10GB

データ通信容量別の比較

データ通信量が10GB以上の大容量プランがある格安SIMの比較

更新日:

ここでは格安SIM、MVNOの中でも1カ月に10GB以上の高速通信が利用できるものを比較していきます。

スマートフォンを利用する上で、大容量の通信量を使いたいという方は10GB以上の通信量があれば安心ですが、NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアで契約するとかなりの高額になってしまいます。そういった場合に格安SIM、MVNOを利用すると利用料金を抑えることができます。

通信量が無制限のプランについてはデータ通信量が無制限のおすすめの格安simのプランを比較で比較しています。

10GB/月で出来ること

1カ月10GB以上のデータ用量があれば、メールやIP電話、LINEの通常利用する場合には何も気にすること無く使うことができます。

データ通信容量が気になるのはWEBページの閲覧、動画視聴、ストリーミング配信の音楽や番組、ゲームのプレイ、SNSを利用する場合です。現在のWEBページは画像が多く使われているので、データ用量を結構使用しています。例えばヤフーJAPANのトップページの場合で900KB、他のWEBページでも500KB程度あります。

全てWEBページを閲覧した場合では10GBで約20,000回表示できます。1日で約666ページになります。

Youtubeの場合、標準画質の360pであれば1日当り1時間程度視聴できます。

ゲームの場合はアプリのダウンロードは100MBくらいですが、アップデートやチュートリアルで800MBに達する場合もあります。

SNSはFacebookやインスタグラムを読み込む際に500KB程度、Twitterは1回ツイートすると100KBくらいになります。しかしSNSも広告や画像を読み込みますので、それ以上に通信容量を消費することになります。

10GBプランの注意点

上記で10GBでどのようなことができるかを見ましたが、格安SIM、MVNOにも通信制限というものがあります。大手キャリアで7GBの通信制限というものがありましたが、10GB以上のデータ容量でも制限があります。3日間で3GBのデータ通信容量を超えた場合に規制されます。

この3GBの規制は全ての格安SIMやMVNOが実施しているわけではないのです。10GBまで高速通信可能な格安SIMやMVNOもあれば、3日で3GB規制するところもあるのです。1日だけ動画やストリーミングを見続ける場合は制限にかかる可能性があるので気をつけてください。

10GBの通信容量で3日で3GB規制していないのは、 BIGLOBE SIMDMMモバイルエキサイトモバイルmineoIIJmioになります。

10GB以上の大容量プランがある格安SIMの比較

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

 プラン名月額料金データ通信量
データSIM 12GBプラン2700円12GB
音声通話SIM 12GBプラン3400円12GB

BIGLOBE SIMは通常の格安SIMプランやスマートフォンとのセット、公衆無線LANの利用特典などのサービスが充実しています。他の格安SIMやMVNOに負けない使い勝手の良いMVNOという位置づけですね。キャンペーンもよく実施されるので、ホームページを頻繁にチェックするのがポイントですね。

その中でも1ヶ月に12GB使える「12ギガプラン」があります。1GB当りの料金は他社とそう大きく変わらないので10GBではちょっと足らないという方にはオススメのプランです。コストパフォーマンスも悪くないですし。

「12ギガプラン」は12GBの高速通信量をSIMカード4枚を追加することによって、最大5枚のSIMカードで共有することができます。共有できることによって家族でデータ通信容量を分け合うこともできるのです。共有して利用する場合はSIMカード1枚につき、カード追加手数料と月額利用料が発生します。

カード追加手数料が3,000円、月額利用料がデータ通信のみが月額200円、データ通信+SMSが月額320円、音声通話SIM(データ+SMS+音声通話)が月額900円になります。

音声通話SIMが追加できるのは、もとのSIMが音声通話SIMの場合です。データSIMの場合は音声通話SIMは追加できません。データSIMの場合はデータSIMしか追加できません。

BIGLOBE SIM
BIGLOBE SIMの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年9月】

BIGLOBE SIMの格安SIMは、格安SIMでもある程度は通話もしたいという人にぴったりの格安SIMです。BIGLOBEでは月々わずか650円で60分の無料通話をすることができる通話パック60とい ...

