イオンモバイル

docomo回線の格安SIMを比較

イオンモバイルの評判・通信速度のまとめ

更新日:

イオンリテール株式会社が運営元である『イオンモバイル』は、かつては、日本通信が運営するb-mobileの代理店という立場で格安SIMを販売していた時期もありましたが、平成28年2月26日からMVNOとしての事業をスタートさせました。

イオンモバイルを利用したい場合は、お近くのイオンの店頭で格安スマホや格安SIMを購入でき、サポートもそこで受けることが可能です。今回はイオンモバイルが提供する格安SIMでは、どのようなプランが存在し、利用者からの評価や、他の格安SIMと比べてどうなのかを見ていきたいと思います。

イオンモバイルのプラン・契約料金

プラン名月額料金データ通信量
データ専用SIM480円1GB
780円2GB
980円4GB
1480円6GB
1980円8GB
2680円12GB
4480円20GB
6480円30GB
7480円40GB
4570円50GB
音声通話SIM1180円0.5GB
1280円1GB
1380円2GB
1580円4GB
1980円6GB
2680円8GB
3280円12GB
4980円20GB
6980円30GB
7980円40GB
10800円50GB
シェアプラン(データ専用SIM2枚+音声通話SIM1枚)1780円4GB
2280円6GB
2980円8GB
3580円12GB
5280円20GB
7280円30GB
8280円40GB
11100円50GB

この他に契約時にかかる初期手数料として3000円がかかります。

オプション料金

  • 端末保証 350円/月
  • 電話サポート 300円/月
  • セキュリティアプリ 150円/月
  • 050かけ放題 1500円/月
  • データ専用SIMへのSMS機能の追加 140円/月

違約金について

イオンモバイルを契約後180日以内の他社への乗り換え(MNP)を行った場合手数料が8000円、181日以降に行った場合は3000円かかります。

通信速度制限について

データ専用SIMの場合は200Kbpsの低速モードで3日間366MB以上の高速データ通信を行うと通信速度が制限されます。

それ以外のプランの場合は1カ月のデータ使用量の上限値を越さなければ制限はありません。

イオンモバイルのメリット

プランが豊富で安い

イオンモバイルを利用する時に一番の利点となるのは、低料金で利用が出来ることや豊富なプランが取り揃えられているという点です。

データ容量を見ても、一番小さなもので500MB、大きなもので50GBと様々なデータ容量のプランが存在するので、自分の使い方にマッチするプランが見つかるかと思います。

料金に関しては、これまではデータ専用SIMの20GBのプランが4,480円、30GBのプランが6,480円で提供されていましたが、平成29年3月からは、それぞれ、3,980円、5,380円に引き下げられるようです。

音声通話のSIMも同様、これまで500MBの1,180円、20GBの4,980円、30GBの6,980円がそれぞれ、1,130円、4,680円、6,080円に引き下げられより割安料金での利用が可能となります。

また、イオンモバイルでは1GB、2GB、8GBを除くすべてのプランが他のどの会社より安く提供されているので、毎月低料金で利用したい方であれば、是非イオンモバイルも候補に入れてみて下さい。

ちなみに、イオンモバイルでは上記3つのデータ容量以外では、500MB・4GB・6GB・12GB・20GB・30GB・40GB・50GBのプランが存在し、先ほどの「1GB、2GB、8GB」のプランでも一番安いところと80円ぐらいの差しかないのです。

音声SIMに最低利用期間がない

格安SIMを取り扱う多くの会社では、音声通話SIMを契約してから少なくとも6か月から1年は契約している必要があって、これに満たない期間で契約を解除すると違約金が取られることとなっています。

データ専用SIMにはないとはいえ、利用者にとってはあまり有り難いものではありません。しかし、イオンモバイルの場合は音声とデータどちらのSIMにもそのような規定は設けられておらず、自由に契約を解除出来るものとなっていて、解除の際にお金を払うこともないのです。

イオンモバイルから『MNP』を利用して他の会社へ変更する場合には、契約後3か月以内だとやや高い8,000円の手数料が取られてしまうというのは先ほどもお話致しました。

ですから、手数料をかけたくない場合は、イオンモバイルの契約を解除し、新たな電話番号を変更先の会社でもらうようにすればよいわけです。

電話番号が変更となっても支障がない方にとっては、イオンモバイルはさらに良い格安SIMとなるのではないかと思います。

実店舗が多い

店舗全国に存在するイオンの店舗のうち、213の店舗でイオンモバイルの提供が行われています。

このように店舗の数が多いのも魅力ですが、格安SIMの格安スマホの販売に加え、利用開始後に発生する故障、プランの変更にも対応しているのです。また、店舗のみならず、インターネット上から契約を行なった方であってもサポートを受けることが可能となっています。

