音声電話

データSIMと音声通話SIMの違い

格安SIMの音声通話SIMを徹底比較

投稿日:

電話番号を用いての音声通話が可能な格安SIMや、そのような格安SIMのプランについてお話していきたいと思います。

LINE、050plus等、通話が可能なスマホアプリが次々と出てきていますが、これまでの電話のスタイルから離れられない人も少なからずいらっしゃるはずです。アプリでない場合は、声が聞き取りやすい、119等の緊急時の電話番号が使えるというメリットがありますが、やはり使いやすいという点が大きいかと思います。

ドコモ、ソフトバンク等から格安SIMへ変更する人も十分便利に使っていけることでしょう。

そもそも音声SIMとは?

疑問音声通話SIMでは、080や090からスタートする番号を使用した音声通話が可能で、当然インターネットも問題なく出来ますので、格安SIMへ変更した場合でもこれまでと通話、インターネット等を利用する上で異なる点というのはそれほどありません。

これまで大手携帯電話会社がほとんど自分達だけで回線を使用してきましたが、格安SIMが出てきたことによって、利用者は様々な会社の利用が可能となり、これまで以上に安い料金で利用することや、自分に向いているプランを選べるようになりました。

音声通話SIMの比較のポイント

ほとんどのMVNOで音声通話が行えるようになっていますが、どのMVNOでも料金や質に違いはありません。

格安SIMを利用して電話をかける場合はLINEを利用したり、050を利用したりといったように無料で通話を行うことがメインとなるので、質について考えることはないかと思います。

音声通話SIMの場合は、留守番電話を利用出来るプランも一応存在しますが、毎月300円を支払う必要があることから利用している方というのはごく少数です。留守番電話を使わなくても、転送電話と050を上手に組み合わせることで料金を支払わなくても留守番電話と同等のことは行えます。

見比べていく上で注目してほしいのは、毎月支払う料金、データ容量や通信速度、そしてキャンペーンが利用出来るかどうかです。

また、もう一つ付け加えるなら、『○分かけ放題』といったオプションが存在するかどうかも注目してほしいと思います。

一ヶ月の通話時間が30分未満の人であれば、このオプションは使わず、『楽天でんわ』で取り扱われているような通話料金が50%になるものを利用した方がよいわけですが、そうでなければ、このようなオプションが付けられる格安SIMを選択した方が料金を抑えられるケースが多くなっています。

必要なデータ通信量

WiFiがある場合必要なデータ容量の目安としては、外出先でのスマホの利用が少ない方であれば毎月1GB、外出先でもそれなりに利用する方であれば毎月3GBと考えて下さい。

1GBのプランと3GBのプランを比べても料金は200円程度ですから、どちらにしていいか分からない場合は3GBと考えてよいでしょう。

ただ、外出先においても動画の閲覧を頻繁にするという方は、これらより大きい5GBから10GBを選択するべきかと思います。

WiFiがない場合必要なデータ容量の目安としては、スマートフォンの利用頻度が低い方では毎月2GBから3GB、動画をあまり閲覧しない中程度の方は5GB、動画を頻繁に閲覧する方は10GB程度と考えて下さい。

動画を物凄く閲覧した場合、毎月10GBでは全然足りなくなることも考えられるので、そのような方はWiMAX2+にした方がよいとも言えます。

おすすめの音声通話SIM

上記の比較ポイントを考慮しておすすめの格安SIMを比較していきます。

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルは読んで字のごとくLINEが取り扱う格安SIMです。さすがLINEと思わせるオリジナリティの強いサービスや料金プランが取り扱われていることから、メリットも多いと思いますので、お見逃しのないようにして下さい。

LINEの魅力として真っ先に挙げられるのは、LINEが好きなだけ使えるということです。

LINEモバイルの中では最も安い、高速回線のデータ容量が1GBとなっている『LINEフリープラン』であっても、LINEアプリの機能である通話やトークを利用した場合にデータ使用量が加算されることはないとされています。

ちなみに、LINEフリープランは、データ専用SIMを利用した場合で月額500円、SMS機能を加えた場合は620円、SMS機能と音声通話機能を加えた場合は1,200円でご利用が可能です。

そして、LINEフリープランの上位にあたる『コミュニケーションプラン』では、LINEに加え、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムも好きなだけ利用することが可能となっています。

3GB分のSMSが付いて1,110円ということなので、他の会社と比べると100円ぐらい高くなっていますが、SNSを利用した際にデータ通信量が加算されないことを考えれば、メリットは大きいかと思うのです。

