DMMモバイルの10分かけ放題

DMM mobile

DMMモバイルの10分かけ放題とは?メリットや注意点、申し込み方法を解説

投稿日:

DMMモバイルが提供する通話オプションの10分かけ放題とはどう言ったプランなのでしょうか?今回の記事では特徴や注意点まで詳しくご説明して行きたいと思います。

DMMモバイルの10分かけ放題の特徴

DMMモバイル10分かけ放題とはDMMモバイルが提供する通話オプションで10分までの通話が無料になります。月額の料金は850円となっていて、他の格安SIMと比べても料金は高くありません。

格安SIMでは通話料金が高いと言われることも多いのでこのかけ放題のプランがあれば安心して通話をする事が出来ます。

DMM mobile

シングルコース

月額料金

データSIM

SMSなし

月額料金

データSIM

SMSあり

月額料金

通話SIM

ライトプラン475円637円1,231円
1GBプラン518円680円1,360円
2GBプラン831円993円1,490円
3GBプラン918円1,080円1,620円
5GBプラン1,306円1,468円2,062円
7GBプラン2,008円2,170円2,764円
8GBプラン2,138円2,300円2,894円
10GBプラン2,365円2,527円3,121円
15GBプラン3,542円3,704円4,298円
20GBプラン4,298円4,460円5,054円

 

DMMモバイルの各料金プランは以上の通りとなっていますので、10分かけ放題を利用する場合はそれ+850円した料金が月額の使用料となります。

10分以内の会話が何回でもかけ放題になる

月額料金

DMMモバイルの10分かけ放題の最大のメリットは、10分以内の通話なら何度通話しても大丈夫。に制限もなく、かけ放題になる事です。

10分を超えそうな場合は、10分以内に一度通話を終了して、もう一度かけ直せば月額料金以上の通話料金がかかる事はありません。30秒20円で計算するとひと月に43分以上通話をするのであれば「10分かけ放題サービス」に加入した方が得となります。

しかし46分以下の場合月額料金である850円に満たないので、10分かけ放題を契約するとかえって損することになります。一度契約する前にこれまでの通話時間が43分以上になっているかを確認してから契約する事をおすすめします。上手く使用すれば通話を良く利用する人でも通話料金を大幅に安くする事が出来ます。

10分を超えた通話も半額になる

DMMモバイルの通常通話料金10分かけ放題加入の場合
30秒20円30秒10円

DMMモバイルの通常の通話料金は30秒20円となっています。しかし10分かけ放題に加入していれば10分を超えた通話でも、30秒10円と半額になります。例えば30分時間を超過した場合30秒20円で計算すると1200円ですが、かけ放題加入であれば600円となります。

音質がいい

通話音質

DMMモバイルのかけ放題ではプレフィックス方式といって、大手キャリアの発信方法とは少し異なります。

発信先の電話番号の頭に「〇〇080-1234-5678」と言うように先頭に特定の数字を付けて、通話をすると言う仕組みになっています。じゃあ着信する側にも〇〇の部分が表示されるのか?と言うとそうではありません。DMMモバイルから発信した場合でも着信する側には自分の090/080/070の電話番号がそのまま表示されます。

そしてこのプレフィックス方式の問題点が音質なのですが、DMMを使用しているユーザーから通話品質が悪いといった評価はほとんどなく、途中で途切れないという評価もあるので通話品質は特に問題はないと思われます。

DMMモバイルの10分かけ放題の注意点

アプリから通話しないと無料にならない

DMMトーク

10分かけ放題は「DMMトーク」というアプリを使って通話することで適用されます。

DMMトーク
DMMトークってどうなの?メリットや注意点、使い方まで解説

毎月のスマホ料金を少しでも安くしたいという方も多いのではないでしょうか?何かと使う場面が多いと、どうしてもスマホ料金はそれなりの金額になってしまいます。 実は通話料を抑えられるアプリが存在します。それ ...

