テザリング

初心者向け

格安SIMでテザリングは使える?注意点をまとめました

投稿日:

外出先でモバイルタイプのWi-Fiルーターを用いてノートパソコン、タブレットでインターネットをしている時にルーターの電源に異常が起きてしまうとインターネットが出来なくなってしまうわけです。

そんな時テザリングを使えばインターネットにつなぐことができるのでテザリング機能を重宝している方は多いかとと思います。(テザリングについてよくわからない方はテザリングとは | サービス・機能 | NTTドコモ参照)

ですから、格安SIMの利用を検討している人の中にも、格安SIMでもテザリング機能は使えるのか?或いは、テザリングがあると便利に使えると思っている人もいらっしゃるかと思います。

「テザリングは使えるのか?」という疑問の答えを先に言ってしまえば、格安SIMを利用している場合もテザリング機能の利用は可能ということになり、ドコモとau、いずれの回線であっても可能なのです。

ですが、どんな場合もテザリングが使えるというわけではありません。

今回は格安SIMを利用している方がテザリング機能を用いる際の注意点、テザリング機能の利用が可能となる条件について説明していくことにします。

どんな時にテザリング機能が使えて、どんな時に使えないのかをここできちんとチェックしておくようにして下さい。

格安SIMでテザリングを使うメリット

テザリングというのは、スマホをモバイルタイプのWi-Fiルーターのような感覚で利用することを指し、Wi-Fiルーターがなくてもスマホを通じてパソコン、タブレットでインターネットを行うことが可能です。

格安SIMが対応しているエリアならインターネットが行えることから、仕事でノートパソコンを使用している方にとっては有り難い機能となります。

また、Wi-Fiとしての働きも持っているため、家族が所有するスマホでもテザリングを利用してインターネットを楽しむことが可能です。

格安SIMでテザリングはできる?

格安SIMでもテザリングが可能ということが信じられない人もいらっしゃるかもしれませんが、実は大部分の格安SIMでテザリング機能が使えるようになっているのです。

しかし、SIMフリータイプの端末でなければいけないという条件が付いてきます。すなわち、SIMフリータイプのiPhone、或いはAndroidOSのスマホが必要ということですが、条件はこれだけではなく、さらに細かなことが色々と絡んでくるのです。

ドコモの端末ではiPhone以外ほぼ不可

ドコモで取り扱っているOSがAndroidのスマホでは、テザリング機能を使用することはほぼ不可能となっています。

これは、上記のスマホのAPNの仕組みが特別であることが関係しています。APNは、格安SIMを用いてインターネットを行う際にはなくてはならない情報であり、APNとは『AccessPointName』の頭文字を取ったものです。

APNは大手携帯電話会社でも会社によって異なりますが、格安SIMの場合も異なることが非常に多いとされています。

ちなみに、APNの設定を誤るとインターネットを行うことは不可能です。ドコモが販売するAndroidのスマホのAPNは、「spmode.ne.jp」というものが使用されています。しかし、ドコモが販売するAndroidのスマホの場合、テザリングの利用によって、「dcmtrg.ne.jp」へとAPNが勝手に変更されるというのです。

ドコモと契約を行なったSIMカードであれば「dcmtrg.ne.jp」と変更された場合でも、認証は問題なく行われるので、テザリング機能も問題なく使用出来ますが、ドコモ系の格安SIMの場合は、APNが変更されることで認証に問題が起きてしまい、テザリングの利用は不可能となります。

ちなみに、ドコモが販売するスマホの場合は、SIMロックの解除を行ってもテザリング機能の利用は不可となっていますが、mineoUQモバイルの格安SIMなら可能となっています。

ドコモのiPhoneはOK

平成28年の春までに発売されたAndroidOSのドコモのスマホの場合、ドコモ系の格安SIMではテザリングの利用はほぼ不可ですが、ドコモが販売するiPhoneの場合はドコモ系の格安SIMであっても、テザリングの利用が可能となっているのです。

ドコモが販売するiPhoneではドコモ系の格安SIMを利用する場合にSIMロックの解除は不要となっています。SIMを交換してからiPhoneに「APN構成プロファイル」を入れるだけでテザリング機能の利用は可能となります。

このように、ドコモが販売するiPhoneの利用者の方であれば、簡単にドコモ系の格安SIMに変更が出来るのです。

auの端末ではほぼ可能

申し訳ありませんが、今回の話は理解し難いと思います。「ドコモが販売するスマホにドコモ系の格安SIMを挿入」した場合にはテザリング機能の利用は不可となっていますが、「auが販売するスマホにau系の格安SIMを挿入」した場合や、「ドコモが販売するスマホにau系の格安SIMを挿入」した場合にはテザリング機能の利用が可能となるのです。

また、auが販売するスマホにau系の格安SIMを挿入した場合、スマホがiPhoneですとテザリング機能の利用は出来ませんが、AndroidOSのスマホなら可能となっています。

つまり、格安SIMをこれまで利用していたauが販売するスマホに挿入することでテザリング機能が利用出来るようになるのです。

このように可能となっているのは、APNの変更が行われないからです。

ただ、ドコモが販売するSIMフリータイプのスマホの中には、au系の格安SIMの利用が不可能なものも存在するといった点には注意が必要です。

auのiPhoneは不可

ドコモが販売するiPhoneの場合、ドコモ系の格安SIMを挿入してテザリングを行うことは可能となりますが、auが販売するiPhoneの場合は、au系の格安SIMを挿入してもテザリングの利用は不可能であり、iPhoneでSIMロックの解除を行っても変わりありません。

SIMフリー端末SIMフリータイプのAndroidOSのスマホではau系の格安SIMであればテザリング機能が使えるわけですが、数としてはあまりありません。

SIMフリータイプのスマホで格安SIMを使われる方は、ドコモの回線を利用する格安SIMであれば選択肢が広がります。

つまり?

