、容量選択、端末セットの有無、SIMカードサイズ選択等を行った後に、オプション選択のところで「10分かけ放題オプション」を選べば適用されます。

新規契約の場合は「10分かけ放題登録完了のお知らせ」と言うメールが届いてから、オプションが適用されますので、そのメール以前の通話は通常の料金が発生してしまうので注意が必要です。

途中加入の場合は[マイページ]>[プランオプション]>[オプション情報]>[変更する]から手続きできます。

まとめ

  • 10分以内の会話が何回でもかけ放題になる
  • 10分を超えた通話も半額になる
  • かけ放題だが通話音質は問題ない
  • アプリから通話しないと適用されない
  • 一部発信できない番号がある
  • 月44分以上通話しないと損する

この記事の内容をまとめると上記のようになります。良く通話する方はいつでも解約できるので、一度使用してみてから、いらないと思えばすぐ解約することも可能です。

-LINEモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.