5

データ通信容量別の比較

格安SIMのデータ通信量が5GBのプランを比較

更新日:

格安SIM会社で提供されるデータ容量のプランで最も多いのは3GBのプランではありますが、3GBでは不足してしまうという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方々のためにデータ容量を5GBとしたプランを取り扱う格安SIM会社も多数存在し、3GBの次に取り扱われている会社の数が多くなっています。

5GBに関しては大手キャリアにおいても取り扱いがありますので、大手キャリアと格安SIM会社の料金等を見比べるといったことも難しくありません。

そこで今回は、数ある格安SIMにおける料金、サービスについてご紹介していきたいと思います。

5GBプランはこんな人におすすめ

3GBでは足りない人

平成28年現在、格安SIM会社が最も多く取り扱うデータ容量は3GBであると考えて間違いではなく、最初は3GBのプランの格安SIMを契約したという方も多いかと思うのです。

そして、3GB或いは3GB未満のデータ容量では満足がいかなかった方に利用して頂きたいのが5GBであります。

このように言うと4GBでは駄目なのか?と思われるかもしれませんが、どういうわけか格安SIM会社では4GBのプランを取り扱うところが非常に少ないのです。

ちなみに、4GBのプランが存在する会社は、『BBエキサイトのExciteモバイルLTE』、『So-netモバイル』の2社のみとなっています。

現に格安SIM会社の中ではデータ容量のプランが最も豊富とされるDMMモバイルでさえも4GBのプランについては取り扱いがありません。

ですから、3GBで満足がいかなかった方は、次に5GBのプランを検討するのが基本となってきます。

GB単位の安いSIMがほしい人に

格安SIM会社の場合は、データ容量が大きくなるに連れて1GBあたりの価格が小さくなると言われているので、大きなデータ容量で契約したほうがメリットがあるとも考えられます。

5GBのデータSIMの場合は、1GBの価格が250円から300円の範囲で設定されている会社が多く、3GBのデータSIMの場合はそれが333円であることが多いため、1GBあたり30円ぐらいは安くなると考えられるのです。

5GBプランを比較する際のポイント

データ容量は翌月に繰り越しされる格安SIMを選ぶ

一般的には5GBもあれば十分とされていますが、動画サイトやオンラインゲームを利用される方の場合は、使用し切れなかった容量を次の月に繰り越すことが可能な格安SIM会社を選択したほうが良いと言えそうです。

あまり神経質になることもないのですが、このようなことが可能な格安SIM会社であれば、万が一データ容量が足りなくなった場合でも、不安を感じことなく利用していけるといったことも理由の一つとして挙げられます。

複数枚がお得

契約者一人に対して、複数枚の格安SIMカードの利用が可能となっているMVNOも存在します。

このような会社であれば、1枚はお子様のスマホに利用する等といったように、家族同士で1つのデータ容量を共有することが可能となり、使い切れなかった容量を家族同士で共有することが可能な格安SIM会社も存在するのです。

上記のこと以外でも、補助的に利用しているスマホ、或いはSIMカードの装着が可能なタブレット端末、外出時に使用するWi-Fiルーター等に装着して利用するということも考えられます。

ちなみに、mineoにおいては、一人で2回線以上の契約をした場合や、家族の代表者が契約を行い(主回線)、その子ども達等が副回線として利用した場合には、月々の料金から50円を値引きするという、『複数回線割』、『家族割』と呼ばれる魅力的なサービスも存在するのです。

一押しの格安SIMの5GBプランの比較

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

6GB+音声通話プラン(ライトS)6GBプラン(ライトS)
月額料金2150円1450円
通信速度最大150Mbps
通信容量上限6GB
通信回線docomo

BIGLOBEでは、データ通信専用のSIMとそれに加えて音声通話も可能となっているSIMが用意されていて、前者では3GB、6GB、12GB、後者は1GB、3GB、6GB、12GBのプランが存在しますが、6GBに関しては、他の格安SIM会社ではそれほど見られない容量となっています。

契約したデータ容量よりデータ使用量が少なかった場合は、使用しなかった分を次の月に持ち越せるようになっており、契約中に容量を変えるのは自由です。

6GB、12GBにおいては、2枚以上のSIMで共有して利用出来るようになっています。

BIGLOBE SIMで特にお勧めしたいのが『ライトプランS』であり、このプランは他の会社では5GBに相当する料金で、6GBの利用が可能といった割安なプランとなっているのです。

