1000円

格安SIMの料金別の比較

安いだけじゃない?月額利用料金1000円以下のおすすめ格安SIMを比較

更新日:

昨今は格安SIMが世間に浸透したことにより、スマホを買い換える際の選択肢の幅がずいぶん広がりましたね。ただ、大手キャリアと比べると格安SIMは本当に多くの会社が提供しているため、乗り換えを検討しているものの、いまだ実行に移せていないという方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなお悩みを解決すべく、月額利用料金1,000円以下のオススメ格安SIMをご紹介いたします!

月額1,000円以下の格安SIMの選び方

格安SIMが月額1000円以内で使えてしまう理由は、LTEによる高速通信容量が少ないというところにあります。

今現在、主要となっている格安SIMにおいて月額1000円以内で使用可能なスマホの高速通信容量は3GBとなっており、けして容量が多いわけではないので使い方には工夫する必要があるのです。

では、月額1000円以内の格安SIMを上手に活用していくポイントをご紹介しましょう。

プランを吟味

月額1000円以内のデータSIMのデータプランは大きく人気が二分されています。

月額500円程のデータプランは高速データ通信が1GB、月額900円程のデータプランは高速データ通信が3GBとなっていて、この2つのプランが人気となっています。

ご自宅にWiFiをお持ちで、外出先ではスマホを使わない場合であれば月1GBのデータプランの格安SIMでも十分でしょう。

ご自宅にWiFi環境がなく、インターネットがない場合や外出先でもスマホを多く使うのであれば月3GBのデータプランの格安SIMが必要となります。

ですが、ご自宅でも外出先でもスマホをあまり使わない方であれば月1GBのデータプランでも大丈夫です。

また、高速データ通信が使用できないデータSIMというのもあります。

そのようなデータSIMは、スマホの使い方をだいぶ工夫しなければなりませんのでお安い料金設定ではありますが、基本的にはおすすめしません。

それであればあと200円支払って月額500円程のデータプランを選ぶ方が断然便利にスマホを活用できるでしょう。

低速モードがあるか

1GBや2GBなどのデータプランのように高速通信容量が低めの制限である場合は、いかに効率よく使うかが重要となります。この場合、高速通信と低速通信の切り替えを利用するのが便利です。

高速通信と低速通信を切り替えられる機能は、実は格安SIMだけの機能なのです。

大手の3大キャリアであるdocomoやau、Softbankにはこの機能がありません。

この機能は、高速通信の際はLET通信、低速通信の際は3G通信に切り替わるというものです。

ほとんどの格安SIMでは、低速通信の際の最大速度が200kbpsという設定となっています。200kbpsというと遅いのではないかと思われるでしょう。

正直なところ速い通信ではありません。画像がたくさんあるウェブページは表示に時間がかかりますし、動画にいたっては観ることができないなどという状況になることは否めません。

とはいっても、普段使うLINEやメールの受送信、Twitterのタイムライン、メインがテキストのウェブページの読み込みといったデータ量の少ない通信は、200kbpsの低速通信であっても不便を感じることなく利用可能です。

低速通信でも大丈夫なアプリの利用には低速通信に切り替えて使用し、動画などを観たい場合は高速通信に切り替えて使用すればいざという時にでも高速通信に余裕を持たせることができます。

多少工夫して使用する必要がありますが、割り切って使用できればそこは安心して使うことができるでしょう。

低速モードの質

格安SIMの通信には、高速データ通信と低速モードというのがあります。

切り替えによって低速モードにすると通信速度が遅くでき、データを消費することなくインターネットを使用できるのです。

格安SIMの種類によって違いがあり、低速モードの通信速度には差があるものです。

バースト転送によって低速モードにしても普通と変わりなく使用できる格安SIMもあります。

データプランが大容量の契約であれば低速モードは必要ではありませんが、月1GBや2GBのデータプランを選ぶのであれば「低速モードの質」というものが重要なポイントとなります。

低速モードに切り替えができる格安SIMですと、Google Play MusicやLINE Music、Apple Musicなどを長時間使用した場合であってもデータの消費を気にすることなく音楽を楽しむことができますので安心してください。

バースト機能の有無

バースト機能とは、高速データ通信のOFFモード時や上限を超え低速通信になってしまった状態でも、通信のはじめの一定時間だけ高速データ通信を行える機能のことです。

メールやLINEなどはもちろんですが、一番役に立つのはネットサーフィンしているとき。通常、低速データ通信時はWebサイトなどを開くのも一苦労ですが、バースト機能があればテキスト主体のページはストレスを感じることなく開くことができるでしょう。

実際の通信速度を事前にチェック

通信速度格安SIMはよく「下り最大150Mbpsの高速通信が可能」などの謳い文句で宣伝されていますが、これは実際に使える通信速度とはまったく別物。格安SIMの実際の通信速度はだいたい5Mbps程度とも言われているため、最大速度は全然あてになりません。ただ、この実際の速度も会社によって非常に大きな差があるため、事前によく調べてから購入することをオススメいたします。

また、格安SIMは大手キャリアの通信回線を借りて使っているため、利用する時間帯によっても通信速度が大きく異なります。平日の昼休みにあたる時間帯や、夕方から就寝前までの時間帯は特に遅くなることが多いようなので、不便に感じる方もいるでしょう。ただし、これも各MVNOの格安SIMによって差があるので、乗り換えるうえでの重要なポイントになるのではないでしょうか?

