SIMカード

データSIMと音声通話SIMの違いについて分かりやすく解説

格安スマホを持つことにより、スマートフォンは勿論、タブレットやモバイルルーター等も今より安い料金で利用することが可能となることから、最近はテレビやインターネット等、様々なところで話題となっています。

格安スマホを取り扱う会社では、他社との差別化を図るためにオリジナルのプランを用意しているわけですが、大別するとデータ専用SIMと音声通話SIMに分けられるわけです。

一般的にはデータ専用SIMの料金が音声通話SIMの料金より安くなっているので、データ専用SIMを選択したほうが良いように思えますが、音声通話SIMにしか存在しない機能もありますので、この辺はきちんと押さえておくようにしましょう。

今回はデータ専用SIMと音声通話SIMはどのような特徴を持ち、どのような点が違うのかを取り上げるとともに、これら2つの上手な利用方法についてもお話していきたいと思います。

また、これら2つのSIM毎に評判の高い格安SIMの会社やプランも取り上げていきますので、是非参考にしてみて下さい。

音声通話SIMとは

電話

データ通信と音声通話の両方の機能が備わっているSIMで、大抵はSMSの機能も備わっています。

これまでの携帯電話、スマートフォンと同様、090や080、070の電話番号を使うことも可能ですし、MNPを利用すればこれまでの携帯電話の番号で音声通話SIMを利用していくことも出来るのです。

このような理由から大手携帯電話会社の携帯電話やスマートフォンを使っていた人が格安SIMに変える場合は、音声通話SIMを選択される人が多いとされています。

また、音声通話SIMを利用することで、これまで通り電話機能が利用出来るわけですが、通話品質は高いとされており、050 plus、LINEの無料通話といったIP電話を利用した時に見られる音声の遅れや音声の途切れといったものが見られませんし、緊急時の電話番号にも対応しているのです。

通話料金に関しては大手携帯電話会社とほぼ同料金で提供されることが多いので、通話料金を抑えたい人は、『BIGLOBEでんわ』、『楽天でんわ』のようなアプリを利用すれば料金を抑えることが可能となります。

ただ、電話機能が利用出来るということで、音声通話SIMとデータ専用SIMでデータ使用量が同じだった場合、料金としては音声通話SIMのほうが高くなるのでご注意下さい。

1台でスマホの機能を全部使いたいなら通話SIM

現在持っているスマートフォンだけで通話やインターネットを使っていきたい人や、大手携帯電話会社と契約していた時のようにスマートフォンで格安SIMを利用していきたい人は音声通話SIMを選択されたほうが良いでしょう。

ちなみに、大手携帯電話会社と契約していて、MNPによって格安SIMに変更する人も音声通話SIMを利用することになっています。

2つのSIMの違いが分かれば、格安SIMへ変更した際のメリットも大きくなるでしょう。

MNPを利用するのか否か、ガラパゴス携帯は変えずにネットのみを格安SIMで利用していくのか等、自分がどのように使っていくのかを考えた上で格安SIMを選択することをお勧め致します。

おすすめの音声SIM

音声通話SIMはほとんどのMVNOが採用しているのでそれぞれの比較をするのにも膨大な時間がかかってしまいます。そんな方のために以下のページで全音声通話SIMを比較しておすすめのものをポイントごとにまとめています。

音声電話
格安SIMの音声通話SIMを徹底比較

電話番号を用いての音声通話が可能な格安SIMや、そのような格安SIMのプランについてお話していきたいと思います。 LINE、050plus等、通話が可能なスマホアプリが次々と出てきていますが、これまで ...

続きを見る

データSIMとは?

データ通信しか行えないプランを利用される人のためのSIMとなりますので、音声通話の利用は不可となっています。

その代わり、メール、インターネット、アプリの利用は可能ですので、IP電話である『050 plus』、LINEにおける無料通話、スカイプといったアプリを利用した通話に関しては行うことが可能です。

SMSや通話を行えるプランよりは安く利用出来ることが多いため、データSIMを利用して通話はスカイプを利用する等といった使い方で料金を安くしている人もいらっしゃいます。

電話よりもメール等を利用することが圧倒的に多い人や、限られた人にしか電話をかけないという人はデータSIMを選択すると良いかもしれません。

まったく通話ができないわけではない

データSIMを選択した場合は電話番号を与えられることはありませんが、通話を行う手段は残されています。

LINE、スカイプ等の無料のアプリをインストールすることでIDを知っている人との通話を無料で行うことが可能です。

さらに、上記のようなアプリは、プリペイドカード等でクレジットのチャージを行うことにより固定電話や携帯電話にも電話をかけられるようになっていますし、『050 plus』のようなIP電話を利用するアプリをインストールすれば050からスタートする電話番号がもらえるため、非常にお得な料金で電話が利用出来るようになっています。

ですが、アプリを利用した場合は、緊急時の電話番号には電話をかけることは不可能となっていますので、ご注意下さい。

データSIMは毎月の料金を抑えられるという良い点がある一方で、090、080からスタートする電話番号が与えられないといった悪い点も存在しますので、SIMフリータイプのタブレット、メイン利用ではないスマートフォンに挿入して使うようにしたほうが良いでしょう。

SMS付きデータSIMとは

データSIMを選択すると電話番号が与えられないため、電話番号でメールを送ることが可能なSMSの機能を利用することが出来ません。

ですから、SMSでの認証が求められるサービスは利用出来ないことになります。

SMSの利用が可能なSIMであれば、上記のような認証が求められるサービスを利用することが出来ますし、電話番号でメールを送ることも可能です。

よって、SMS付きデータSIMとは、電話番号を用いての通話は出来ないが、電話番号を用いたメッセージのやり取りは可能なSIMであると言えます。

データ通信だけでは物足りず、きちんとしたスマートフォンとして使いたい場合は、SMSの利用は必要不可欠かと思います。

SMSがあったとしても120円から150円が上乗せされるだけですので、料金が非常に安いことには変わりありません。

タブレットや二台目ならデータSIM

タブレット

大手携帯電話会社の機種と格安SIMの2台を持ちたい人や、格安スマホを2台持ちたい人、格安SIMをタブレットに装着して利用していきたい人の場合は、データSIMを選択すると非常に便利に利用することが出来ます。

タブレットの場合は、電話というよりはインターネット利用を目的として用いられることが多く、音声通話SIMとは違って通話することがないので、データSIMを選択したほうが良いのです。

しかし、格安SIMの場合、平成28年9月の時点では、大手携帯電話会社で取り扱われている場所や相手関係なしに何回でも通話が行えるといったオプションが存在しません。

したがって、通話機能を維持したまま料金を抑える方法の一つとして、ガラパゴス携帯で通話を行い、データ通信はデータSIMを利用して行うといったように2台の端末を持つという方法が挙げられます。

おすすめのデータSIM

おすすめのデータSIMについては以下のページで比較しています。高速通信あり/なし別に比較しているので自分の使用用途に合ったSIMが選ぶ際の参考にしてください。

SIM
格安SIMのデータSIMを徹底比較

電話番号を持たず、データ通信を行うことに特化したSIMが『データSIM』です。 このSIMと音声通話が行えるSIMとの違いを知りたい人や、各社のデータSIM用のプランを見比べていきたい人に向けてデータ ...

続きを見る

まとめ

同じ格安スマホでも、音声通話SIMとデータSIMでは毎月の料金が変わり、どのような使い方をしているスマホで格安SIMを利用するのかによっても、選択すべき格安SIMは変わってくるのです。

音声通話SIMとデータSIMに関することを十分に調べて、自分の用途に合ったプランを選んでいけるようにして下さい。

更新日:

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.