格安SIMとアプリ

LINEの年齢認証を格安SIMでクリアしID検索を使う方法

投稿日:

格安SIMの利用者していく中でLINEを使ってみたいとは思っても、LINEを使うためには年齢認証をしなければならないので、半ば諦めてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、本記事では格安SIMを利用している場合、どのように年齢認証をクリア出来るのかを見ていきたいと思います。

格安SIMとLINEの友達追加について

LINEはSMS機能をつければ使える格安SIMを利用中の方がLINEの利用を始めるには、LINEとリンクさせる電話番号を用意しなければなりません。

また、契約の際には、『SMSの利用が可能なデータ専用SIM』、『音声通話が可能なSIM』、或いは『フィーチャーフォンとデータ専用SIM』のうち、いずれかが必要となっております。

最初の設定では、PINコード(4桁)が必要で、PINコードは電話番号を入れた後にSMSで送られてきますので、あとはそれをPINコードの入力画面で入力してあげるだけです。

LINEのID検索機能は年齢認証が必要

LINEでは、『IDで知り合いを検索する』、或いは『知り合いがIDで自分を検索する』といったことが出来るわけですが、これを利用するにあたっては、ドコモ、ソフトバンク、auのいずれかのSIMを利用して年齢確認を行うことが求められています。

しかし、これらの会社との契約を解除したとなると、年齢確認が行えなくなってしまうのです。

例を挙げるなら、ドコモを契約していた方の場合、年齢確認を行うにはドコモのIDとパスワードが必要なのですが、ドコモとの契約を解除した時点でドコモのIDは無効となるので、それが行えないということになります。

格安SIMの場合LINEの年齢認証できる方法は限られる

LINEの利用を開始する際の最初の設定では年齢認証が行われるわけですが、この認証で使われるのが、ドコモやソフトバンク等と契約を交わしている内容です。

年齢認証はLINEと大手携帯電話会社との間で行われます。

実際の操作ですが、『年齢確認します』を選ぶことで、それぞれの携帯電話会社のマイページへログインするための画面に移動し、その画面でIDとパスワードを入れると年齢認証に必要な番号がSMSで送信されてきますので、あとはこれを年齢認証の画面で入力してあげれば完了です。

しかし、格安SIMの場合はこのような手順を踏むことが不可能となっており、例えばドコモの回線を利用した格安SIMでは、ドコモで契約していた時と同様、ドコモのIDが必要となっています。

もちろん、必要とはいってもドコモとの契約は解除済みですので、ほとんどの方がドコモのIDを所持しておらず、どうしてよいのか分からなくなってしまうのです。

また、最近になってドコモとの契約がない方でもドコモのIDの所持が可能となったことで、解決出来るのではないかと思えてしまいますが、そのIDとパスワードを入れたとしても、MVNOのサーバーへ繋がることになるので、ログイン出来ず当然SMSが送られてくることもありません。

そのため、年齢認証が行えず、IDの検索機能も使えないこととなります。

格安SIMでLINEの友達追加を行う方法

ふるふるを使う

ふるふる年齢確認が行えていない状態でも「ふるふる」の利用は可能です。「ふるふる」は、GPSを利用して知り合いの登録が行えるという機能であり、相手も自分と同じタイミングで「ふるふる」を使うことで相手のIDを知ることが可能となっています。

しかし、「ふるふる」を使えるのは登録したい人が側にいるという条件があり、違う地域に住む知り合いを登録するといったことは出来ません。

IDの検索機能を使えない人にとってはこれが最も大きな壁となっています。

違う地域に住む知り合い等の登録はどのようにすればよいのでしょう?離れた地域でもLINEの友達追加をする方法は以下の3つになります。

LINEモバイルを使う

LINEモバイルLINEモバイルと契約している方であれば、契約をする際に年齢をLINEモバイルに提供している状態となっています。

これによって年齢認証を行えるようになるわけですが、他社の格安SIMでは行うことは不可能となっており、LINEモバイルの魅力の一つでもあるのです。

今回の年齢認証等、LINEを思うがまま利用していきたいという方は、LINEモバイルを利用するのがベストかと思います。

そして、LINEモバイルと契約していない方であれば、LINEのアカウントを作成する際にはSMSによる認証が求められますが、LINEモバイルと契約することで、SMSが使えないデータ専用SIMであってもLINEのアカウントが作成出来てしまうのです。

これもLINEモバイルと契約することの魅力となっています。

LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年10月】

LINEモバイルのサービスが開始されてある程度時間が経過したので信頼できる口コミが集まってきました。この記事ではネットの口コミと契約前に知っておきたいこと、ほかの格安SIMと比較した際のメリットとデメ ...

続きを見る

自分専用のURLを作成する

IDの検索機能が使えないということは、相手にも自身のIDを登録してもらえないということも意味しています。しかし、この問題もLINEで『自分専用』のURLを作成することで解決することが可能です。

作成した『自分専用』のURLを登録したい相手に教えてあげることによって、自分を検索してもらえるようになります。つまり、IDの検索機能を使う場合とほぼ同等のことが出来るというわけです。このURLを作成するにはまず、LINEの『友だち追加』の画面にある『招待』をタップすると招待メールの画面へと切り替わります。

実はそのメールの中に『自分専用』のURLが書かれていて、URLは不変なものとなっているので、これを書き留めておいて相手に伝えてあげれば、検索、友だち追加を行ってもらうことも可能となるのです。

キャリアを一時的に使うこれを行うには予めドコモのID、ソフトバンクのSIMを用意する必要があります。

単刀直入に言ってしまえば、年齢認証を行うためだけにドコモやソフトバンク等のSIMを格安スマホに入れるという方法です。

大手携帯電話会社のSIMを持っていることが大前提ですが、もし持っていない場合でもその時だけ貸してもらうことで年齢認証を行うことが可能となっています。

QRコードを使う

LINEでは、自身のLINEのアカウントに関するQRコードの作成ができ、作成したQRコードを登録したい方に読み込んでもらえば友だち追加が行える上、違う地域に住む知り合いにも画像という形で送ることが可能となっています。

この方法の良いところは、メールアドレスを知らない方へもツイッター、インスタグラム等のSNSの情報さえ分かれば送信出来てしまうという点です。

-格安SIMとアプリ

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.