3

データ通信容量別の比較

格安SIMのデータ通信量が3GBのプランを比較

更新日:

格安SIMのプランの中で最も割に合うと言われているのが、3GBのデータプランであり、スマホユーザーの約70%は毎月のデータ使用量が3GBまでに収まっているようです。(スマートフォン・MVNOの月額利用料とサービス利用実態|MM総研

これは平成27年4月にそれまで900円で提供されていた2GBのデータプランが、料金を変えることなく3GBで提供されるようになったことで、これ以降は3GBのプランが一般的となったということからきています。

現在の使用しているデータ容量がどれぐらいか分かっていない人は、3GBのデータプランにすると良いかもしれません。

ただ、自宅にインターネット環境が整っておらず、YouTube等の動画サイトの閲覧時間が日々1時間を超える人や、アプリを頻繁にダウンロードするといった人は、3GBだと不足することも考えられるので、それよりデータ容量の大きなプラン、或いはデータ容量に制限が設けられていないプランを利用すると良いでしょう。

3GBプランについて

3GBプランはどれくらい使える?

3GBでどこまで行えるかというと、スマートフォンでYahoo!Japanの最初のページを表示出来る回数はおよそ13,014回、約300文字の文字情報だけのメールを送受信出来る回数はおよそ614,400回、スマホで5分程度のYouTube動画の再生で285回、スカイプの音声通話でおよそ92時間、以上が3GBで行えることの目安です。

3GBのデータプランを契約すれば、音声通話を行うことに関しては全く問題ないようです。

3GBプランがおすすめな人

格安SIMのデータプランで最も利用者が多いのが3GBのプランとなりますが、これは、スマートフォンを利用している実に80%を超える人々が毎月のデータ使用量が2GB以内であることからそのようになっています。

その他にもデータ容量3GB以上のプランの場合は、料金が1,000円を超えるといったことも大きな理由となっているようです。普段買い物をする場合も、似たような商品で980円ものと1,000円以上のものがあると多くの人は980円を選択するかと思います。

以上のことを頭に入れて頂いた上で、どんな人が3GBのデータプランを利用した方が良いのかを確認していくことにします。

3GBプランを比較するポイント

3GBのデータプランを比較する際は、料金、速度、キャンペーンに注目して下さい。

最初の月だけ利用料金を0円としているところや、格安スマホ本体の価格を値下げしているところ、料金やポイントの還元、一定期間だけ料金を値下げするキャンペーンが行われているところといったように様々ですので、色々と見比べてみると良いでしょう。

データ繰り越しが便利

ただ、3GBはデータ容量としては特別多いわけでも少ないわけでもありませんので、データ使用量の多いアプリをよく使っているとすぐに3GBに到達してしまうこともあり得ます。

そのような危険を避けるという意味でも、データ通信量を繰り越せる格安SIMを選択するようにして下さい。

これが可能な格安SIMであれば、使用しなかったデータ容量を次の月に繰り越すことが可能ですので、使い方を工夫することで、3GBを超えるデータ通信が可能となるのです。

多くの格安SIMではこの機能は無料で利用出来ます。契約を行う時にはデータを繰り越すことが可能といった文字があるかどうかを確認しておかれることをお勧め致します。

WiFiスポットという手も

外出先でWi-Fiが利用出来る場合は、主にそこでデータ通信を行うようにすれば、データ使用量を抑えることが可能です。

格安SIMで利用出来るものとしては、『無料で利用出来るWi-Fiスポット』、『料金を支払って利用出来るWi-Fiスポット』、『契約と同時に利用出来るWi-Fi』といったもの等が存在します。

どれであろうと契約に影響を与えることはありませんが、Wi-Fiを利用するとしないとではデータ使用量が全然違ってきます。

格安SIMを選択する時は、頻繁に足を運ぶお店等でWi-Fiが使えるかどうかを確認しておくと、料金を抑えること等も可能となるのです。

3GBのプランのあるおすすめの格安SIM

様々な格安SIMにおけるデータプランを見ても3GBが基本的なプランとなっているわけですが、様々な会社があるので、どれを選択すれば良いのか分からなくなってしまうでしょう。

ここでは、それらの会社の中から良いと感じられる会社をご紹介していきたいと思います。

LINEモバイル

LINEモバイル

コミュニケーションフリープラン+音声通話プランコミュニケーションプラン(データSIM)
月額料金1690円1110円
通信速度不明
通信容量上限3GB
通信回線docomo

