LINEモバイルの評判と詳細情報

LINEモバイル

LINEモバイルのサービスが開始されてある程度時間が経過したので信頼できる口コミが集まってきました。この記事ではネットの口コミと契約前に知っておきたいこと、ほかの格安SIMと比較した際のメリットとデメリットについて詳しく解説します。

LINEモバイルのプラン・契約料金

 プラン名料金/月通信量
LINEフリープラン(データSIM)500円1GB
コミュニケーションフリープラン(SMS機能付きデータSIM)1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
コミュニケーションフリープラン(通話SIM)1690円3GB
2220円5GB
2880円7GB
3220円10GB
MUSIC+プラン(SMS機能付きデータSIM)1810円3GB
2140円5GB
2700円7GB
2940円10GB
MUSIC+プラン(通話SIM)2390円3GB
2720円5GB
3280円7GB
3520円10GB

この他に契約時にかかる初期手数料が3000円、音声電話機能のついたSIMを契約後12カ月以内の解約した場合手数料が9800円かかります。

なお、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランはデータSIMであってもSMS機能が自動的についてきます。プランの選び方についてはLINEモバイルのプランの選び方を参考にしてください

オプション料金

  • LINEフリープランにSMS機能をつける場合 月額料金+120円/月
  • LINEフリープランにSMS機能+音声電話機能をつける場合 月額料金+700円/月
  • 音声電話通話料金 30秒20円
  • SIMカード再発行/サイズの変更/交換 3000円
  • 留守番電話 300円/月

3日間通信制限について

UQモバイルや楽天モバイルといったような一般的な格安SIMの場合、高速データ通信を使いすぎた場合(3日間で1GBなど)通信速度が低速の200Kbpsに制限されるのですが、LINEモバイルでは現在そのような制限は行っていない模様です。

プランごとの通信量を使い切るとキャリアと同じように低速の200Kbpsに制限されるので注意してください。

テザリングについて

LINEモバイルではキャリアのSIMと同じようにテザリングを行うことができます。また、コミュニケーションフリープランについてはPCやタブレットなどほかの機器でLINEやTwitter、FacebookやInstagramを使った場合でもこれらの通信量はカウントされません。

MUSIC+プランでも同じでテザリングをしている状態でLINE MUSICを使うとその分の通信量はカウントされません。

 LINEモバイルの動作端末について

現在キャリアのスマホを使っている方の場合docomoのスマホであればSIMロックを解除すれば現在のスマホをそのまま使うことができます。SIMロックの解除は今使っているスマホを持ってdocomoショップに行けばOKです。

auとsoftbankのスマホはSIMロックしてもLINEモバイルでは使うことができません(MNP手続きをとれば電話番号はそのまま使うことができます)。

その他格安スマホ等の動作確認はLINEモバイル公式サイト→端末→動作確認済み端末からチェックできます。

LINEモバイルのメリット

9GBプレゼントキャンペーンがお得

LINEモバイルにおいて、3月31日までに「コミュニケーションフリープラン」というものに申し込みをすると、最大3か月間、毎月3GB分のデータ通信容量を増量してもらうことができます。

この「コミュニケーションフリープラン」というのは、LINE・Twitter・Facebook・InstagramのようなSNSにかかるデータ通信はカウントされません。そのため、SNS以外でもたくさんのデータ通信容量を消費する方もどのくらい消費するかわからないという方も安心して利用することが可能です。

LINEなどの通信がカウントフリー!