LINEモバイルではその他にも5GB、7GB、10GBの利用が可能となっています。他の会社でよく見られる3日間あたりのデータ使用量に制限が設けられていないので、3日間あたりのデータ使用量が多くなってしまっても気にする必要はありません。

また、LINEアプリでは残りのデータ容量を見ることができ、友人にデータ容量をギフトとして送ることも可能です。当然、年齢認証機能も備わっています。

毎月の基本料金の1%分がLINEポイントで還元されるという点もメリットと言えるでしょう。

UQ mobile

UQモバイルは他の会社とは違いauの回線が使われています。auで購入したスマートフォンで利用していく場合は、マイネオ、UQモバイル、IIJmioの中から選択することになります。

通信速度が150Mbpsで、データ通信量が3GBとなっているプラン、通信速度が500Mbpsで、データ通信量に制限がないプランといったほか、データ通信に無料通話がプラスされた『ぴったりプラン』、『たっぷりプラン』と呼ばれるものも取り扱われています。

UQモバイルは、通信の質が高いことが特徴となっていて、実際にRBBTODAYでの「格安SIMアワード2015 通信速度部門」でも第一位に選出されているのです。

UQモバイルの運営元はUQコミュニケーションズであり、KDDIグループの傘下となっています。

料金に関してですが、利用者からの評判が高かった『ぴったりプラン』、『たっぷりプラン』が平成29年2月22日に『おしゃべりプラン』へ移行されることとなりました。

これにともない、平成28年11月から2017年の2月迄利用した分については、無料通話分が最高で3倍、データ通信容量も最高で2倍となるキャンペーンが行なわれています。

月額1,980円で無料通話が90分とデータ通信容量が2GB、月額2,980円で無料通話が180分とデータ通信容量が6GBも付いてくるので、見逃さない手はありません。

mineo

mineo

ドコモとau、2つのプランの中から選択出来ることが特徴のmineoでは、『デュアルプラン』という音声通話を行えるプランが存在します。このプランでは自分が使用すると思われる高速回線のデータ容量を4つの中から選択することが可能です。

特筆すべきはauプランで、データSIMより610円高いというだけで音声通話SIMが利用出来るようになっています。

また、IP電話の『LaLaCall』が基本料金0円で利用が可能となる点もmineoの利用する際の利点となっていて、相手もLaLaCallであれば通話料金が発生しないため、家族にかける場合はLaLaCallを使って、友人等にかける場合は通常の電話を使用するという方法も悪くありません。

高速回線と低速回線を使い分けられるといったことや、余ったデータ容量を次の月へ持ち越せるといったように、データ通信に関してはIIJmioに引けを取らない機能数となっている点もおすすめポイントとなっています。

楽天モバイル

楽天モバイルドコモから回線を借りている楽天モバイルには、音声通話を行えるプランが4つ取り扱われています。

平成28年1月には『5分かけ放題オプション』が誕生し、国内で『楽天でんわ』を利用する場合に1回あたりの通話が5分迄であれば、何度も行えるといったことが毎月850円で利用出来るようになりました。その他の部分については特に変更はありません。

『5分かけ放題オプション』を利用しない場合も、「楽天でんわ」を利用した場合の通話料金は30秒あたり10円と通常時の50%となるため、電話をよくかけるといった方からするとかなり惹かれるものがあるかと思います。

さらに楽天モバイルの場合は、格安SIMと同時に購入出来るスマートフォンも良いものが取り揃えられているといった点や、音声通話SIMで取り扱われるプランが割安であるといった点から、格安SIMを利用することの抵抗が小さくなっています。

通話や通信速度に関しても利用者からの評判は常に高くなっており、楽天グループに加盟している会社の格安SIMであるといった点から、楽天とのかかわりが多い方なら是非使って頂きたい格安SIMです。

楽天スーパーポイントをたくさん貯めることも可能かと思います。

DMM mobile

dmm-mobile毎月の料金が数ある格安SIMの中で最も安く、様々な容量のデータプランが揃っている上、プラン変更も可能となっています。数ある格安SIMの中で最も安いことを掲げているということもあり、他の会社が料金を引き下げた場合には、すぐに後を追うように料金を引き下げるとも言っているのです。

これほどまでに素早い対応は他では見られず、いつも感心させられます。DMMモバイルにおける通常の通話料金は30秒あたり20円となっていますが、DMMモバイルから出されている無料の『DMMトーク』と呼ばれるアプリを利用すれば、30秒あたり10円で利用が可能です。

