ドコモのシンプルプラン

初心者向け

ドコモのシンプルプランは本当にお得?

投稿日:

ドコモでスタートしたプラン「シンプルプラン」とはいったいどう言うものなのでしょうか?月額980円と言う文字で宣伝されていますが、本当に980円だけなのかと言うところや

実際にかかる月々の利用料金まで詳しくご紹介したいと思います。

ドコモのシンプルプランとは?

ドコモが提供するシンプルプランは基本使用料月額980円でスマートフォンや使用料携帯電話を契約できると言うプランになります。このプランはかけ放題などのプランとは異なり、通話はした分だけ支払う必要があります。

次の項目で説明しますが、データ通信に関しても別途プランに加入する必要があり、月額980円で契約した場合は、2年の契約が必要となるのです。

「シェアパック」か「ウルトラデータパック」に加入していることが条件

ドコモのシェアプランシンプルプランは月額使用料980円と安いですが、シンプルプラン単体では利用できず、「シェアパック」もしくは「ウルトラデータパック」に加入する必要があります。

実はこの2つのプランの加入を見落としている方は多く実際にこのデータプランに加入すると、980円で済まないどころか、月々の利用料金は高くなってしまいます。ではこの2つのパックについて詳しくご説明していきます。

シェアパックとは

シェアパック一覧料金
ウルトラシェアパック100(100GB)25,000円
ウルトラシェアパック50(50GB)16,000円
ウルトラシェアパック30(30GB)13,500円
シェアパック15(標準)(15GB)12,500円
シェアパック10(小容量)(10GB)9,500円
シェアパック5(小容量)(5GB)6,500円

シェアパックとはその名の通りデータ通信をシェアするための親回線として使用するパックの事です。

例えば父1人母1人子供1人の家族で利用する場合はお父さんがウルトラシェアパック100を利用している場合、家族3人でその100GBを利用出来ると言うプランです。

100GBあればシェアしても問題なさそうですが、料金面を考えるととても高くて手が出にくくなります。しかし15GBや10GBだとスマホヘビーユーザーの方が1人でもいる場合は残りの人にシェアするのが難しい容量となりますので、難しいところです。

ウルトラデータパックとは

ウルトラデータパック一覧料金
ウルトラデータLLパック(30GB)8,000円
ウルトラデータLパック(20GB)6,000円
データMパック(標準)(5GB)5,000円
データSパック(小容量)(2GB)3,500円

シェアパックはシェアを前提としているため1人では使用できませんが、こちらのウルトラデータパックであれば1人でも利用する事が出来ます。

もともとシンプルプランはシェアパックにしか対応していませんでしたが、このウルトラデータパックの加入でも利用できるようになったので、家族契約でなくても、シンプルプランに加入する事が出来るようになりました。

シンプルプランの加入にはウルトラデータパックの加入が必須なので、最低でも6000円はかかるようになっています。

実質いくら?

シンプルプランの料金どこもでは契約に「基本プラン」「データプラン」「インターネット接続サービス」の三種類に加入しなくてはなりません。

基本プランはシンプルプラン、データプランは先ほど説明したシェアパックやウルトラデータパックに加入するものとして、インターネット接続サービスは月々300円かかります。

では以上を踏まえて実際に月々の料金はいくらになるのかを計算してみました。

シンプルプランを1人で利用した時の料金

シンプルプラン(980円)+ウルトラデータLパック(6000円)+インターネット接続(300円)=計7280円

シェアパックの親回線の場合の料金

シンプルプラン(980円)+シェアパック15(12500円)+インターネット接続(300円)=計13780円

シェアパック子回線の場合の料金

シンプルプラン(980円)+シェアオプション(500円)+インターネット接続(300円)=計1780円

最安でも料金は1780円となり、さらにこのケースの場合は家族の誰かがシェアパックに加入している必要があります。

シェアパック15で計算した金額と合計する場合は13780円+1780円となりますので2台で、15560円。1人あたりのデータ通信容量は7.5GBとなります。

ウルトラデータプランで1人で契約する場合は7280円となります。

この料金には端末の代金や電話料金は含まれていないので、端末を新規で購入した場合やそれに加えて電話をよく利用する場合は月々の料金が1万円を超えてしまいます。

家族でシンプルプランに加入するのは良いですが、1人で契約する場合だとあまりおすすめ出来る契約の仕方ではありません。

シンプルプランと格安SIMどっちが安い?

シンプルプランと格安SIMどちらが安いかで言うと明らかに格安SIMを利用した方が月々の料金は安くなります。

例えば楽天モバイルにスーパーホーダイと言う、電話5分かけ放題に加えてデータ通信容量が6GBのプランがありますが、そちらは月々の料金が2980円になります。(2GBのプランは1980円)

端末を持っている場合はそのまま2980円のみとなり、端末と合わせても5000円前後で抑えられます。

シンプルプランを1人で契約する事を考えると、格安SIMであれば月々半分以下の料金でスマートフォンを利用できる事になります。

シンプルプランを1人で2台のスマートフォンを契約する場合や家族で利用すれば、2台目は1780円になるので、お得と思われるかもしれませんが、実際のところ1台目の料金が高すぎるので2台合わせると全然お得ではありません。それであれば格安SIMを2台契約した方がやはり格段に安くなります。

上記で紹介した楽天モバイル以外にもにも格安SIMを契約出来るMVNOは沢山ありますが、総じてシンプルプランよりは安くなります。

シンプルプランの注意点

シンプルプランにはいくつか注意点がありますので、そこをご紹介したいと思います。

月額980円は2年縛りがある

月額980円は2年契約の場合のみ適用される金額で、定期契約なしの場合は2480円になりますので、月々の利用料が余計に高くなってしまいます。

国内通話は30秒/20円

電話家族宛の通話は無料ですが、そのほかの国内通話の料金は30秒20円となっています。

通話料金は決して安くないので、ほとんどアプリ電話(LINEなど)を利用する場合は良いですが、通話をよくする方にはシンプルプランは向いていません。

さらにこのプランで通話を18分以上するとカケホーダイプランと同じ料金になってしまうため、全然お得ではなくなってしまいます。

通話をよく利用する方はどのプランより逆に高くなってしまう可能生があるので気をつけましょう。

まとめ

2年の契約が必須であったり、電話料金が別でかかってしまう、データプランに別途加入が必要などお得とよべるプランではありません。

1人での契約だと、普通に高いプランになってしまうので、家族で利用するか、もしくはスマートフォンを1人で2台契約する場合などに利用したいプランです。

しかし1台目の料金と2台目の料金を合わせると全然安くないので、あくまでトータルして計算するようにしましょう。

もしスマートフォンの月々の利用料金を下げたい場合は格安SIMの検討をお勧めします。ドコモ回線を利用しているMVNOは多くあり、格安SIMでは契約期間がないものも沢山あります。

大手キャリアから格安SIMに変更するとその料金の違いに驚くこと間違いなしです。各MVNOのサイトから料金シュミュレーションが出来たりしますので、検討されている方は是非やってみてください。

-初心者向け

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 AllRights Reserved.