低速時の速度制限があるか

たいていの格安SIMは、直近3日間で366MBを超過した場合に速度制限されてしまいます。ところが、なかには必ずしも規制するわけではなかったり、まったく規制がないMVNOもあるため、事前によく確認したほうが良いでしょう。

通話オプション・かけ放題があるか

格安SIMに関しては、契約したMVNOによって通話定額プラン(かけ放題)がない場合もあるところが難点といえるでしょう。たいていの格安SIMは、通話料金が30秒当たり20円という場合が多く、5分通話するだけでも1回につき200円も通話料金が発生してしまいます。

この問題を解決するためには、やはり通話定額プランがあるMVNOを契約するのが一番です。会社によっては家族とのかけ放題に特化したものなど特徴的なプランを用意しているところもあるので、ご自分の利用シーンに合うプランがあるMVNOを事前にチェックしましょう。

月額料金1,000円以下!オススメの格安SIM

ここからは、月額利用料金を1,000円以下に抑えることも可能なオススメ格安SIMを9つご紹介いたします!

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM日本では老舗のインターネットサービスプロバイダ企業が提供する「ビッグローブSIM」は、高品質なデータ通信が好評の格安SIMです。料金プランに関しては、データ通信のみ・データ通信SMSつき・データ通信音声通話つきの3つの中から、さらにご自分が必要なデータ容量のプランを選ぶことができます。

実績のある大手企業が提供しているということで、初心者にも安心の格安SIMにもかかわらず、データ通信専用の3ギガプランであれば、月額900円から契約することができるのも魅力的。バースト機能はないものの、外出時にメールや地図アプリを多少使う程度のライトユーザーなら、3ギガプランでも問題ないでしょう。

また、格安SIMには珍しい口座振替払いができたり、BIGLOBE接続サービス(光回線、ADSL、「ベーシック」コースなど)の契約者は毎月200円の値引き特典を受けられるのも高ポイントです。

BIGLOBE SIM
BIGLOBE SIMの評判・通信速度と実際に使ってみたデメリット

BIGLOBE SIMの格安SIMは、格安SIMでもある程度は通話もしたいという人にぴったりの格安SIMです。BIGLOBEでは月々わずか650円で60分の無料通話をすることができる通話パック60とい ...

続きを見る

DMM mobile

dmm-mobileインターネット通販大手のDMMが提供する「DMMモバイル」は、豊富なプランを取り揃えているため、ご自分の使い方に合わせたプランを細かく選ぶことができるのが魅力の格安SIM。NTT docomoの通信回線を利用しているため安定したデータ通信を行うことができ、それに加え前述のバースト機能もついています。

料金プランは大きく分けて、データSIMプランと通話SIMプランの2つ。データ容量に関しては、3GBのデータSIMプランを業界最安価ともいわれる月額850円で提供しているだけではなく、さらにお安い1GB月額480円のプラン、2GB月額770円のプランも提供しています。

また、月額150円でSMS機能を付けることができるのも特徴です。

dmm-mobile
DMM mobileの評判・口コミと通信速度

DMMが提供する格安SIM、DMM mobileの評価や評判、通信速度(実測値)や実際に使ってみた感想などをまとめました。 多くのプランが設定されているのでライトユーザーからヘビーユーザーまで使える格 ...

続きを見る

mineo

mineo「マイネオ」は、ケイ・オプティコム(関西電力グループ)が提供している格安SIMです。ドコモとauの2社から通信回線を借りているため、現在その2社のスマホをお持ちの方はたいていの場合、端末を変えずに乗り換えることができるのが特徴です。

音声通話機能に対応するデュアルタイプの場合はドコモとauで料金プランに差があるのですが、データ通信専用のシングルタイプに関しては同額で提供しており、3GBプランは月額900円で利用することができます。

SMS機能に関しては、auプランはなんと無料、ドコモプランも月額120円とお安く付けることができるのが嬉しいですね。

また、Mineoの最大の魅力は余ったパケットをユーザー間でシェアできる「フリータンク」ではないでしょうか。このシステムを使うことで、余ったパケットを無駄にせずに誰かにあげることができるのはもちろん、自分のパケットが足りないときはもらうことができます。