余剰データに関しては次の月に持ち越すことも出来ますし、データ容量を分け合うことを目的としてSIMカードの追加が2枚迄出来るようになっているという点も魅力の一つなっています。

BIGLOBE SIM
BIGLOBE SIMの評判・通信速度と実際に使ってみたデメリット

BIGLOBE SIMの格安SIMは、格安SIMでもある程度は通話もしたいという人にぴったりの格安SIMです。BIGLOBEでは月々わずか650円で60分の無料通話をすることができる通話パック60とい ...

続きを見る

楽天モバイル

楽天モバイル

 

 

5GB+音声通話プラン5GBプラン(データSIM)
月額料金2150円1450円
通信速度最大150Mbps
通信容量上限5GB
通信回線docomo

データ専用SIMは毎月525円からといったように、格安SIM会社の中ではトップレベルの価格となっていることに加えて、日本での通話が5分迄であれば自由に行える『5分かけ放題オプション』、「@rakuten.jp」ドメインのメールを利用するにあたって料金がかからない等、これまで以上にサービスの質が向上しています。

ベーシックプランは下りのスピードは200kbpsと低いですが、音声通話SIMの利用料金を毎月1,250円まで抑えられることが特徴となっており、楽天でんわを利用することで通話料金が50%OFFになることや、格安スマホをセットで購入することで楽天スーパーポイントが付与されるといった、楽天にしかない多くの利点が存在することも魅力です。

現在の電話番号のまま楽天モバイルの利用が可能となるMNPを利用する際も、SIMカードが手に入ってからでもよいことになっているので、スマホが利用出来ない期間を気にする必要もありません。

5GBのデータ専用SIMは1,450円、音声通話付きのSIMは2,150円でご利用が可能です。

ちなみに、OCNモバイルONEでも同じ価格であり、OCNモバイルONEも楽天モバイルと同様、割安なサービスが提供されていると見ることが出来ます。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判・口コミと辛口評価

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

続きを見る

IIJmio

iijmio

ライトスタートプラン(通話SIM)ライトスタートプラン(データSIM)
月額料金2220円1520円
通信速度最大150Mbps
通信容量上限6GB
通信回線docomo、au

『みおふぉん』と呼ぶ方も多い評判の高い格安SIMです。

使用者のことをよく考えていると思われる機能が多数備わっていて、料金プランの引き下げ、データ容量の増加、搭載機能等の面でも他の会社の一歩先を行っており、格安スマホ業界においてはトップの存在となっています。

プランが細かく分けられているわけではありませんが、多くの方に愛用されている高速回線と低速回線の切り替え機能や、バースト転送機能といったものが備わっていることから、使いやすさといった点では非の打ち所がない格安SIMと言えそうです。

IIJmioでは、LTE等の高速回線の利用が可能なデータ容量を『クーポン』と呼んでおり、各々のプランで利用出来る容量のことは『バンドルクーポン』と呼んでいます。

ライトスタートプランのデータ容量は5GBで、高速回線と低速回線を切り替えることでクーポンを有効に利用することが可能です。

切り替えはスマホのOSに関係なく利用が可能なアプリ、「みおぽん」で行えるようになっていて、操作もタッチ動作一つと非常にシンプルなものとなっています。

さらに、これまでは5GBであったライトスタートプランが現在は毎月6GB迄の利用が可能となり、尚且つ料金も据え置きということで、お得感が急激に増したプランへと変化し、2枚のSIMカードを持てるというのも魅力の一つとなっているのです。

iijmio
IIJmioの評判と辛口評価

IIJmioは最近楽天モバイルに抜かれてしまいましたが、業界シェア2位の格安SIMが有名になる以前から回線を提供している老舗の格安SIMです。 新規参入してきたMVNOとは異なり、いきなりサービスの提 ...

