海外用プリペイドsim

初心者向け

海外用プリペイドSIMを使って海外でもスマホを安く使おう!

投稿日:

海外でもインターネットに接続出来る、海外用のプリペイドSIMとは一体どう言ったものなのでしょうか?

今回は海外用プリペイドSIMについてご紹介したいと思います。

海外用プリペイドSIMメリット

海外でスマホからインターネットが使える

通常日本で使用しているスマートフォンを海外で使用するとなると、日本のパケット定額プランは海外で適用されないため使用したとしても、かなり高額な請求が来る事となりいわゆる「パケ死」する事となります。

ですが海外用のプリペイドSIMを使用する事で、データ通信容量の上限はあるものの、海外からでもインターネットに接続する事が可能となります。

使いすぎで料金が高額になることがない

海外用とは言えプリペイドSIMなので、使いすぎたとしても最悪データ容量が無くなり、使用できなくなるだけなので、最初にSIMを購入した料金を上回って請求が来る事がありません。

そのため海外でも観光情報や、マップなどを気兼ね無く使用することが出来ます。

キャリアの海外プランやWifiよりも安い

そして最大のメリットと言っても過言ではないのが、キャリアの海外使い放題プランや空港借りるレンタルWi-Fiよりも金額がかなり安いと言うところです。

SIMカードが一枚あればどの国でも使える

国際通話

SIMカードの種類にもよりますが、周遊SIMと言って複数の国をカバーしているSIMカードも存在します。

このSIMカードはデータローミングをONにしておくだけで、その国の回線をキャッチして使用する事が出来るため、複数の国を周る場合でもSIMカードが1枚で済みます。

しかし1つの国の回線しか使用できないSIMカードももちろんあります。特に現地で購入するSIMカードは大抵の場合がその国でしか使用する事が出来ません。

チャージすれば何回でも使える

simカードの交換

例えば通信データ容量が5GBのプリペイドSIMカードでも、データ容量が無くなってからチャージすれば同じSIMカードを使用する事が出来ます。

国内で販売されているプリペイドSIMカードは、日本語での説明書が付属していて、日本語の画面でチャージが可能ですが、現地で購入、もしくはネットで購入した海外のSIMカードは、チャージ画面が外国語のため、基本的にチャージ出来ないものと思っておいた方が良いです。

契約不要なので楽

プリペイドSIMカードの場合契約がいらないので、SIMカードを差し替えるだけで使用する事が出来ます。

しかしプリペイドSIMを始めて利用する場合は簡単な設定が必要となるので、使用するSIMカードの説明書に沿って設定を行いましょう。

海外用プリペイドSIMの購入方法

海外用プリペイドSIMを購入する方法はいくつか存在します。

  • MVNOの業者が提供している海外用プリペイドSIMを利用する方法
  • 家電量販店やMVNOの実店舗で購入する方法
  • amazonなどのネットショップで購入する方法
  • 旅先(現地)で購入する方法

代表的なもので言うと上記のような購入方法が挙げられます。MVNOが提供している格安SIMはチャージ型の物が多くチャージも比較的簡単に行う事が出来ます。ネットで購入する事が可能です

家電量販店やMVNOの実店舗で購入する方法はMVNOの中でも「楽天モバイル」や「mineo」など実店舗があるものがあります。

その店舗に直接買いに行くと言うものです。しかし海外SIMは店舗に在庫がない場合もありますので、事前に電話で確認してから向かうのが良いです。

amazonなどのネットショップで購入する方法は、ネットで簡単に購入出来る反面、海外製のものだったりすると、情報が上手く得られず自分が向かう国に対応していないものを購入してしまうと言うリスクもあります。

しかし上手く利用すれば国内のMVNOで購入するよりもSIMの料金をかなり安く抑える事が出来ます。

旅先(現地)で購入する方法は現地の空港街で販売されているSIMカードを購入すると言うものです。

国によりますがSIMを売っている場所は多くありほとんどの確率で見つかるので、多少のコミュニケーション能力は必要になりますが、自身のある方は一番安くなる方法なので挑戦してみるのも良いと思います。

オススメの海外用プリペイドSIM

楽天モバイルの海外SIM

楽天モバイルの海外SIM

SIMの購入価格は3,000円で、30MBがサービスがついています。

  • 地域別パック
  • クレジット

の二つのプランがあり、地域別プランは自分の行きたい国に合わせて選べるものと、多くの国で使えるクレジットのプランがあります。

「Cubic Telecom(キュービック・テレコム)」という会社のローミングSIMを再販しているものになります。

  • 提供会社:楽天株式会社
  • 対応地域:180ヶ国以上

データ料金
アメリカ :18円/1MB
ヨーロッパ:22円/1MB
アジア  :31円/1MB

mineoの海外プリペイドSIM

mineoの海外用プリペイドsim

mineoのプリペイドSIMもSIMカード代金3,000円が初期費用として必要ですが、はじめから30MBがチャージされているのが特徴です。

チャージ方法は2種類あり、あらかじめデータ容量を指定する「データパックチャージ」と、金額を指定し必要な分だけチャージする「従量チャージ」があります。

初期費用(税別)3,000円
データパックチャージ

(免税)

30MB 650円

100MB 1,480円

500MB 5,480円

1GB 9,800円

従量チャージ1MBあたり

(免税)

Zone1 32円

Zone2 92円

Zone3 858円※

※【Zone1】アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、中国、韓国、タイ、シンガポール、インド、ブラジル、ペルー、南アフリカ共和国、サウジアラビア、ロシアなど
※【Zone2】フィリピン、ベトナム、オーストラリア、エジプト、イスラエル、ヨルダンなど
※【Zone3】ジャマイカ、コロンビア、ドミニカ、ウクライナ、スイス、セルビア、ガーナ、クウェート、マカオ、フィジーなど