LINEモバイルの最大の目玉となる機能は「カウントフリー」です。「カウントフリー」というのは、特定のサービスつまりアプリにおいて通信量をカウントしないという機能のことをいいます。

LINEモバイルというのは、LINEの運営するものですので、サービス対象になるのはもちろんLINEです。そして、先ほども紹介した「コミュニケーションフリープラン」に申し込んだ場合には、LINEの他にも、Twitter・Facebook・Instagramもカウントフリーの対象となります。

この対象サービスの中でも、どのような通信がカントフリーになるかというのは細かく決められています。それぞれのサービスにおいて、カウントフリーになる通信について紹介していきます。

  • LINE:トーク、スタンプ・画像・動画の送受信、タイムライン画面の閲覧・投稿、無料通話・ビデオ通話など
  • Twitter:タイムライン・DMの表示・投稿、ニュース・通知の表示など
  • Facebook:タイムライン・ニュースフィードの表示・投稿、お知らせ表示など
  • Instagram:タイムライン・ストーリーの表示・投稿、検索結果の表示、アクティビティ、ダイレクトメッセージなど

ただし、ここで挙げたカウントフリーのうち、Facebook Live、Facebookが提供するMessenger、Twitterのライブストリーミング動画は対象外となっています。

それぞれのサービスで対象となる通信が違っていますが、どのサービスにおいても数多くの通信が対象になっています。

とくに、データ通信量の多いLINE無料電話やスタンプ、画像、動画までカウントフリーになるというのは、利用する側からすると大きなサービスです。

画像や動画のデータ量というのは、テキストのデータ量に比べてはるかに大きいです。そのため、カウントフリーでなかった場合、月々の利用可能データ通信量を圧迫していたと思われます。

そんな中でのLINEモバイルの開始は、ユーザーの期待を裏切らない素晴らしいサービス内容と言えます。

万が一月々の高速データ通信量を使いきってしまった場合でも、カウントフリーの対象になっている通信であれば、速度制限を受けることなく、高速な通信のまま利用することができるので、うれしいですね。

LINEモバイルの「カウントフリー」機能を実現させるためには、ユーザーによる通信内容の一部を通信事業者側が確認する必要があり、利用者の「通信の秘密」を侵害する行為に当たってしまいます。

そのため、「カウントフリー」機能を利用するにあたって、LINEモバイルでは契約時にユーザーから個別に明確な形で通信内容の一部を通信事業者側が確認することに対しての同意を得るようになっています。

このようにLINEモバイルでは、ユーザーに対しての説明がきちんとされた状態でのサービス提供となっているので、信頼性が高いです。

通信速度が速い

この記事の後ろのほうで新宿駅で計測した速度を掲載しているのでそちらを見ればわかりますが、LINEモバイルは通信速度がかなり速いです。

現段階では、リリース直後ということもあり、ユーザー数が少ないということが通信速度に影響していると考えられますが、安定して高スピードで通信することができるので、非常に魅力的に感じます。

LINEの年齢認証ができる!

これまで、大手キャリアにできて格安SIMにできないことがありました。それは、「年齢認証ができない」ということです。

そのため、LINEでは年齢認証ができず、問題として取り上げられていました。しかし、LINEモバイルはLINEが運営するものであるため、年齢認証の問題を解決しているのです。

年齢認証ができるようになった代わりに、データSIMではありますが、契約時に本人確認書類が必要となりました。「年齢認証ができる」ようになったため、ID検索も問題なくできるようになりました。

そのため、これまで格安SIMに切り替えることをためらっていた方でも、これなら問題なく楽しむことができます。また、LINEのアカウントを作るときにも、SMS認証を飛ばすことができるため、スムーズに利用することが可能となりました。

LINE MUSICが使い放題になるMUSIC+プラン

2017年の1月18日より新しく開始されたMUSIC+プランは通常のプラン+700円でLINE MUSICが使い放題になるプランです。

LINE MUSICなどの音楽ストリーミングアプリは通信量を食いがちなのでこういったプランの存在はかなりありがたいです。普段からLINE MUSICを使っている方はMUSIC+プランを検討する価値ありです。

若い人、学生向けに価格とセキュリティ面で優しい

LINEフリープランのデータ専用SIMを利用する場合1GBの高速データ容量がついて、月額500円とお手頃価格です。090の番号はありませんが、LINEを使って通話することができるので、これで十分ともいえます。

