BIGLOBE SIM

docomo回線の格安SIMを比較

LINEモバイルとBIGLOBE SIMはどっちがお得?両MVNOを徹底比較!

投稿日:

最近は「格安SIM」という言葉もずいぶんメジャーになり、一度も聞いたことがないという人もだいぶ減ってきたように感じます。

そんななか、MVNO業界では少しでも多くのユーザーを獲得するため、各社がそれぞれ特徴的な料金プランやサービスを提供するなど、日々激戦が繰り広げられています。ユーザーにとっては、そんな状況を嬉しく思う反面、「どの格安SIMも魅力的で選べない!」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな方に向けてLINEモバイルとBIGLOBE SIMに焦点を絞り、それぞれの特徴やプランについて徹底比較していきます!

料金プランの比較

格安SIMへの乗り換えを検討する1番の理由は、何と言っても「月額料金を安くしたいから」という方がほとんどですよね。

まずは、それぞれの料金プランを参考に、どちらがよりお得にスマホを利用できるか見ていきましょう。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プランは以下の3つです。

LINEフリープラン

プラン月額料金(1GB)
データSIM月額500円
データ+SMS付きSIM月額620円
音声通話SIM月額1,200円

1GB+LINEアプリの通話とトークがデータ通信量カウントフリーのこちらのプランは、スマホではLINEでのメッセージのやり取りがほとんどという方にオススメ。

コミュニケーションフリープラン

プラン月額料金
3GB5GB7GB10GB
データ+SMS付きSIM1,100円1,640円2,300円2,640円
音声通話SIM1,690円2,220円2,880円3,220円

SMS機能付きSIMまたは音声通話SIMのどちらかから、さらに3~10GBの中から好きな容量を選ぶことのできるプランです。

LINEはもちろん、Twitter、Facebook、Instagramがカウントフリー対象アプリとなっており、万が一データ容量を超えてしまった場合でも、対象のアプリなら高速通信が可能です。

MUSIC+プラン

プラン月額料金
3GB5GB7GB10GB
データ+SMS付きSIM1,810円2,140円2,700円2,940円
音声通話SIM2,390円2,720円3,280円3,520円

コミュニケーションフリープランの対象アプリと合わせて、LINE MUSICもカウントフリー対象アプリのプランです。スマホでコミュニケーションを取りながら、音楽も楽しみたい方に最適です。

LINEモバイルの最大の魅力は何といっても「カウントフリー」システムですよね。SNSなどのコミュニケーションアプリを頻繁に利用する方は、このシステムがあればデータ容量を気にせずに気軽に連絡を取ることができますね。

また、LINEモバイルは月額料金が初月無料です。乗り換え前のキャリアなどでの事務手数料や端末代金の支払いがある方には、とても有り難いサービスなのではないでしょうか?

BIGLOBE SIMの料金プラン

ビッグローブの料金プランは以下の通りです。

プラン月額料金
1GB3GB6GB12GB20GB30GB
データSIM900円1,450円2,700円4,500円6,750円
SMS付きSIM1,020円1,570円2,820円4,620円6,870円
音声通話SIM1,400円1,600円2,150円3,400円5,200円7,450円

BIGLOBE SIMは、大容量のデータ通信プランまで扱っているところが最大の特徴です。また、ビッグローブSIMについても月額料金が初月無料。

他社から乗り換えると2社のスマホ料金の支払いが重なってしまい、「初月はお財布が苦しい・・・」という方が多いのですが、ビッグローブSIMに関してもその心配がいりません。

どちらがお得?

2社でシステムが違うので単純に比較することはできないのですが、一番需要があるといわれている3GBのデータ容量に絞って比べると、BIGLOBE SIMの方がお得といえるのではないでしょうか。LINEモバイルのコミュニケーションフリー3GBプランと比べると、100円弱、BIGLOBE SIMがお安いです。

ただ、LINEモバイルの方が料金プランが割高といっても、本当に少しの差ですし、外出先などでSNSアプリの利用が多いという方は、カウントフリー機能があった方が便利です。

単純に料金だけで決めず、ご自分の利用シーンに合ったプランがあるMVNOを契約した方が、後々お得かもしれませんね。

通信速度の比較

格安SIMといえば、時間によって遅くなる通信速度が数少ない弱点ですよね。その点に関しても、今回ご紹介している2社はどちらとも比較的安定した通信速度を維持し、ユーザーからも好評のようです。

ただ、LINEモバイルに関してはサービス開始からそこまで経っていません。シェア数が少ないため、通常なら混み合う時間帯でも利用者が殺到せず、高速なデータ通信が行えているということも考えられます。

そういったことを考慮すると、今まで何度も回線メンテナンスを繰り返し、シェア数が多いにも関わらず安定したデータ通信を提供し続けているBIGLOBE SIMの方が、今のところ安心かもしれません。

オプション機能の比較

LINEモバイルのオプション機能

LINEモバイルは、どのSIMカードに関しても月額450円の追加料金で端末保証オプションをつけることができます。

音声通話SIMについては、留守番電話機能を月額300円で付けることが可能。ただし、通話定額プラン(かけ放題)などの追加オプションはないので、音声通話を使うことが多い方は不便に思うこともありそうですね。

BIGLOBE SIMのオプション機能

ビッグローブSIMは、音声通話に関するオプションが豊富です。「BIGLOBEでんわ 通話パック60」というオプションを追加すると、1,200円分の通話(最大60分)が月額650円で利用可能になります。