続きを見る

DMM mobile

dmm-mobile

通話SIMデータSIM
月額料金1210円1910円
通信速度最大225Mbps
通信容量上限5GB
通信回線docomo

DMM mobileでは常に格安SIM会社の中で最も安い料金を目指しており、実際プランの料金を見ても他の会社と比べ最も安くなっています。

もし、他の会社がそれより安い料金とした場合も即座に料金を引き下げるといった、素早い対応は他の会社では真似の出来ないことです。

ストレスなく低速回線の利用が可能となるバースト転送機能に加え、全てではないものの、容量の大きなプランにおいてはデータ通信容量のシェアが可能な『シェアコース』、機種の交換に関するサービス、セキュリティ関連のサービス等といったように多数のサービスが存在することも特徴の一つとなっています。

データ通信容量5GBのプランの場合、データ専用SIMが1,210円で、それにSMSも利用出来るようにすると150円が上乗せされて1,360円、音声通話SIMは1,970円で利用が可能です。

dmm-mobile
DMM mobileの評判・口コミと通信速度

DMMが提供する格安SIM、DMM mobileの評価や評判、通信速度(実測値)や実際に使ってみた感想などをまとめました。 多くのプランが設定されているのでライトユーザーからヘビーユーザーまで使える格 ...

続きを見る

OCNモバイルONE

ocnmobileone

通話SIMデータSIM
月額料金1450円2150円
通信速度最大150Mbps
通信容量上限5GB
通信回線docomo

大手とされるNTTコミュニケーションズが取り扱う格安SIMということで、信頼、安心という点で心配がありません。

取り扱われているプランの種類も多いので、自らに合ったデータ容量のプランで利用していけるようになっています。

050 plusに加え、データ容量の追加、ターボ機能といった、オプション(サービス)も豊富です。

さらに、スマホやタブレット、或いはWi-FiルーターをSIMカードと同時に購入することが可能といった他、USB機器やWi-Fiルーターの貸し出しも行っています。

5GBのコースの場合、最大4枚のSIMカードの追加で合計5枚迄の所有が可能です。

そして、それらを利用して高速回線のデータ容量の5GBをシェアすることが可能ですが、この場合、追加を行ったSIMカード1枚ずつに対して初期費用がかかり、さらに毎月の料金も取られることとなりますので、ご承知おき下さい。

ocnmobileone
OCN モバイル ONEの評判と通信速度の比較

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

続きを見る

mineo

デュアルタイプ(通話SIM)シングルタイプ(データSIM)
月額料金2280円1580円
通信速度最大225Mbps
通信容量上限5GB
通信回線docomo、au

大方の格安SIM会社ではドコモの回線が使われていますが、マイネオの場合、かつてはauの回線を利用した格安SIMを販売しておりました。

ただ、近頃はドコモの回線を利用した格安SIMの利用も可能となり、あらゆる方に向けたプランが存在することや、使いやすい機種が取り扱われているといったことから利用者からは常に高い評価が得られるようになっています。

また、登録一つで使い切れなかったデータ通信容量を家族同士で分け合うことや、家族以外の方にも『ギフト』という形で分けられる等といった、使い切れなかったデータ関連のサービスが豊富に存在する会社となっているのです。

その他、mineoスイッチを切り替えることで、節約機能を有効または無効にすることが可能となっており、この節約機能が有効になっている間はデータ使用量が増えることがありません。

LINE或いはメールを利用する際等は節約機能を有効にしていても特に支障はないかと思われます。

mineoスイッチを賢く使っていければ、データ使用量を大きく抑えることも可能なのです。

5GBプランの場合は、家族間で使われなかったデータ容量を分け合える機能(パケットシェア)も十分に使いこなしていけるものと考えられます。

回線は5つ迄利用することが可能ですので、家族の皆でmineoを利用してみてはいかがでしょうか?

mineo
mineoの評判・評価と速度の比較

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

続きを見る

DTI SIM

DTI SIM

通話SIMデータSIM
月額料金1920円1220円
通信速度最大150Mbps
通信容量上限5GB
通信回線docomo

平成27年9月、数ある格安SIM会社の中で最も料金が安いことを看板に掲げて誕生したのがDTI SIMです。

誕生してからは、DMM モバイルがライバルとなり、ずば抜けて料金が安いことは現在も変わることはありませんが、他の会社には存在する高速回線と低速回線の切り替えることや、SIMカードを増やすことが不可能となっています。

しかし、その分サービス内容としては単純ものとなっていますので、格安SIMの利用経験が無い方にとっては向いているのかもしれません。

データ容量が5GBの場合は、3日間において使用出来るデータ容量が決められていて、この期間中に1GBを超過するデータ通信を行った際には、通信速度を最大200kbpsに抑えられることがあるようです。