楽天モバイル等といったその他のライバル勢も勢力を広げていますが、イオンモバイルには太刀打ち出来ていないようです。店舗の数と存在する地域いずれもイオンが未だに勝っています。

スマートフォンを低料金で利用したいと思っていながらも、サポートを受ける店舗が存在しないことを心配されている方も多くいらっしゃるかと思うのです。

それもイオンモバイルであれば、インターネットからお申し込みをして、問題が起きた際には店舗に行って対応してもらうということが可能となっています。このように、イオンモバイルの場合は格安SIMを初めて使用するという方でも不安に思うことなく利用が出来るのです。

IIJ系列なので通信速度は安心

イオンモバイルでは回線はドコモ、通信の設備はIIJmioのものを使用してサービスを提供しているといった点から、通信が不安定になるという心配はいらないでしょう。

通信速度を見ても、高速回線を利用した場合の受信時で最高375Mbps、送信時で最高50Mbpsとなっており、低速回線でも最高で200kbpsの速度で利用が出来るので、他の会社の通信速度よりひどく劣るということはなさそうです。

イオンモバイル以外にもDMMmobileがIIJmioの設備を借りてサービスを提供しているわけですが、どちらもプランの料金としては一二を争う安さとなっていて、通信品質も良いものとされています。ただ、格安SIMと同時購入出来る端末の種類に関しては、DMMmobileの方が勝っているようです。

高速と低速の切り替えができる

スイッチイオンモバイルの格安SIMでは低速回線と高速回線を自由に変えることが可能です。このことは先ほども申し上げましたが、これが行えることで一ヶ月あたりに使用可能な高速回線のデータ容量を使わずに済ませることが可能となります。

イオンモバイルでの低速回線を利用した際の下りの最高速度は200kbpsであり、一見遅いようにも感じるかもしれませんが、この速度でも問題ないアプリも存在するのです。

極力低料金でデータ通信を長時間楽しみたい方であれば、状況に応じて切り替えながら利用していくことをお勧めします。

しかし、低速回線であっても、3日で366MBを超える通信を行ってしまうと、制限をかけられて通信速度が低下し、ほとんど通信が行えない状態となりますので、ご注意下さい。

通信容量を多量に消費するものとしては、音楽のストリーミング等が挙げられ、このようなものを低速回線で視聴するとあっという間に366MBを超えるので、極力控えた方がよさそうです。

シェアプランがある

家族イオンモバイルの『シェアプラン』では、SIMカードの所有上限が3枚となっていて、データ容量を他の人と一緒に使用することが可能となっています。

シェアプランでは音声通話SIMが必ず1枚は付いてきて、あとの2枚に関してはデータ専用SIMと音声通話SIM、いずれも増やすことが可能となっていますが、音声通話SIMの場合は毎月700円を上乗せしなければなりません。

シェアプランでの最低のデータ容量は4GBですが、料金を見ると同じデータ容量の『音声SIMプラン』の方が200円から300円ぐらい安くなっています。これは、おそらくデータを分け合うための手数料が含まれているのではないかと思うのです。

ですが、他の会社での同様のプランと比べると特別高いというわけではなく、1人頭に換算すると非常に割安料金で利用することが可能となっています。

ただ、シェアプランは当日中に商品が受け取れる店舗のみでの受付となっており、インターネット上では受け付けていないという点にご注意下さい。

当日乗り換え可能

MNPを利用した際の欠点といえば、手続きを行うのに時間を要することに加えて、自宅にSIMカードが届けられるまでは利用が出来ないということです。

近頃はMNPを自分で行うというスタイルが定着しているようですが、イオンモバイルの場合は店舗数が非常に多いということもあって、大手キャリアでMNPを行うのと同じだと言われています。

ですから、今ではごく普通となっている、店舗に行ったその日のうちにMNPを行って、家に帰ってからその端末を利用するといったことが可能なわけです。しかし、このことは店舗が存在するからこそ行えるものであり、店舗が存在しないMVNOでは行えない場合がほとんどだと言われています。

このようにイオンモバイルの場合、大手キャリアと同じような感じで新たな契約や、MNPを利用してイオンモバイルに変えられるといった点も大きなメリットとなっているのではないかと思うのです。

端末保証+セキュリティアプリで安心

セキュリティスマホを水没させたり、落として割ってしまったりすることに備えて保証に入っているでしょうか?