データ容量3GBの『コミュニケーションプラン』、『MUSIC+プラン』は是非利用して頂きたいプランです。どのような通信を行なった場合も通信容量は減り続けていきますが、LINEモバイルの場合は『カウントフリー』と呼ばれる機能が備わっています。

コミュニケーションプランの場合、LINE、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムを利用した場合にデータ使用量がカウントされず、MUSIC+プランの場合は、これらに加えて、LINEMUSICを利用した場合にもデータ使用量がカウントされないものとなっているのです。

LINEを利用している方ならそれを利用して年齢認証が行えますし、データ使用量も思う存分減らすことも可能となっています。さらに、通信速度も非常に速いとされていますので、一度ご利用になられることをお勧め致します。

LINEモバイル
LINEモバイルの評判・通信速度とデメリット

LINEモバイルのサービスが開始されてある程度時間が経過したので信頼できる口コミが集まってきました。この記事ではネットの口コミと契約前に知っておきたいこと、ほかの格安SIMと比較した際のメリットとデメ ...

続きを見る

DMMモバイル

dmm-mobile

3GB+音声通話プラン3GBプラン(データSIM)
月額料金1500円850円
通信速度最大150Mbps
通信容量上限3GB
通信回線docomo

どこの会社よりも料金を安くしているといったことを売りとしているのがDMMモバイルです。

データ専用SIMが毎月850円、音声通話SIMが毎月1,550円で利用が可能ということですから、今回ご紹介する会社の中で最も安くなっているのは間違いありません。

しかし、決して機能面で劣るといったことはないわけで、高速回線と低速回線の切り替え、バースト転送機能、高速回線のデータ容量を持ち越せる機能等が備わっており、『IIJmio』で目にする機能に関してはいずれも備わっているのです。良いことが沢山詰め込まれた格安SIMであると言えます。

dmm-mobile
DMM mobileの評判・口コミと通信速度

DMMが提供する格安SIM、DMM mobileの評価や評判、通信速度(実測値)や実際に使ってみた感想などをまとめました。 多くのプランが設定されているのでライトユーザーからヘビーユーザーまで使える格 ...

続きを見る

UQ mobile

3GB+音声通話プラン3GBプラン(データSIM)
月額料金1680円980円
通信速度最大150Mbps
通信容量上限3GB
通信回線au

格安SIMで最も通信速度に優れているのがau回線を利用しているUQモバイルだと言われています。通信速度に関しては非の打ち所がなく、時間帯によって速度が落ちるようなこともありません。

毎月のデータ使用量が3GB以下で収まる方は、UQモバイルを最優先して検討されることをお勧め致します。

唯一悪い点を挙げるなら、容量別のデータプランの数が豊富でないという点です。auが出ているスマホを利用している方や、auで販売されている白ロムのスマホでも構わないという方には是非利用して頂きたいと思います。

no image
UQモバイルの評判と辛口評価【2017年5月】

UQモバイルの評判や通信速度(実測値)をまとめて実際に使ってみた使用感も含めながら辛口評価しました。 この記事の内容はできるだけ最新のものに更新していますが、正確な情報は公式サイトをご覧ください。 U ...

続きを見る

楽天モバイル

楽天モバイル

3GB+音声通話プラン3GBプラン(データSIM)
月額料金1600円900円
通信速度最大262.5Mbps
通信容量上限3GB
通信回線docomo

3.1GBと若干通信容量に余裕を持たせているプランが存在することから、非常に多くの利用者を抱えています。LINEモバイルも十分勧められるわけですが、こちらも同じぐらいお勧め出来ます。

オプションの『5分かけ放題』は、通話料金の節約を求めるサラリーマンの方々もよく利用されているようです。現在格安SIMを利用出来るスマホをお持ちでない方でも、楽天モバイルでは、格安スマホと格安SIMを同時に購入することが可能となっています。

種類も豊富で、届けられるまでの時間も非常に短いので、利用出来るまでに時間を要するということがありません。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判・口コミと辛口評価

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

続きを見る

DTISIM

DTI SIM

3GB+音声通話プラン3GBプラン(データSIM)
月額料金1490円840円
通信速度最大225Mbps
通信容量上限3GB
通信回線docomo

数あるMVNOのうち、最も安く提供しているのがこのDTISIMです。以前と比べると通信速度を大きく落とされるようなこともなくなってきましたし、データ容量を持ち越せる機能も備わる等、利便性はさらに高まっていると言えます。

5月25日には、『DTISIMでんわかけ放題』オプションが誕生しました。

これは、1回あたり5分以下であれば、通話が好きなだけ行えるというものです。『DTISIMでんわかけ放題』の料金は毎月780円であり、このオプションと『ネット使い放題』のプランを利用した場合、毎月の料金は3,680円となります。

DTI SIM
DTI SIMの評判や通信速度をまとめて辛口評価

格安SIMのDTI SIMは平成27年9月よりスタートしたということで、割と新しめのサービスとなっています。毎月発生する料金を見ても他の会社の格安SIMと比べて一二を争っています。 公式サイトのキャン ...