チャージが1MBからと小刻みに行えるので、無駄にデータ容量を残すことなく使用する事が可能です。

IIJmio 海外トラベルSIM

IIJmio 海外トラベルSIM

初期費用(税別)3,000円
データ通信プランスタートパック3,850円

リチャージ100MB800円

リチャージ500MB3,850円

音声通話付きプランスタートパック4,600円

リチャージ100MB+通話6分1,000円

リチャージ500MB+通話30分3,850

こちらも国内で格安SIMを展開している「IIJmio(アイアイジェイミオ)」の海外プリペイドSIMです。

使えるのが42カ国と少ないですが、日本人が旅行で訪れるアメリカやヨーロッパなどの主要な国は抑えており、シンプルで分かりやすい料金となっています。データ専用SIMか音声通話機能付きSIMを選べます。

アイツー トラベルSIM

アイツー トラベルSIM

1日パック ※パック番号:15.5US$(25MB)
14日間まで ※パック番号:225US$(125MB)
14日間まで ※パック番号:345US$(250MB)
30日間まで ※パック番号:475US$(500MB)
たっぷり1GBパック ※パック番号:599.9US$(30 日間有効)
追加パック(24時間) ※パック番号:69.9US$(25MB)

アイツー トラベルSIMでは、用途に合わせて「トラベルSIMトーク」「トラベルSIMデータ」の2つのSIMから選べます。

電話も利用できる「トラベルSIMトーク」を利用すれば、海外で受信した電話料金が無料になります。

チャージ残高が0円でも通話の受信は可能なため、いざとなったら相手に電話をかけてもらえばお金がかからないという使い方もできます。

Mighty SIM

Mighty SIM

500 MB¥2,200
1 GB¥2,800
2 GB¥4,600
3 GB¥6,400

※ヨーロッパ33ヶ国の料金目安

一度SIMを買えばオンラインですべて管理できるプリペイドSIMで、全世界100か国以上で使用する事が出来ます。

自分が行く国に対応したプランを購入しておけば現地ですぐに使えます。ゾーンによってデータの料金が変わります。

Gigsky

Gigsky

初期費用(SIMカード代金)2,980円(税込)

¥1,800 100MB 3日
¥3,000 250MB 7日
¥4,200 500MB 14日
¥6,000 1GB 30日
※アメリカの場合の料金

GigskyはApple SIMにも採用された信頼性の高いSIMで、90カ国以上で利用できます。データ通信専用のSIMカードなので、音声通話をしたい方は注意が必要です。

海外業者のSIM

ZIP SIM

ZIPSIM

プランと有効期限料金
500MB14日間2,000円程度
500MB+通話+SMS7日間2,400円程度
1GB+SMS14日間2,600円程度
2GB+SMS30日間4,300円程度

 

Three

  • 料金:2900円程度
  • 3GB 90日間

イギリスの通信会社であるThreeが提供しており、イギリス国内は4G回線にも対応しています。期間が長い事が特徴で、42ヶ国で使用が可能です。

SIM2Fly

SIM2Fly

  • 料金:1,400円程度

韓国・台湾・シンガポール・香港・マレーシア・マカオ・インド・ミャンマー・フィリピン・ラオス・カンボジアなど複数の国で使用できる周遊SIMとなっています。

データ通信量は、8日間無制限となっていますが、3GBを超えると低速モードになります。

注意点

発行手数料がかかる

多くのSIMカードで初期の発行手数料が約3000円程かかります。この費用を抑えたい場合は海外業者のSIMカードを選ぶ必要があります。

SIMフリーのスマホが必要

大手キャリアのスマートフォンを使用されている場合、端末のSIMロック解除が必ず必要となります。

自分の端末がSIMロック解除されているかを必ず確認してから海外へ行かないとSIMを持っていても使用する事が出来ません。

おすすめの格安スマホを比較

今ではすっかりお馴染みの「格安スマホ」。聞いたことがないという方もだいぶ減ったのではないでしょうか? その人気から、現在は数多くのメーカーからさまざまな機種が販売されています。 しかし、メーカーの選択 ...

SIMカードのサイズを確認しておく

SIMカードのサイズは標準SIM、micro SIM(マイクロSIM)、nano SIM(ナノSIM)の3種類ありますので、自分が使用しているスマートフォンはどのサイズかを確認してから購入しましょう。

ちなみに最近のスマートフォンの多くがナノSIMが主流です。

SIMカードの種類
SIMカードの種類は何がある?サイズの変更方法を解説します

一括りにSIMカードと言ってもその種類は3種類あることをご存知でしたか?SIMカードのサイズ自体は規格化されているので、製造する会社によってサイズが違うと言うことはありませんが、この3種類のサイズは異 ...

周波数帯が対応するSIMを選ぶ

バンド1/2.0GHzやバンド3/1.7GHzなど自分が使っている端末が対応している周波数帯とこれから使うSIMカードの周波数帯が対応しているかを確認してからSIMを選びましょう。

海外用プリペイドSIM使い方

基本的に使い方はSIMカードを差し替えてから「データローミング」をONにすると現地の回線を自動で繋いでくれます。

SIMによっては設定が必要なものもありますので、各SIMの説明書に従いましょう。

まとめ

このように海外用のプリペイドSIMを活用すれば、レンタルWi-Fiやキャリアのデータプランよりも、料金もお得に無駄なく海外でインターネットに接続する事が出来ます。

SIMカードの種類が多いので、自分に合ったプランがあるSIMカードを選びましょう。

-初心者向け

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.