わざわざDMMトークアプリから通話するのはなんだか面倒だと思う方もいると思いますが、最初から入っている通話アプリの代わりにDMMトークアプリを使用するだけなので、慣れればそこまで苦にはなりません。

逆に10分かけ放題に加入していたとしても、DMMトークアプリを使用しなければ、10分かけ放題も通話料半額も適用されないので、注意が必要です。

一部番号には発信できない

緊急番号

専用アプリ「DMMトーク」からは、110番や119番などの緊急通報やフリーダイヤル、ナビダイヤルに電話をかけることはできません。もし、110番や119番などの緊急通報やフリーダイヤル、ナビダイヤルに電話をかける必要がある時は、通常の通話アプリから電話をかけなければなりません。

ただその他の番号に関しては、相手が携帯電話・固定電話・IP電話などどんな電話種別でも電話することが可能です。またアメリカやイギリス、フランス、中国や韓国、ベトナムやインドネシアなどのに国際電話する場合も、合計32カ国一律30秒につき10円で通話が可能となります。

データsimでは契約できない

10分かけ放題は通話オプションなので、データSIMからは契約する事が出来ません。データSIMの方が契約するとなると、まずデータSIMから通話SIMに変更する必要があります。

しかし「データ専用⇔SMS付プラン」や「データSIM⇔通話SIM」のようにプランが違う

SIMカードの変更や追加が伴う場合には手数料が3,240円かかるので注意が必要です。

日割りがない

契約に日割り計算がないため、4月の20日に初めても月額料金で850円が発生してしまいます。なので、契約を始める日付は確認してから契約した方がお得になります。また解約時もいつ解約しても850円かかり解約お申し込み手続きを行った当月中は、サービスを利用する事が出来ます。

毎月最終日(末日)は解約お手続きが出来ないため、もし解約したい場合は必ず最終日前日までにお手続きを完了させて置く必要があります。

DMMモバイルの10分かけ放題がおすすめな人

通話時間が43分以上の人は10分かけ放題がおすすめですが、もしこの43分以上ない場合は逆に損してしまいます。DMMモバイルでは利用明細に通話時間と言う項目がないため、通話時間を調べるには、通話料金から割り出して計算する必要があります。

DMMトークアプリからの発信なら30秒10円、DMMトークアプリ以外からの発信なら20円で割ると通話時間を計算する事が出来ます。もっと簡単に言うなら通話料金が850円を超えている場合であれば10分かけ放題を利用した方が良いと言えます。

DMMモバイルの10分かけ放題の申し込み方法

新規でDMMモバイルを申し込む場合は、音声通話SIMの申し込みの際にオプションとして「10分かけ放題」を同時に申し込むことがでるので、そちらを選択してください。

no image
DMMモバイルの契約方法と申し込みの流れ

現在、ガラケーを利用している方であれば、格安SIMの料金は非常に安く惹かれるものがあるでしょう。 ただ、格安SIMに変更するために必要なものを確認せずにお申し込みをしてしまうと、書類が不足していること ...

すでにDMMモバイルを契約中の場合は、DMMmobileマイページから契約変更で申し込みする事が出来ます。

また10分かけ放題の解約もDMM mobileマイページの契約変更ページから行えます。

DMMモバイルの10分かけ放題の使い方

使い方はDMMトークアプリを経由して通話を行うとかけ放題が適用されます。もしDMMトークを利用せずに10分かけ放題を適用するとなると「0037-692」と言うプレフィックス番号を発信する相手の電話番号の前に入力する必要があります。

まとめ

メリット

  • 10分以内の会話が何回でもかけ放題になる
  • 10分を超えた通話も半額になる
  • かけ放題だが通話音質は問題ない
  • 料金が安い

デメリット

  • アプリから通話しないと適用されない
  • 一部発信できない番号がある
  • 月43分以上通話しないと損する

このようにDMMモバイルの10分かけ放題は良く通話をする人からすると、かなり便利でお得なサービスとなっています。また加入しておく事によって、余裕を持って通話が出来るため、通話する事を躊躇しなくなると言うのも嬉しいポイントです。自分が月々どれくらい通話をしているのか?と言うのを確認してからもし通話が多いようでしたら、加入をおすすめしま 

-DMM mobile

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.