続きを見る

mineo

mineo

デュアルタイプ(音声通話SIM)シングルタイプ(データ専用SIM)
月額料金1600円900円
通信速度最大225Mbps
通信容量上限3GB
通信回線docomo、au

mineoでは、データ通信だけを行う方に向けられた『シングルプラン』、通話も行える『デュアルプラン』が存在します。

ドコモプランに関しては、他の会社より特に優れた点は見受けられませんが、auプランの場合は、シングル、デュアルいずれにおいてもUQモバイルより料金が安くなっており、デュアルプランは、ドコモプランよりも安くなっているのです。

以上の通り、mineoはauプランで音声通話を利用する場合にお得になることが特徴となっています。

そして、もう一つ押さえておいて頂きたいのが、一人で複数の回線を利用する場合や、家族で利用する場合に料金が値引きされるということです。一つの回線に対して50円を値引きするといったもので、5つの回線まで適用され、ドコモプラン、auプラン、どちらであっても構いません。

このサービスで値引きされることで、現在最も安いと言われている会社よりも安く利用出来る可能性が出てきます。料金が非常に安い上、データ容量を翌月に持ち越すことも出来るといったように、ドコモ回線を利用し、多くの利用者を抱える会社と比べても引けを取りません。

テレビコマーシャル等で次々と名前も知られるようになっているので、この先はさらに多くの利用者を抱えることになるでしょう。

mineo
mineoの評判・評価と速度の比較

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

続きを見る

U-mobile

U-mobile

通話プラス(音声通話SIM)ダブルフィックス(データ専用SIM、段階性)
月額料金1580円680~900円
通信速度最大225Mbps
通信容量上限3GB(ダブルフィックスの場合は1GB~3GB)
通信回線docomo

U-mobileは株式会社U-NEXTが運営元となっている格安SIMです。『通話プラスプラン』や『ネット使い放題プラン』以外にも音楽が好きなだけ楽しめる『スマホでUSEN』が利用出来る『USENMUSICSIM』、データ使用量1GBから3GBの間で料金が二段階で変化する『ダブルフィックス』と呼ばれるプランといった他では見られないプランが存在する点が大きな特徴となっています。

また、平成28年7月にスタートした、IIJの回線を利用した『U-mobilePREMIUM』をきっかけに通信品質も向上しているようです。

LTEを好きなだけ使えますので、データ通信を頻繁に行う方に向いていると言えます。BIGLOBESIM音声通話機能がないプランは毎月900円と非常に安く利用することが可能で、音声通話機能を付けた場合も毎月1,800円ですので、他の安い会社と比べると若干高いですが、安い部類には含まれると思います。

上記の料金には、新たにBIGLOBEの会員となる際の料金(ベーシックコースの200円)が含まれておりますので、現時点でBIGLOBEのインターネットサービスを利用されている方の場合は、200円を支払う必要がないという利点があるわけです。

U-mobile
U-mobileの評判を集めて徹底評価

データ通信量が無制限のU-mobile PREMIUMが特徴のU-mobileについての情報をまとめて評価しました。 U-mobileは、よく知られる月単位でのプラン、2つの段階毎に料金が定められてい ...

続きを見る

NifMo

nifmo

3GB+音声通話プラン3GBプラン(データ専用SIM)
月額料金1680円900円
通信速度最大262.5Mbps
通信容量上限3GB
通信回線docomo

NifMoはISPの大手@ニフティで有名なニフティ株式会社が取り扱う格安SIMです。最初の月の利用料金が無料となるサービスを提供していますが、最も強調しておきたいのは、ショッピング、アプリをダウンロードすることによって毎月の料金を値下げする『NifMoバリュープログラム』の存在です。