アプリであっても特に通常と違った点はなく、相手先へ違った番号が表示される等という心配も無用となっています。アプリでも通常と同じように使えるのは、『プレフィックス』と言われるシステムが採用されているからです。

もう少し分かりやすく言うなら、サービスを提供している側のDMMモバイル自身が契約を行っている回線を通して電話がかけることになっているため、通常の回線を利用するよりも低料金でサービスが利用出来るということになっています。

NifMo

nifmo毎月のデータ容量が3GBのプランのみならず、5GB、10GBのプランもかなり安い料金となっています。

さらに、『@nifty接続サービスセット割』、『機器セット割』をはじめとした割引サービスもたくさん取り扱われています。割引サービスは各々で条件付きとなっていますので、条件等をきちんと調べた上で契約は行うようにして下さい。

料金の仕組みが多少ややこしい部分がありますが、それに嫌気が差さない方なら、選択肢に加わる可能性は十分あるかと思います。

IP電話が好きなだけ使える『NifMoでんわ』も惹かれるものがあります。こちらは国内通話なら毎月1,300円多く支払うことで利用が可能といった点から、音声通話ではなく、NifMoでんわを中心に使っていくというのもいいかもしれません。

オプションもなかなかユニークで、古くから存在するプロバイダが取り扱っているという点から何一つ不安に思うことなく利用することが可能です。時折キャンペーンも実施されており、キャンペーン中はお申込する絶好の機会です。

U-mobile

U-mobile3GB、5GBの料金も満足出来る上、料金が二段階で変化する『ダブルフィックス』も興味深いものがあります。

音声通話を利用する機会が多く、データ通信もそれなりに行う方には向いているプランと言えます。U-mobileでは、『U-mobilePREMIUM』と呼ばれるプランがあり、こちらは高速回線を好きなだけ使用することが可能となるプランで、U-moibleの目玉プランとなっています。

通常のデータプランよりは、やや安定感を欠く部分があるようですが、音声通話の利用が可能で、好きなだけデータ通信が行えてこの料金なら決して高くはなく、かなり頼りになるプランと言えそうです。

その他通話アプリの『U-CALL』は、通話料金を通常の50%にするといったもので、こちらもU-mobileを利用することのメリットとなっています。

そして、ワイモバイルの回線を利用する『U-mobileSUPER』は、機能面でも大元のワイモバイルと比べ遜色がありません。毎月の料金はこれ以外のプランより若干高くなっていますが、1回あたり10分迄の通話が一定料金で300回利用することが可能です。

OCNモバイルONE

ocnmobileoneNTTコミュニケーションズが取り扱う『OCNモバイルONE』の音声通話SIMでは、1日単位のものが2タイプ、月単位のものが4タイプの合計6タイプのプランが存在します。平成28年6月16日には、『バースト転送機能』が誕生しました。

バースト転送機能』とは、通信制限がかけられている時も、通信を開始した直後の150KBだけは高速回線で通信が行われるようになるという便利な機能です。その他、高速回線と低速回線の切り替え、料金の支払いに口座振替が使える等、料金だけではなく、利便性にもこだわりを持つ格安SIMであると言えます。

ocnmobileone
OCN モバイル ONEの評判と通信速度の比較

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

続きを見る

まとめ

格安SIMが誕生してから何年かが過ぎましたが、格安SIMが誕生した直後と比べると各々会社が取り扱うプランやサービスがかなり良くなってきました。

他の会社との差を付けることを目的として、料金プラン以外にもオリジナルのサービスを生み出す会社も存在するといったことから、格安SIM業界は活気に溢れていると言えます。本記事の内容だけを見ても、SIMロックの解除やMVNE、そしてプレフィックスといったように普段はそれほど見聞きしない言葉が登場していたかと思うのです。

格安SIMを取り扱うそれぞれの会社では他の会社とは違うということをアピールするために、たくさんの技術を上手く使っていることが見て取れます。聞いたことがない言葉が出てくると、落ち着かない気持ちになるものですが、利用する側が特に知っておきたいのは、料金やどんなことが行えるのか?といった点です。

日を追う毎に追加されるプラン、言葉に惑わされず、自分がどこでどのように使っていくのかといったことを明確にすると、良い格安SIMに出会えるかと思います。この先も次々と増えることが予想される格安SIMのことをよく勉強して、安い料金でスマートフォンを利用して頂きたいと思っています。

-データSIMと音声通話SIMの違い

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.