ワンセグ

初心者向け

格安simでもワンセグを見られます!格安sim,スマホでワンセグ使う方法

投稿日:

月々の支払いが安くなる格安SIMですが、ワンセグは使用できるのでしょうか?

今回の記事ではワンセグが使用できるかに加えて、どうやって使用するのかと言うところもご紹介したいと思います。

格安simでワンセグは使える?

格安SIMであってもワンセグを使ってTVをスマートフォンで視聴する事が可能です。

ガラケーの場合は特定のSIMでしか見る事が出来なかったりするのですが、スマートフォンはSIMが関係ないのでワンセグを使う事が可能です。

ワンセグとフルセグの違いは?

ワンセグとフルセグの違い

  • ワンセグ:画質が荒い、比較的どこでも見れる
  • フルセグ:画質がキレイ、電波が良いところでしか見れない、移動中は途切れる

簡単に説明すると上記のような違いがあります。

ワンセグはスマホを縦にした状態で見る場合は、そんなに画質の荒さは目立たないのですが、横にして全画面で見るとかなり荒い画質になります。

フルセグなら横にして全画面にしてもキレイな画質のままですが、電波が良いところでしか見れません。

室内で見るのは厳しい場合が多いです。移動中も途切れることがあります。

格安sim、格安スマホでテレビをみる方法

ガラケーの場合は携帯電話の端末に最初からある事が多かったワンセグ機能ですが、スマートフォンには、ワンセグ機能を搭載していないiPhoneのような端末も多くあります。

ですがワンセグ機能を必要としている人は多く、ワンセグ機能を重視する人も多いのが現状です。

実際に格安SIMでどうやってテレビを見るのかを説明して行きたいと思います。

ワンセグ対応の格安スマホを使う

Android端末にはワンセグ対応のものがありますので、それを使う方法が一番早いと言えます。

ここで勘違いしやすいのが、契約するキャリアMVNO(※au,docomo,softbank,その他楽天モバイルなどの格安SIM)によってワンセグが 視聴できるかどうかが決まるのではなく、使用する端末によって違うと言うところです。

白ロムを使う

白ロム

白ロムとはSIMカードが入っていない端末の事を指します。

電話番号等の契約情報が記録されているSIMカードが入っている状態でスマートフォンは使用できるのですが、そのSIMカードを抜いた状態の端末の事を通称白ロムと呼びます。

ワンセグはSIMカードを抜いた状態でも使用できるため、この白ロムを使用する事でワンセグを見ると言う方法もあります。

白ロムはAmazonを始めとするネットショップなどで購入が可能ですが、もし中古を検討しているのであれば電池の消耗具合などもあるので注意が必要です。

外付けワンセグチューナーを使う

外付けのワンセグチューナーを使用すれば、ワンセグ非対応のiPhoneでもワンセグを視聴する事が出来ます。録画機能がついているものもあり、差し込むだけで簡単にTVを見る事が可能となります。

TV視聴アプリを使う

Tver

ワンセグ機能がついていなくてもアプリを使えば、スマホでテレビを見ることが出来るようになります。この方法であれば画質が荒くなる事もなければチューナーも必要ありません。

またワンセグで受信できない場所にいて録画できなかった場合も、アプリを利用すれば放送後に番組をチェックすることができるので、テレビ視聴アプリをダウンロードしておくと便利です。

ただし注意する点もがあり、アプリを使用した場合はリアルタイムで視聴する事は出来なくなっていて、TVドラマなども無料で見る場合は見逃し配信となります。

したがって、リアルタイムで見たい方はこの方法以外の方法でワンセグを視聴する必要があります。

ワンセグ対応のsimフリースマホ

arrows M04

arrows M04 PREMIUM

arrows M04PREMIUM版
CPUクアッドコア1.2GHz Snapdragon 410 (MSM8916)
RAM2GB3GB
ROM16GB32GB
ディスプレイ5インチ
解像度720×1280
カメラ背面1310万画素/前面500万画素
電池容量2580mAh
サイズ144 × 71 × 8.0mm
重さ148グラム
連続待受LTE 640時間
価格3万2800円(MVNO価格)3万3700円(UQ限定)

ワンセグには対応していますが、全体的なスペックはそこまで高くありません。

また録画機能も搭載されていないため、スマホ全体の機能も重視される方は違うスマホをおすすめします。

arrows M03arrowsM03

 

実売価格:税込2万5000円程度

性能:5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ141グラム、電池容量2580mAh、防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応、ナノSIM、Android 6

au系の格安SIMでも使えるワンセグ対応のスマホを探している場合は、このarrows M03が有力です。

フルセグには対応していませんが、ワンセグ視聴が可能となっています。アンテナは内臓なので、視聴するときもアンテナを立てる必要はありません。

AQUOS mini SH-M03

AQUOS mini SH-M03

実売価格:税込3万5000円程度

性能:4.7インチ、CPUヘクサコア1.8GHzx2/1.4GHzx4、RAM3GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ120グラム、電池容量2810mAh、防水、おサイフケータイ、ワンセグ対応、ナノSIM、Android 6