そして、LINEモバイルは無料でフィルタリングアプリを利用することもできるのです。端末はiPhoneアンドロイドWindowsのパソコンどれでも設定可能です。

主な機能は次の3つです。

  1. 子供の年齢をチェックすることで、自動的に適切なサイトを見れる・見れないとフィルタリングが適用される
  2. 他のPCから子供の検索履歴などを確認することができる
  3. 長時間スマートフォンを利用することを制限できる

年齢の低い方の利用率が高いLINEモバイルは、学生や小さな子供が利用する場合にも、利用しやすいような工夫がなされています。

あとは、GPS機能がついている端末を使っていればどこにいるのかを確認することもできて安心です。

契約者と利用者を区別して運用が可能

LINEモバイルを使うときに、契約者と利用者を区別することが可能です。例えば、子供にLINEモバイルを使わせたいという場合、契約者は親、利用者は子供といったように分けることができるのです。

この契約者と利用者は同一人物であってももちろん大丈夫です。

自分自身でLINEモバイルを使うといった場合には、利用者と契約者が同じになります。

マイページにログインをしたり、LINEポイントの付与を受けたりするのは契約者になります。利用者は、データ残量を確認したり、データプレゼントを受けたりします。

契約者・利用者の登録については、それぞれにLINEアカウントを紐づけることによって行う仕組みとなっています。

LINEモバイルのデメリット

口座引き落としがない(コンビニ支払いで代用可能)

LINEモバイルの支払方法はクレジットになります。BIGLOBE SIM楽天モバイルのように口座引き落としによる支払いはできないようになっています。そのため、クレジットを発行できない学生にとっては口座引き落としができないというのはデメリットに感じるかもしれません。

口座引き落としができないことへの対処法として、「LINE Pay」という支払方法があります。

これは、「LINE Pay」にあらかじめお金をチャージしておき、支払いに活用できるというプリペイドシステムになります。そのため、身近にあるコンビニでチャージすることも可能なので、支払いが楽になります。

端末保証サービスがない

現在、LINEモバイルでの端末保証はメーカーでの補償のみとなっています。格安のスマートフォン会社で多いのは、500円程度のオプションで、紛失・盗難・落下・水没などに対応するというものです。

しかし、LINEモバイルにはこのようなオプションもありません。

個人的にはスマホには手帳型ケースをつければ画面が割れる可能性はかなり低くなるので無理に端末保証をつける必要はないと思いますが、どうしても端末保証が欲しい場合は、「スマホ保険」と検索するとスマホ保険を提供しているサービスが出てくるので、そちらを契約すれば別途で補償を付けることが可能になります。

もちろん別途契約料金がかかりますので自分の財布とよく相談しましょう。

LINEモバイルに移転する(MNP)方法

現在スマホ、もしくはガラケーを使ってる方で電話番号は現在と同じままでLINEモバイルを新しく契約しようと考えている方はMNPを行う必要があります。

MNP方法は基本的にはキャリアに電話してMNP予約番号を貰い、LINEモバイルを契約する際に入力すればOKです。各キャリアのMNP方法は以下の通りです。

auからLINEモバイルにMNP

携帯電話、一般電話ともに0077-75470に電話(受付時間9時~20時まで)、もしくはauお客さまサポート → 申し込む/変更する。詳細はau公式サイト で確認できます。

docomoからLINEモバイルにMNP

携帯電話の場合151、一般電話の場合は0120-800-000に電話(受付時間9時~20時まで)、もしくはMy docomo → 各種お申し込み・お手続き(24時間対応)。詳細はdocomo公式サイト参照。

SoftbankからLINEモバイルにMNP

携帯電話、一般電話ともに0800-100-5533に電話(受付時間9時~20時まで)、もしくはMy Softbank → 各種変更手続き(受付時間9時~21時30分まで)。詳細はソフトバンク公式サイト参照。