平成28年9月27日からは、家族同士でデータ通信容量を分け合うことが可能となり、料金を合算出来る『NifMoファミリープログラム』も現在検討中とされています。

これが実現すれば、家族全員でNifMoの利用を考えていけるようになりそうです。IIJmio現在絶大な人気を誇っているのがIIJmio、通称「みおふぉん」です。利用者が喜ばせる機能が多数存在し、料金の引き下げ、データ容量を増やすこと等に関しても他社の先頭を行っています。

バースト転送機能、高速回線と低速回線の切り替え機能等といったように、機能の点を見ても素晴らしい使い心地と言えますし、データ容量3GBのプラン料金も他社と比べて高くは感じられません。

また、平成28年9月に『誰とでも3分家族と10分』、『誰とでも5分家族と30分』と呼ばれるオプションが誕生したことで、音声通話に関しては他社には負けないサービスが提供されるようになっています。

nifmo
NifMo(ニフモ)の評判とレビュー

格安SIMアワード2015を獲得した実力派格安SIM、NifMoの評判やメリット&デメリットを詳しく解説しました。 楽天モバイルやiiJmio、LINEモバイルなど他社MVNOとも比較しているのでどの ...

続きを見る

OCNモバイルONE

ocnmobileone

3GB+音声通話プラン3GBプラン(データ専用SIM)
月額料金1800円1100円
通信速度最大262.5Mbps
通信容量上限3GB
通信回線docomo

格安SIMの会社の中で最も大きなシェアを誇るのがOCNモバイルONEです。

NTTコミュニケーションズが取り扱う純正の格安SIMであることから、通信に関する信頼は非常に高いものとなっています。月次、日次両方のプランが存在するので、利用の仕方に応じてプランを選ぶことが可能です。

毎月のデータ容量が3GBの料金を見ても、他と比べて見劣るということはありません。

高速回線と低速回線の切り替え、料金の支払いに口座振替を使える等、利用者が便利と思える機能や、サービスが多数存在する格安SIMとなっています。

ocnmobileone
OCN モバイル ONEの評判と通信速度の比較

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

続きを見る

TONEモバイル

TONEモバイル

3GBプラン(データ専用SIM)
月額料金1000円
通信速度最大600Kbps
通信容量上限3GB
通信回線docomo

TONEモバイルに音声電話プランはなくデータ専用SIM一種類しかありません(IP電話は使えます)。トーンモバイルで格安スマホを購入すると、丁寧過ぎるガイドブックが貰えます。

機能では、現在の居場所が分かる機能や、インストールするアプリを制限する機能、スマホを利用出来る時間を制限する機能、特定のサイトにアクセス出来なくする機能、歩いている間はスマホを利用出来なくする機能等といったものがあり、これらは容易に利用することが可能です。

お子様に持たせるという点では十分ですが、通信速度に難があり、他の格安スマホと比べても性能的に見劣りますので、高校生の方やそれ以上の成人されている方の場合は避けた方がよいかもしれません。

TONEモバイル
TONEモバイルの評判や契約前に知りたい通信速度などまとめ

TONEモバイルで取り扱われている格安スマホは、家庭で利用することに着目した機能やサービスが存在することが特徴となっていて、小学生或いは中学生の方には打ってつけの格安スマホとも言われています。 備わっ ...

続きを見る

nuroモバイル

3GB+音声通話プラン3GBプラン(データ専用SIM)
月額料金1600円900円
通信速度最大375Mbps
通信容量上限3GB
通信回線docomo

ニューロモバイルは毎月の利用料金は平均的で、毎月のデータ容量が2GB、7GBの場合は他の会社より料金が若干安くなっていますが、3GBの場合は安くなっていません。

高度な機能は備わっていませんが、使い切れなかった容量を持ち越すことは可能となっているため、他社より大きく見劣るということはないでしょう。

nuromobile
nuroモバイルの評判・通信速度

nuroモバイル(ニューロモバイルと読みます。)は元のソネット、現在のソニーネットワークコミュニケーションズが取り扱う格安SIMサービスであり、ドコモの回線が使われています。 安い料金で利用でき、デー ...

続きを見る

まとめ

毎月のデータ容量が3GBとなっているプランは利用される方が多く、容量という点では最も取り扱いが多くなっています。

これだけ多いと見比べていくのも時間がかかりますが、どれにしたらよいか分からない場合には、料金が安いという点からもこのプランを選ぶのが良いかと思います。

ツイッターやフェイスブック、ニュースをチェックするといった利用の仕方であれば、3GBあれば十分ですので、そのような方にも向いていると言えそうです。

-データ通信容量別の比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.