テザリングの利用を考えている方は、スマホ本体と格安SIMをセットで購入することを考えるのではなく、各々でテザリングに関することを考えなければ、挿入する格安SIMによってはテザリングが行えない可能性が出てくるのです。

今後テザリング機能を利用する予定のある方は、SIMフリータイプのスマホにドコモ系の格安SIMを挿入して利用されることをお勧め致します。

また、ソフトバンク系の格安SIMが登場することも十分考えられ、スマホと格安SIMとの対応状況や、テザリング機能の利用の可否が気になってくるかと思うのです。

この点についてはMVNOのウェブサイトへ行けば利用可能なスマホが書かれていますので、購入前には必ず確認するようにして下さい。

格安SIMのテザリングの速度

格安SIMを利用した場合の通信速度と大手携帯電話会社を利用した時の通信速度では、どうしても格安SIMの通信速度が劣ってしまうわけですが、格安SIMでテザリング機能を使う際に通信速度が問題となることはないのかを見ていきたいと思います。

大手携帯電話会社と格安SIM、どちらであってもテザリング機能を使用するとインターネットが楽しめますが、スマホを通して通信を行うということから、通信速度の低下は避けられません。

スマホでインターネットを利用する際は普通に通信速度が出ていたとしても、テザリング機能を利用してパソコン、タブレットでインターネットを行う際には通信速度が落ちてしまうのです。

大手携帯電話会社ではテザリング機能を利用した場合でも元々の通信速度が速いことから特に遅いと感じることはないわけですが、格安SIMですと、極端に遅くなることがあります。

格安SIMでテザリング機能を利用しない時の通信速度は3Mbpsから5Mbpsで、回線がたくさん使われる時間帯は200kbpsから1Mbpsとなり、テザリング機能を利用した場合にはこれ以上に低下すると言われているのです。

とはいえ、ホームページの閲覧や、動画再生をする時には500kbpsぐらいでも対応出来るようですので、ご安心下さい。

回線がたくさん使われる正午から午後1時ぐらいの時間以外ですと、テザリング機能を利用した場合でもストレスを感じることなくインターネットをすることは可能です。

無料で使える?

ソフトバンクの場合は、テザリング機能はオプションとして提供されていることから、毎月500円を支払う必要がありますが、格安SIMでは無料で利用することが可能です。

テザリングに最適なMVNOの格安SIMプランテザリング機能を利用するとデータ消費量が激しくなりますが、現在の格安SIMではデータ容量が10GBを超えるプランも取り扱われているので、どのプランがよいか考えてみて下さい。

テザリングを使う際におすすめな格安SIM

テザリングを使うと通信量が多くなりがちなのでデータ通信量が多いプランがおすすめです。以下、データ通信量が多く価格も安い格安SIMを2つ紹介します。

この他のデータ通信量が多い格安SIMについては通信量10GB以上の格安SIMの比較データ通信量が無制限の格安SIMの比較あたりが参考になるかと思います。

最安値のDMMmobile

dmm-mobile現在の格安SIMは容量に十分な余裕を持たせたものが多数見られ、便利に利用出来るようになったわけですが、DMMモバイルでは現在の料金を引き下げることが明らかになっています。

MVNOの中で最も料金が安いことを宣伝文句としていることもあり、データ容量が10GBのプランで2,250円というのは他のMVNOでは見られません。10GBですと思う存分ダウンロードしていけるので、使っていて不満に思うこともないはずです。

楽天モバイル

楽天モバイル楽天モバイルの場合も、データ容量が10GBのプランを毎月2,260円で提供するといったようにDMMモバイルに決して負けてはいません。

毎月2,260円支払うことでモバイルタイプのWi-Fiルーターが使用可能というのは、評価としては非常に高くなります。また、楽天スーパーポイントの獲得が可能ですので、キャンペーンも含め、色々見ていくとお得な情報を得られるかもしれません。

さいごに

ここまでテザリング機能の利用についてお話してきましたが、格安SIMの検討する際は、テザリング機能だけに目を向けるということはせずに、テザリングは困った時のみ使う補助的なものとして捉えてほしいのです。

テザリング機能を利用した場合の通信速度も決して満足のいく速度ではありませんし、動画の閲覧等を行うとすぐに通信容量の上限に達してしまい、通信速度を落とされる結果となってしまいます。

こうなってしまっては、料金が安いというだけで、それ以外のメリットはなくなってしまうわけです。

テザリング機能を頻繁に使用することを避けられない方は、Wi-Fiルーター利用した方が良いとも言えますから、利用の仕方について改めて検討し直すのも良いかと思います。

-初心者向け

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.