通話もしたいならLINEモバイル

LINEモバイル

通話も利用して月額1000円以内で抑えようとするならば、LINEモバイルがおすすめです。

ただし、通話のメインがLINE通話でもよければの話になってしまいますが、もしも大丈夫であれば月額500円のLINEモバイルがあります。

こちらはLINE使い放題で利用可能となり、LINE通話もビデオ通話も制限なく使うことができます。しかも高速通信ですから安心ですね。

080・090の音声付きプランになると他ではやはり月額1000円以内に抑えることは難しく、DMMモバイルのライトプランでも月額1140円となってしまいますのでLINEモバイルはかなりお得だといえます。

お申し込み方法はLINEモバイル公式サイトをご確認ください。LINEモバイルに対応するスマホも販売されていますのでチェックしてみてくださいね。

Nifmo

nifmoインターネットプロバイダ企業のnifty(ニフティ)が提供する「NifMo(ニフモ)」は、独自のサービスが豊富な格安SIM。ドコモ回線を利用した格安SIMの中では特に通信速度が速く、安定していると評判です。

データ通信専用プランは3GB月額900円から利用できるため、テキスト中心のウェブサイトの閲覧や無料アプリ「LINE」の利用が多いという方なら問題なく使うことができるでしょう。

ニフモ独自のサービス「バリュープログラム」は、提携ショップでの買い物や、アプリのダウンロード、食事などをすることで利用料金が割引かれるというもの。外食やショッピングをよくする方などは、よりお得にスマホを使うことができます。

また、使い切れなかったデータ量を翌月に繰り越すことができるのも魅力的。月によってデータ使用量に差があるという方にオススメです。

楽天モバイル

楽天モバイル「楽天市場」でおなじみの楽天グループが提供するこちらの格安SIMは、通信品質と良質なサービス内容が好評です。楽天グループが提供するサービスをよく利用する方に特にオススメします。

データ通信専用SIMは、月額900円で3.1GB利用することが可能。さらにベーシックプランの場合、通信速度は最大200kbpsと他より劣るものの、月額645円でSMS機能つきのデータSIMを契約できます。データ通信はあまり使わないけど、SMS機能は欲しいという方もお得に利用できます。

また、楽天市場などを利用することで貯まる「楽天スーパーポイント」を月々の支払いにあてることができ、なおかつスマホの月額利用料金100円につき1ポイント貯まるため、楽天のサービスを頻繁に利用する方にはとても魅力的なのではないでしょうか。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判・口コミと辛口評価

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

続きを見る

OCN モバイル ONE

ocnmobileoneNTTコミュニケーションズが提供する「OCNモバイルONE」は、通信速度に関しては特に速いわけではないのですが、速度制限のON・OFFを自由に切り替えることができる「ターボ機能」が嬉しい格安SIMです。
通信専用SIMに関しては、月額900円の160MB/日コースから選択することができます。

ただ160MBというと、少し容量の大きいアプリなどをダウンロードしただけで使い切ってしまうデータ量。お試し感覚なら良いのかもしれませんが、日常使いの場合はこちらのような「日単位コース」はあまりオススメできません。月単位コースをご希望の際は、一番安価なもので月額1,100円で4GBのプランから選択することができます。

料金面だけ見ると他のMVNOより割高な印象のOCNモバイルONEですが、格安SIM老舗ならではの豊富な機能はやはり魅力的です。特に、先にも述べたターボ機能やバースト機能、余ったデータ量を翌月に繰り越すことのできるサービスや、契約の2年縛りと解約手数料が発生しないというところも嬉しいポイントですね。

ocnmobileone
OCN モバイル ONEの評判と通信速度の比較

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

続きを見る

IIJmio

iijmio「みおふぉん」の愛称で親しまれているこちらは、株式会社インターネットイニシアティブが2008年から提供している、老舗の格安SIMです。通信回線をドコモとauの2キャリアから選択できるマルタキャリアに対応しており、MVNO業界でもトップクラスの人気を誇ります。

料金プランに関してはこれまでご紹介してきた格安SIMと同じく、3GB月額900円から利用することができます。ただ、多くのユーザーが利用する時間帯になると通信速度が遅くなる他社の格安SIMと比較すると、みおふぉんは安定したデータ通信を行うことができるため、料金を安く抑えつつデータ通信の品質は譲れないという方にはオススメです。

また、みおふぉんのSIMカードは多くの機能を備えているだけでなく、最新機種にも対応しているところが強み。人気のiPhoneシリーズにも対応しているため、多くの人から支持されています。

iijmio
IIJmioの評判と辛口評価

IIJmioは最近楽天モバイルに抜かれてしまいましたが、業界シェア2位の格安SIMが有名になる以前から回線を提供している老舗の格安SIMです。 新規参入してきたMVNOとは異なり、いきなりサービスの提 ...