続きを見る

DMMモバイル

dmm-mobile

プラン名月額料金データ通信量
シングルコース(データSIM)2190円10GB
4570円15GB
6090円20GB
シングルコース、(通話SIM)2950円10GB
5270円15GB
6790円20GB
シェアコース(データSIM3枚)2190円10GB
シェアコース(通話SIM1枚+データSIM2枚)2950円10GB
シェアコース(通話SIM2枚+データSIM1枚)3650円10GB
シェアコース(通話SIM3枚)4350円10GB

DMMがサービスを実施しているMVNOです。高速通信サービスがデータ容量別に10種類以上あります。

数ある格安SIMの中でも実施サービスが豊富なので、自分に合う最適なサービスを見つけることができます。8GB以上のプランであればSIMカードも3枚まで増やすことができるので、通信容量の共有も可能です。全てのプランにおいて業界最安値への挑戦を掲げている今注目の格安SIMです。

さらに毎月の利用金額の10%をDMMポイントで還元しています。10GBプラン、15GBプランにおいてはSIMカードを3枚まで使うことができるので、データ容量をシェアすることができます。

さらにSIMカードの追加に当たっては、データSIMのみの場合は料金は無料です。音声通話SIMの場合はSIMカード1枚当り月額700円の料金が発生します。

動画を見ることが多い方には、DMM.comの動画配信サービスを利用することも検討してみてはいかがでしょうか?

DMMモバイルの利用料でもらえるDMMポイントを使って、動画配信サービス利用料に充足するなど、色々なDMMサービスにも使えます。

dmm-mobile
DMMモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年10月】

DMMが提供する格安SIM、DMM mobileの評価や評判、通信速度(実測値)や実際に使ってみた感想などをまとめました。 多くのプランが設定されているのでライトユーザーからヘビーユーザーまで使える格 ...

続きを見る

楽天モバイル

楽天モバイル

プラン名月額料金データ通信量
データSIM、10GB2260円10GB
通話SIM、10GB2960円10GB

楽天モバイルは楽天グループが運営するMVNOです。通信品質や通信速度についても高評価を得ています。

楽天スーパーポイントも貯められるので、楽天市場をはじめ楽天のサービスをよく利用する人にとってはメリットの多い格安SIMではないでしょうか。5分間かけ放題のサービスもある人気の格安SIMです。

高速通信10GBプランはデータSIMが月額利用料金2,260円、通話SIMが月額利用料金2,960円で利用できます。

この金額は業界最安値を掲げているDMMモバイルと差がない業界最安値に近い料金設定です。ショートメッセージサービスが月額120円と他社より低料金なのもいいですね。

ちなみに3.1Gプランは月額利用料金が900円で1GB当りは約290円になります。

10GBプランが2,260円ですから1GB当り226円ですから、10GBプランは2割以上割引されているということになりますね。楽天モバイルの10GBプランは3日で一定量の通信容量を使うと速度制限がかかります。

これは10GBを超える高速通信を使った場合とは別の制限です。3日制限にかかるのは高速通信利用が3日で1.7GBを超えた場合です。

この制限がかかった状態でも月間の高速通信容量、前月繰越分の通信容量、高速通信容量追加パック分は消費されますので注意が必要です。

楽天モバイルは月間通信容量の10GBが使いきれなかった場合でも、余った通信容量を翌月に繰り越すことができます。繰り越した通信容量の利用期限は翌月月末までになっています。さらに繰り越した通信容量から消費されるようになっているので、使い切れなくても無駄なく利用することができます。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年10月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

続きを見る

IIJmio

iijmio

 プラン名月額料金データ通信量
ファミリーシェアプラン 音声SIM3260円10GB
ファミリーシェアプラン 通話SIM2560円10GB

IIJmioは格安SIMサービスに力を入れているMVNOです。

最大200kbpsの低速のデータ通信でも最初の一定量は高速通信できる初速バースト転送、高速通信と低速通信をいつでもON、OFFできる切り替え機能、余ったデータ通信容量を翌月に繰越できるサービス、みおふぉんダイヤルという通話料半額サービス、最大3枚のSIMカードで10GBのクーポンを分け合えるファミリーシェアプランなどの豊富なサービスが用意されています。

ファミリーシェアプランは1ヶ月10GBのデータ容量を最大10枚のSIMカードでシェアすることができる、家族で共有するのに最適なプランです。

音声通話SIMは1枚追加につき音声通話付帯機能が700円、4枚目以降のSIMを追加する場合にはデータ専用SIM、音声通話SIMどちらも1枚当り400円の利用料金が発生することになります。むやみにSIMを増やすと料金が思った以上に高額になる可能性があるので、事前に計算して検討しましょう。

iijmio
IIJmioの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年10月】

IIJmioは最近楽天モバイルに抜かれてしまいましたが、業界シェア2位の格安SIMが有名になる以前から回線を提供している老舗の格安SIMです。 新規参入してきたMVNOとは異なり、いきなりサービスの提 ...