合計のデータ通信量が1GB付近になった場合や、超過した際には警告のメールが届けられることになっています。

具体的には、2日間におけるデータ通信量が700MBを超過した場合に登録したアドレスにメールが届けられることとなっていて、さらに3日間におけるデータ通信量が1GBを超過した場合には、前述した通り通信速度が抑えられることがあって、その旨を知らせるメールも届けられることになっているのです。

DTI SIM
DTI SIMの評判や通信速度をまとめて辛口評価

格安SIMのDTI SIMは平成27年9月よりスタートしたということで、割と新しめのサービスとなっています。毎月発生する料金を見ても他の会社の格安SIMと比べて一二を争っています。 公式サイトのキャン ...

続きを見る

LINEモバイル

LINEモバイル

通話SIMデータSIM
月額料金2220円1640円
通信速度最大375Mbps
通信容量上限5GB
通信回線docomo

5GBのプランに関してはやや高いと感じられますが、フェイスブックやツイッター等がデータ容量を使わずに利用出来るようになっています。

通信速度を見ても、誕生してから3ヶ月経った現在も非常に優秀な速度が計測されています。

LINEモバイル
LINEモバイルの評判・通信速度とデメリット

LINEモバイルのサービスが開始されてある程度時間が経過したので信頼できる口コミが集まってきました。この記事ではネットの口コミと契約前に知っておきたいこと、ほかの格安SIMと比較した際のメリットとデメ ...

続きを見る

U-mobile

U-mobile

通話SIMデータSIM
月額料金1980円1480円
通信速度最大150Mbps
通信容量上限5GB
通信回線docomo

U-mobileは動画配信会社大手であるU-Nextが取り扱う格安SIMであることから、動画を存分に楽しむことが可能な『U-mobile PREMIUM』がプランの中心となっており、『U-mobile通話プラス』を利用された方にはU-Nextポイントを加算するというサービスや、U-Next光とのセット割引、『スーパーファミリーバリュー割引』他、この格安SIMならではのメリットが沢山存在しています。

U-mobile PREMIUMの場合、かつては通信速度に関して非常に難がありましたが、近頃は徐々に良くなってきているようです。

まずは5GBのプランを利用し、その後必要に応じてU-mobile PREMIUMを利用すると言うやり方もあるでしょう。

5GBのデータ通信が可能なプランを見ると、データ専用SIMで1,480円、音声通話SIMで1,980円となっています。

音声通話SIMに関しては、格安SIM会社の中ではトップレベルの安さで、5GBから他の容量への変更も行えるようになっていて、容量が無制限となるプランへの変更も可能です。

プランを変更した場合は、お申し込みした次の月から変更後のプランが有効となり、変更は無料で行えるようになっています。

U-mobile
U-mobileの評判を集めて徹底評価

データ通信量が無制限のU-mobile PREMIUMが特徴のU-mobileについての情報をまとめて評価しました。 U-mobileは、よく知られる月単位でのプラン、2つの段階毎に料金が定められてい ...

続きを見る

まとめ

高速回線のデータ容量が毎月5GBとなっているプランを取り扱う格安SIM会社のサービス等についてお話してきました。

このプランはオンラインゲーム、動画の閲覧といった私用の為のみならず、ビジネスで利用していく上でも使いやすいですし、料金もそれほど高くないことから一度は利用して頂きたいプランと言えます。

5GBでも問題ないかと思いますが、月々に使用するデータ容量が決まっていない方の場合は、使用し切れなかったデータを次の月に持ち越せる格安SIMを選択したほうが不安なく利用することが可能です。

そして、主に使用するスマホの場合は楽天モバイルといった、電話料金が無料となるサービスが取り扱われている会社を選択するのが良いでしょう。

本記事では色々と格安SIM会社を取り上げてきましたが、プランの料金が最も安いとされているDTI SIMやDTIモバイルが料金を最重要視される方には最もお勧めと言えそうです。

ですが、主に使用するスマホを選択する際には、料金だけにとらわれるのではなく、サービスがどれだけ揃っているか?という点にも目を向けるようにして下さい。

-データ通信容量別の比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.