端末自体の価格はarrows M03より高いですが、ワンセグ意外の機能が全体的に高いのが特徴的です。録画はROMにのみ保存可能となっていて、この端末自体はROMが16GBしかないため容量には注意が必要です。

AQUOS SH-M01

AQUOS SH-M01

価格:5万2800円程度

4.5インチ フルHD(1920 x 1080) IGZO液晶、Snapdragon 800 MSM8974 2.2Ghz クアッドコアCPU、2GB RAM、16GBストレージ、Android 4.4.2 KitKatなど。

約4.5インチのIGZO液晶ディスプレイを搭載 フルHDの高画質表示、出来るのが特徴なので、ワンセグも綺麗に視聴する事が可能です。

TONE m17

TONE m17

OSAndroid 7.1.1
画面サイズ5インチ(720×1,080)
CPUMSM8916(64bit 1.2GHz クアッドコア)
メモリ2GB
ストレージ容量16GB
カメラアウト:1,310万画素

イン:500万画

通信機能Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n

Bluetooth:4.1

バッテリー2,580mAh

基本スペックはarrows M04に非常に近くそこまで高くありません。CPUはクアッドコアですが2013年に発表された古いモデルなので、最近のミドルスペックスマホと比べると劣りますが、ワンセグとおサイフケータイに対応しています。

アンテナを内蔵しているので、見たい時に見る事が出来て、わざわざ外部アンテナを持ち歩いたり、見るたびに設置したりする必要がありません。

ワンセグ、おサイフケータイともに海外製のSIMフリースマホではほとんど搭載されていないので、格安SIMでもこれらの機能を使いたい人には嬉しい機能です。

DIGNO L

DIGNO L

寸法(高さ×幅×厚さ)約141×71×10.1mm
質量約155g
ディスプレイ

(サイズ/タイプ/解像度)

約5.0インチ TFT液晶(1280×720 HD)
カメラメイン約1300万画素CMOS
サブ約200万画素CMOS
電池容量3,000mAh
OSAndroid™ 5.1
チップセットMSM8916
クロック数 / コア数1.2GHz / 4
本体メモリ容量※1ROM16GB
RAM2GB
対応外部メモリ※2

(規格/最大容量)

microSDXC™/128GB
防水○(IPX5 / IPX8)※1
防塵○(IP5X※2)

京セラ製のスマートフォンです。43℃のお湯に浸かっても故障しないことが試験済みで、ハンドソープで洗えるといった特徴があります。

お風呂や水回りでワンセグを使用したい方にもおすすめで、場所を選ばずテレビを気軽に見る事が出来ます。

Android One X1

Android One X1

OSAndroid 7.1
SoCQualcomm Snapdragon 435(MSM8940)

1.4GHz + 1.1GHz(オクタコア)

内蔵メモリRAM : 3GB / ROM : 32GB
外部メモリmicroSD/microSDHC/microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ5.3インチ Full HD (1,920×1,080px)
バッテリー3,900mAh
サイズ(高さ×幅×厚さ)約152mm×約74mm×約8.9mm
重量約169g
カメラメイン:1,640万画素

サブ:800万画素

Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetoothver.4.2
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
カラーダークパープル、ミントグリーン、ホワイト
価格¥21000円ほど

SHARPが生産していることもあり、防水/防塵にも対応しており国産スマホでほしい機能はニーズに答えられていて、おサイフケータイにも対応しています。

格安simでワンセグを使う際の注意点

ワンセグ対応の格安スマホは少ない

海外のメーカーのスマートフォンにはほとんどワンセグ機能がついていないため、ワンセグを重視しようと思うと、選べるスマートフォンが限定されてしまいます。

ワンセグを優先するがあまりスマートフォン全体の機能がイマイチだと、ワンセグを使う時間よりスマートフォンとして使う時間(メッセージ送信や電話、ゲームなど)の方が多いため、失敗してしまう事もあります。

ワンセグ視聴中はバッテリーの消費が激しくなる可能性もある

スマホの電池持ち

ワンセグ使用中はずっとディスプレイで映像を流している訳なので、バッテリーの消費が激しくなる事があります。

データ通信を使用しないのは良いのですが、バッテリーがすぐなくなってしまってはスマートフォンとして使えなくなります。

まとめ

格安SIMでもワンセグ視聴をする事は出来ますが、端末によっては視聴できないものもあり、その場合は別途ワンセグチューナーなどが必要となります。

また選べる端末が少なくなるため、例えばカメラ機能やメモリを自分の要望通りのものにできない事もあります。

アプリでよくゲームをする方やスマートフォンをよく使うヘビーユーザーの方がワンセグを重視するとスマートフォンの機能に不満が出る事が多いため、その場合はスマートフォン全体の機能を重視して、ワンセグの視聴は白ロムなどを使用する事をおすすめします。

-初心者向け

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.