続きを見る

NifMo

nifmo

月額料金データ通信量
データSIM 10GBプラン2800円10GB
通話SIM 10GBプラン3500円10GB

NifMoはニフティが運営するMVNOです。NifMoはバリュープログラムという独自の還元サービスを実施しています。さらにNifMoはBBモバイルポイントという公衆無線LANサービスが無料で利用できるというのも大きなポイントですね。データ通信容量の節約ができる格安SIMとなっています。

NifMoの10GBプランはデータSIM+SMSなしで月額利用料2,800円、データSIM+SMSで月額利用料2,950円、通話SIMが月額利用料3,500円となっており、他のMVNOの月額利用料金と比べて高めの設定になっています。

その代わりにいくつかの料金割引サービスがあります。スマートフォンとのセットで購入すると機器セット割が適用され、最大24ヶ月の間、月額料金が200円割引されます。さらにバリュープログラムを活用することによって、月額料金をゼロ円に近づけることも可能です。

NifMoの10GBプランにも3日制限が適用されます。直近のデータ通信用量が2.2GBを超えた場合は通信速度が上り下り共に最大200kbpsに制限されます。

この制限は直近3日間の通信用量が2.2GBを下回ると解除されます。他社の3日間制限と比較すると緩めの速度制限となっています。NifMoは公衆無線LANサービスが無料で利用できるので、速度制限を回避するためにも積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

nifmo
NifMo(ニフモ)の評判とレビュー

格安SIMアワード2015を獲得した実力派格安SIM、NifMoの評判やメリット&デメリットを詳しく解説しました。 楽天モバイルやiiJmio、LINEモバイルなど他社MVNOとも比較しているのでどの ...

続きを見る

mineo

auプラン(Aプラン)月額料金データ容量
シングルタイプ(データ通信専用SIM)2520円10GB
デュアルタイプ(音声電話も使用可能なSIM)3220円10GB
ドコモプラン(Dプラン)月額料金データ容量
シングルタイプ(データ通信専用SIM)2520円10GB
デュアルタイプ(音声電話も使用可能なSIM)3130円10GB

mineoはNTTドコモとauのキャリアに対応していて、10GBのプランもラインナップされている数少ない格安SIMです。

大手キャリアに対応しているので、スマートフォンの選択肢が多いのも魅力ですね。契約者間で通信容量を共有できるパケットシェア、パケットギフト、フリータンク、チップなどの機能は他社にはない特徴です。

これなら通信容量制限を上回ることはなさそうですね。気になるのは他の格安SIM、MVNOと比べて料金が割高なところですが、複数回線割や家族割を適用すれば50円引きになるので、家族間で格安SIMを利用する方にはオススメです。

家族の中にスマートフォンのヘビーユーザーがいる場合は、10GBプランにしてはいかがでしょうか。データ用量が余った場合でもパケットシェアで翌月に家族間でシェアできますので無駄にはなりません。

mineo
mineoの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年10月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

続きを見る

DTI SIM

DTI SIM

プラン名月額料金データ通信量
データSIM 10GB525円10GB
通話SIM 10GB900円10GB
データSIM 3600円 15GB
通話SIM 4300円15GB
データSIM 4850円20GB
通話SIM5550円20GB
ネット使い放題(データSIM) 2200円 無制限
 ネット使い放題(通話SIM) 2900円 無制限

2016年5月25日からネット使い放題サービスを実施している格安SIMです。月額利用料金2,376円で利用できるので、コストパフォーマンスに優れています。

また、1GB、5GB、10GBのデータ通信容量を利用する場合は2017年3月31日まで事務手数料最大2,500円引きキャンペーンを実施しているので、この機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

DTIのネット使い放題プランは注目のサービスですし、5分以内の通話が無料になる電話かけ放題と共に注目のMVNOですね。

DTI SIM
DTI SIMの評判や通信速度をまとめて辛口評価

格安SIMのDTI SIMは平成27年9月よりスタートしたということで、割と新しめのサービスとなっています。毎月発生する料金を見ても他の会社の格安SIMと比べて一二を争っています。 公式サイトのキャン ...

続きを見る

まとめ

今まで紹介してきた格安SIM、MVNOの中で、10GB以上のサービスを私が選ぶとしたら、BIGLOBE SIMですね。

どれくらいの通信容量を必要とするかにもよるのですが、BIGLOBE SIMの12ギガプランであれば、基本料金、通信容量共に十分満足できるものです。数ある格安SIM、MVNOの中でもコストパフォーマンスに優れたプランだと思います。

さらにWifiスポットも無料で利用できるので、通信容量の節約にもつながります。Wifiサービスを有効に使えば通信容量は12GBを超える通信容量を利用できるのです。家族全員でスマートフォンをBIGLOBE SIMにする場合もSIMカードを5枚まで追加できるので問題ありません。

どの格安SIM、MVNOに使用か迷った場合はBIGLOBE SIMを選択しておけば間違いないでしょう。

-データ通信容量別の比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.