「BIGLOBEでんわ 3分かけ放題」では、額650円で3分以内の通話が何度でも可能。格安SIMではあまり見かけない通話定額オプションやかけ放題オプションがあるところが、ビッグローブSIMの強みといえます。また、端末保証やセキュリティ面のオプションも充実しています。

セット端末の種類比較

せっかく格安SIMに乗り換えるなら、ついでにスマホ端末も新しくしたいという方も多いはず。ここからはそれぞれのMVNOで取り扱っているセット端末をご紹介いたします。

LINEモバイルのセット端末

低価格な端末から防水機能搭載の最新端末まで取り揃えています。

HUAWEI nova lite/Media Pad T2 7.0 Pro/P9 lite

比較的安価なこちらのシリーズは、スマートフォンとタブレットの良いとこ取りをしたような便利な機能が満載。

P9 liteに関しては指紋認証システムも搭載しており、使い勝手の良さと、25,000円以内というお手頃価格が人気のシリーズです。

arrows M03

最新の防水機能を搭載した「arrows M03」は、バッテリー持ちの良さに関しては右に出るものはいないと言っても良い、優れたスマホです。

3日間充電しなくても問題ない大容量バッテリーを採用しており、旅行や出張などの機会が多い方にもオススメです。ワンセグ内臓なのも、外出が多い方には嬉しいポイントですね。

ZenFone™ 3

高スペックなカメラ機能を搭載した「ZenFone™ 3」は、スマホでの思い出作りにも最適。

LINEモバイルならカウントフリー機能があるため、いつでもどこでもSNSに撮影した高画質な画像をUPできます。お値段は39,800円と少しお高めですが、その優れたスペックを考えると納得です。

ZTE Blade E01

こちらの端末の一番の魅力は何といっても、そのコストパフォーマンスの良さです。5インチHDディスプレイを搭載しているにも関わらず13,800円という安さには、特に学生の方などには大助かりなのではないでしょうか。

BIGLOBE SIMのセット端末

ビッグローブでは、上でご紹介した「ZTE Blade E01」以外の端末だけでなく、多くのスマホや、なんとiPhone6もセット端末として販売しています。

ZenFone 3 Max (ZC553KL) 5.5インチ

Maxの名のとおり、電池容量4,100mAhとスマホでは最大クラスの電池を搭載したスマホです。

一日通してフル稼働させても大丈夫なほど電池の持ちがよく、外出や出張などが多い方にも安心です。また、モバイルバッテリーとして使用できる「リバースチャージ機能」を搭載しているため、付属のケーブルがあれば他端末を充電することができます。

アシストパックを利用すると一括購入することなく、月額1,150円×24回払いで購入することができます。

VAIO Phone A

アルミ削りだしボディならではの高級感や堅牢性を実現したこちらのスマホ。デュアルSIM・デュアルスタンバイ対応で、ライフスタイルに合わせてさまざまな使い方ができます。

音声通話はキャリア、データ通信は格安SIMで・・・など多彩に使い分けることができます。端末料金はアシストパック利用で、月額1,040円×24回払い。

Moto G5

コンパクトでゆるやかな曲線が美しいこちらのスマホは、胸ポケットやズボンのポケットにもすっぽり収まるのが魅力的。

1,300万画素のアウトカメラを搭載しており、プロのカメラマン顔負けのハイクオリティな写真を撮影することができます。アシストパック利用で、月額970円×24回払いというお手頃価格も嬉しいですね。

AQUOS SH-M04

防水・防塵機能やIGZO液晶ディスプレイを搭載しているこちらのスマホは、画面の更新頻度をコンテンツなどに応じて適宜変える「液晶アイドリングストップ」にも対応。

無駄なバッテリー消費をおさえ、電池の残量を気にすることなくスマホを利用することができます。AQUOSだからこそ実現できる高画質な映像や画像が魅力的な一台です。

アシストパック利用で、月額1,380円×24回払い。BIGLOBE SIMが提供する端末セットの中ではお高めの機種ですが、選んで後悔しない高性能なスマホです。

セット端末の豊富さならBIGLOBE SIM

セット端末の種類の多さは、やはり老舗のビッグローブが圧倒的でした。iPhone6/6 Plusを取り扱っているのも嬉しいですね。

ビッグローブSIMは上でご紹介した機種以外にも、多くの端末を取り扱っているので、気になる方は公式ホームページで確認してみてくださいね。

まとめ

今回は、LINEモバイルとBIGLOBE SIMのそれぞれの料金プランなどについて比較してきましたが、いかがでしたか?どちらもそれぞれ特徴的なプランやオプションなどを提供しており、魅力的な格安SIMであることがわかりましたね。

コミュニケーションに特化した、いつでもどこでもSNSを楽しむことができる格安SIMが良いという方にはLINEモバイルが。大容量のデータ通信プランや通話定額(かけ放題)オプション機能、豊富なセット端末の中から選びたいという方にはBIGLOBE SIMが、より魅力的に感じたのではないでしょうか?

LINEモバイル、BIGLOBEそれぞれの詳しい口コミや評判についてはLINEモバイルの評判・通信速度BIGLOBE SIMの評判・通信速度を参考にしてください。

「どこの格安SIMが良いか、いまだにわからない」とお悩みの方は、この記事を参考に、よりご自分の利用スタイルに合った格安SIMを選んでいただけると幸いです。

-docomo回線の格安SIMを比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.