イオンモバイルでもそのような保証が行われているわけですが、イオンモバイルでは驚くことに修理やリサイクル製品と取り替えるということはせずに、すぐに新品を自宅に配送してくれるのです。

スマートフォンはいわば小型のパソコンとも言えるので、セキュリティにも気を使わなければなりません。セキュリティ関係のアプリは無料でインストール出来ますが、それでは心もとないと感じる方はイオンセキュリティを利用してみて下さい。

ウイルスの検出率は日本でもトップクラスですので、無料のアプリとは雲泥の差かと思われます。その他、端末上の不要なファイルを削除するものや、毎月のデータ使用量が分かるといった便利なツールもありますので、ぜひ利用してみて下さい。

イオンモバイルのデメリット

高速・低速の切り替えがめんどくさい

低速回線を自由に切り替えられるのはよいのですが、そのためのアプリが存在しないため、インターネット上から行うこととなっています。

しかし、そこでまた問題が出てくるわけで、例えば、高速回線と低速回線の切り替えが行えるウェブページをブックマークしても、次にアクセスした時にはページを表示できず、もう一度ログイン画面からやり直しとなってしまうのです。

エキサイトモバイルの場合も、イオンモバイルと同じくそのようなアプリは存在しないようですが、イオンモバイルのように再度アクセスした時にページを表示出来ないということはありません。

通話料金が高い他の格安SIMの多くは通話料金を引き下げるオプションが存在し、IIJmioの場合は『みおふぉんダイヤル』、DMMモバイルの場合は『DMMトーク』、楽天モバイルの場合は『5分かけ放題オプション』が取り扱われています。

しかし、イオンモバイルの場合はこのようなオプションが存在せず、30秒あたり21.6円の通話料が常にかかってしまうのです。

そのため、通話時間が長めの方にはイオンモバイルはあまりお勧め出来ません。どうしてもイオンモバイルを利用したい方は、IP電話の『050plus』を利用する等で料金を安くするとよいでしょう。

サポートには期待しすぎない

イオンモバイルはサポートを売りとしているようですが、過剰な期待は避けた方がいいかもしれません。

多くの方は若干高いイオンモバイルの格安スマホを購入し、何らかのトラブルが発生した場合には店舗にそれを持っていて対応を行ってもらうと思っているかもしれませんが、実際には事細かい対応は行われないと思って頂いてよいかと思います。

ただこれに関しては、格安SIMということで元々安い料金しか支払っていないので、手厚いサポートを求めるということ自体間違っているとも言えるわけです。

手厚いサポートを求めるのであれば、大手の携帯電話会社を利用した方がよいでしょう。大手の場合は毎月の料金が高いだけあって、当然サポートもしっかりと行うようにしています。

逆に格安SIMの場合は毎月の料金が非常に安いので、それに見合った質の低いサポートとなってしまうわけです。

端末が少ない

スマホ端末の種類が多くないことに加えて、端末の価格は他の会社より若干高くなってしまっています。

プランに関しては低料金となっていますが、端末とセットで契約した場合にはその恩恵が薄れてしまうのです。

そのため、イオンモバイルの格安SIMを他社のSIMフリータイプの端末で利用するというのも当然一つの手ですが、イオンモバイルでのサポートの範囲が狭くなってしまうというデメリットがあります。

イオンモバイルの通信速度

東京の新宿駅付近で実際に計測した通信速度を表にしました。

  • Ping: ピング=反応速度
    0ms~100ms 速い、100ms~200ms 普通、200ms~300ms 遅め、300ms以上~500ms 遅い、500ms以上 遅すぎ
  • ダウンロード: ダウンロード速度
    2Mbps以上 超速い、1Mbps~2Mbps 速い、0.6Mbps~1Mbps 普通、0.4Mbps~0.6Mbps 遅い、0.4Mbps未満 遅すぎ

計測時は平日の8時、12時、18時、21時の計4回計、ダウンロード速度が1Mbps以上あれば快適に使えるとみてください。計測月:2017年2月

時刻ダウンロードPing(ms)
8:196.5522
12:300.3242
12:564.1541
18:323.2629
22:112.5537

イオンモバイルの通信速度は全格安SIMの中で標準的な速度です。体感的な速度としては平日の昼間以外なら動画再生も問題なし、平日の昼間の動画再生は引っ掛かりが多くHD画質の場合は視聴にストレスが溜まります。

一般的なサイトやニュースアプリ、LINEやTwitterなどのSNSの場合はどの時間帯でも普通に使えます。

イオンモバイルの評判

https://twitter.com/nekomiminekomi1/status/833614682183184385

イオンモバイルを実際に使ってみた感想

イオンモバイルはSIM自体はプラン数が多く価格も格安SIMの中で標準的なのでSIM単体での契約はおすすめです。また、通話料金が安くなるので仕事上の都合なので音声通話を多く使うといった方にも有力な選択肢になるかと思います。

格安スマホも販売されていますが、割高なので端末も同時購入しようと考えている方は別途SIMフリースマホを購入するか楽天モバイルなど端末セットが安い格安SIMの契約をおすすめします。

-docomo回線の格安SIMを比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.