SIMカードの種類

初心者向け

SIMカードの種類は何がある?サイズの変更方法を解説します

投稿日:

一括りにSIMカードと言ってもその種類は3種類あることをご存知でしたか?SIMカードのサイズ自体は規格化されているので、製造する会社によってサイズが違うと言うことはありませんが、この3種類のサイズは異なります。

そして使用する端末によって対応しているSIMがそれぞれ違うことがありますので、SIMの種類を覚えておく事は格安SIMの契約や格安スマホを購入する場合に役に立ちます。

では各SIMの種類や特徴を詳しく説明していきます。

SIMカードの種類

標準SIM

25mm×15mmのサイズとなっていて、3種類のSIMの中では一番大きなSIMとなります。そのサイズの大きさいから現在では標準SIMカード対応のスマートフォンはほとんど無いと言えます。

microSIM

15mm×12mmのサイズとなっていて、標準SIMとnanoSIMの間になります。

現在の格安スマホなどを中心に主流のSIMとなりますが、SIMとしての性能は同じであれば小さい方が良いので今後はnanoSIMに移って行くことが考えられます。

nanoSIM

12.3mm×8.8mmのサイズとなっていて、スマートフォンの軽量化や性能のアップのため、最新機種はどんどんnanoSIMを採用しています。

今後もnanoSIMを採用する端末は増えていく事が予想されるので、格安SIMを契約する場合はそこもポイントとして抑えておきましょう。

次世代技術?VirtualSIMとは

「SIMカードは必要ないのではないか?」と言うところから生まれたのがSIMカードをデータ化してしまうVirtualSIMです。

現在はスマートフォン1台に対して1枚か2枚のSIMカードを使用することが可能ですが、それを端末の内臓メモリもしくはクラウド上に保管することによって複数のSIMカードを使用することが可能になります。

例えば海外に行ってスマートフォンを使用するとなると、当然日本国内キャリアである回線(ドコモ回線など)は使用できません。

そのため海外回線を使用する場合はデータローミングを使用して現地の回線を掴みますが、通常の4G環境下でそれをやってしまうと、利用料金が大きくなりいわゆる「パケ死」してしまうので、通常はレンタルWiFiを借りるか、現地でプリペイドSIMを購入する必要があります。

VirtualSIMが採用されればこう言った場合でも端末内でSIMカードの交換が出来るため、わざわざ現地でSIMカードを購入する必要がなくなると言うことです。

上記は一例ですが、VirtualSIMが次の世代の機種には導入されるのではないかと言われています。

SIMカードサイズの確認方法

一般的にはSIMカードが刺さっているスロットをピンで開ける方法がありますが、手元にピンが無い場合やスロットがどこか分からない場合はmineoのサイトで機種やメーカー、発売時期などを入力すると、SIMのサイズが分かると言うサービスがあります。

そちらを利用すれば、スマホのスロットを開けることなく調べることが可能になります。

iPhoneは?

iPhoneの場合Appleの公式サイトに歴代iPhoneのSIMサイズが記載されているのでそちらを確認するのが確実です。

Apple、iPhoneのSIMサイズを調べる
https://support.apple.com/ja-jp/HT202645

SIMカードのサイズが違う場合は?

もし手持ちのスマホとSIMのサイズが合わない場合はそのまま捨てて新しいSIMを契約し直さないといけないの?ど疑問を持っている方も多いと思います。

しかしSIMのサイズが違ったとしても、対処する方法はいくつかありますので、その方法をご紹介します。

契約先で「SIMカードのサイズ変更」を申し込む

simカードの交換SIMサイズを間違えて契約してしまった場合やスマートフォンを買い換えてSIMのサイズが変更になった場合、契約している会社に、SIMカードのサイズ変更を申し込むことが出来ます。

この方法が一番確実な方法なのですが、SIMカードの再発行には平均して1枚2000~3000円ほどの新規発行手数料がかかってしまいます。

全てではありませんが格安SIMの中には、新たなSIMの発行が完了して時に現在の回線が止まってしまうと言うことがありますので、その期間中はスマートフォンの利用が出来ないことになります。

もちろん新たなSIMが届いてから回線の変更を行う会社もありますので、一概には言えませんが、SIMカードのサイズ変更を申し込む場合は確認しておいた方が良い項目になります。

SIM変換アダプターでサイズを大きくする

変換アダプターでは、通常SIMをnanoSIMにすることは出来ませんが、nanoSIMをmicroSIMや標準SIMに変更することが可能です。

通常SIMを再発行すると2,000円〜3,000円かかりますがこの変換アダプターを使用すれば、数百円で変換が可能です。

しかし変換アダプターにはいくつかのリスクがあります。まず故障してしまう可能性があると言うことを頭に入れておかなくてはなりません。

本来入るはずのないSIMカードを入れる訳なので、不具合が起こる可能性は0%ではありません。

そしてそれらの方法で故障した場合は保証の対象外となりますので、自己責任で行わなくてはなりません。

そして次にSIMカードが中で外れていると言う事も機種によっては起こりえます。nanoSIMはかなり小さなSIMカードなので、機械の中で落ちてしまうと出すが大変になります。

最後に変換アダプターが抜けなくなる可能性もあります。これは上の注意点とも繋がっているのですが、nanoSIMが抜けるとアダプターの中心は空洞になります。

そこがスマートフォンの中の端子に引っかかって抜けなくなると言うケースや、普通に抜けなくなるケースもあります。

もちろん何事もなく使用出来る場合がほとんどですが、中には故障に繋がるケースもありますので、一番良いのはSIMカードサイズの変更を行う事です。

SIMカードのサイズを小さくするSIMカッター

SIMカッターSIMカッターは、標準SIMやmicroSIMをカットしてnanoSIMに変更する事が可能です。専用のパンチみたいな物にSIMをセットして小さいSIMのサイズに合うように周りを切り落とします。

まず基本的な事なのですが、SIMカードの加工は禁止されています。後々機種変更や契約解除のタイミングで会社によってはSIMカードの返却を求めてくる会社もありますので、気をつけましょう。

そしてこの方法で成功する可能性はもちろんあるのですが、失敗する可能性の方が多くあります。そして先ほどと同じように故障する原因になりかねないポイントがあります。

SIMカッターを使用した場合、切り抜くので周りがギザギザしてしまうのです。そのギザギザが引っかかり抜けなくなるケースがありますので、素直にSIMカードサイズの変更を行いましょう。

まとめ

SIMカードは聞きなれた言葉ですが、実際にSIMカードの種類が3種類に分かれている事を知っている人は少なかったのではないでしょうか?また実物のSIMカードを必要としないVirtualSIMも今後登場してくる可能性があります。

SIMカードのサイズを確認する場合は抜いて確かめることが一番ですが、今はインターネットで調べるとたいていのSIMカードの情報が出てくるので、サイズ選びも困りません。

万が一SIMカードのサイズを間違ってしまった場合や、スマートフォンを変えてサイズが違う場合でも、無理にアダプターやSIMカッターを使用するのではなく、失敗してスマートフォン自体が故障するリスクを考えると、SIMカードのサイズ変更の変更をオススメします.

-初心者向け

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.