ワイモバイルからLINEモバイルにMNP

STREAM S、Nexus 5、ARROWS S、AQUOS PHONE ef、DIGNO DUAL 2、AQUOS PHONE es、STREAM、DIGNO DUALを使っている場合0570-039-157、Nexus 5、ARROWS Sを除く旧EMOBILEスマートフォンを使っている場合0120-736-157(受付時間9時~20時まで)、もしくはMy Ymobileから手続き(24時間対応)。詳細はワイモバイル公式サイト参照。

モバイルの通信速度

東京都の新宿駅付近で実際に計測した通信速度を表にしました。

  • Ping: ピング=反応速度
    0ms~100ms 速い、100ms~200ms 普通、200ms~300ms 遅め、300ms以上~500ms 遅い、500ms以上 遅すぎ
  • ダウンロード: ダウンロード速度
    2Mbps以上 超速い、1Mbps~2Mbps 速い、0.6Mbps~1Mbps 普通、0.4Mbps~0.6Mbps 遅い、0.4Mbps未満 遅すぎ

計測時は平日の8時、12時、18時、21時の計4回計、ダウンロード速度が1Mbps以上あれば快適に使えるとみてください。計測月:2016年12月

時刻ダウンロードPing(ms)
8:1628.6929
12:3616.333
18:3316.2330
22:1331.3629

サービス開始直後なのでWiFi並みの速度が出ています。このままの速度が維持されればキャリア並の速さの通信速度が出ることになりますが、格安SIMはユーザー数が増えるにつれて通信速度が不安定になるケースが多いので現在の速度は仮の数値だと思っておいてください。

個人的な意見ですが、LINEは大企業ですし、MVNOという業界自体が成長途中にある(携帯電話市場における競争政策上の課題について|公正取引委員会 参照)ので新規参入会社と競争するためにも現在の通信速度をある程度は維持してくれる可能性は高いとは思っています。

LINEモバイルのプランの選び方

音声電話を使いたい方は音声通話SIMを申し込むかLINEフリープランに音声機能をつけるようにしてください。

MUSICフリープランはLINEミュージックの通信量がカウントされないプランで、普段からLINE MUSICを使っている人はこのプランにして通信量の少ないプランに申し込むとよりお得になります。

データ通信量は普通に使うのであれば3GBあれば足ります。外出先でYoutubeで動画を長時間視聴したい人や家でWiFiが使えない方はデータ通信量が多いプランを契約するほうがおすすめです。

LINEフリープランに音声電話機能をつければ月1200円でキャリアと契約した時と同じようにスマホ使えますが、データ通信量が少ないのでスマホをあまり使わない方でないと月末は厳しいかもしれません。

LINEモバイルの評判

実際にLINEモバイルを使ってみた感想

LINE、Twitter、Instagramのデータ通信量がカウントされないのでSNSを多く使う人(特に画像・動画の送信)はお得に使えます。

格安SIMで年齢認証ができるのはLINEモバイルだけですが、LINEのID検索を使う機会はあまりないので大きなメリットにはならないかもしれません。

しかし、出会い系のサイトやアプリを使う場合はLINEの年齢確認が必須なので出会い系のサイトやアプリを使いたい場合はLINEモバイル以外の選択肢がなくなります。

2017年1月現在行われているキャンペーンがかなりお得なので申し込むなら今がチャンスです。

1 個のコメント

  • できるだけクレカ使いたくなかったのでLINE Pay+visaデビットで契約。
    船橋(千葉県)で使ってますが、通信速度は今のところかなり速いです。このまま通信速度が変わらなかったらかなりおすすめ。

    SNSの通信量がカウントされないのは動画をアップロードする以外あまりメリットを感じませんでした。突然つながるなくなるなどの不具合は今のところはなし。
    サポートにも電話してみましたがすぐに繋がりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です