続きを見る

DTI SIM

DTI SIMこちらの格安SIMは、20年の実績を誇るインターネットプロバイダ企業の株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供しています。DTI SIMは初めて契約する人にお得なプランやサービスを豊富に取り揃えているため、格安SIM初心者の方も安心して使うことができるのではないでしょうか。

なかでも、「はじめてDTI SIMをお申し込みになる方限定のお試しプラン」と称して、データ通信専用SIMとSMS機能つきSIMのそれぞれ3GBのプランに関して、なんと半年間無料で提供しているところが最大のポイントです。また、半年以降からの料金もそれぞれ840円、990円と業界最安価。

そのほかにも、事務手数料の割引キャンペーンなどを頻繁に実施しているため、もしDTI SIMへの乗り換えをご希望の方は、キャンペーン情報などをこまめにチェックすることをオススメいたします。

DTI SIM
DTI SIMの評判や通信速度をまとめて辛口評価

格安SIMのDTI SIMは平成27年9月よりスタートしたということで、割と新しめのサービスとなっています。毎月発生する料金を見ても他の会社の格安SIMと比べて一二を争っています。 公式サイトのキャン ...

続きを見る

UQ mobile

UQコミュニケーションズが提供する「UQ mobile」も、特に人気の格安SIMのひとつです。大手キャリアと同様に2年の契約期間があるものの、しっかり契約内容に納得してから乗り換えるのであれば問題ないでしょう。

料金プランに関しては他社と比べると割高な印象があるものの、その分充実のサポートサービスや、通話定額プラン、節約モード(ターボ機能)などを豊富に取り揃えているため、利用者の満足度も高いようです。

no image
UQモバイルの評判と辛口評価【2017年7月】

UQモバイルの評判や通信速度(実測値)をまとめて実際に使ってみた使用感も含めながら辛口評価しました。 この記事の内容はできるだけ最新のものに更新していますが、正確な情報は公式サイトをご覧ください。 U ...

続きを見る

1000円以下の格安SIMを比較する際の注意点

SMS機能はオプションになる可能性が高い

メールSMSとは、ショートメールのことを指しますが、データ通信専用SIMを選ぶ場合、SMS機能が標準であるかオプションなのかを確認しましょう。

携帯電話というものは、基地局と電話本体で音声とデータの二つの通信をそれぞれ別で行っているのです。

データ通信専用SIMは、データには対応できますが音声には対応できず基地局からの音声電波を受け取ることができないのです。

ですが携帯電話本体は電波を受け取ろうと懸命に稼働してしまい、バッテリーの消耗が激しくなってしまう問題が発生します。

これを『セルスタンバイ問題』といいます。ちなみに音声通話対応SIMであればセルスタンバイ問題はありませんので大丈夫です。

データ通信専用SIMにおいて、セルスタンバイ問題を解決するためにはSMS機能がついたSIMを選ぶことです。

SMS機能は音声の電波でやり取りするのでSMS機能付きのSIMを入れることで音声電波を受け取ることが可能となりセルスタンバイ問題の発生を避けることができます。

また、SMS機能が必要となる理由にLINEも関係してきます。LINEアプリは今ではスマホを利用する大半の方がインストールしているアプリでしょう。

LINEアプリのインストール後、アカウントの取得には音声通話かSMSで認証手続きをする必要があります。

それらの機能が使用可能な携帯電話を用いることもできますが、実際にLINEを使用する端末と認証手続きに使用した端末が同じでないと後に困ることも出てきます。

ということからも本来はLINEを使用する端末と認証手続きに使用する端末は同じであるほう好ましいのです。

格安SIMでもLINEで気軽にやり取りすることを望みますね。

データ通信専用SIMであってもSMS機能があればLINEアプリの認証手続きも簡単に行えますので安心してください。

ですが、MVNOによってはSMS機能が標準でつかずにオプションとなっている場合があるのです。

オプションでも150円程度ではありますが、月額1000円以内に収めることができなくなってしまう状況も出てくるでしょう。

月額1000円以内を絶対条件とするならば、最初からSMS機能が標準で設定されているMVNOを選びましょう。

SMS
格安SIMのSMS機能って必要?SMS機能のあるおすすめの格安SIMも紹介します

格安SIMを購入する際、プランを選ぶときに候補に挙がるSMS対応SIMカード。昨今「LINE」が大ヒットするなどコミュニケーションアプリの需要が高まっていますが、SMS機能が付いたSIMカードを買うメ ...

続きを見る

まとめ

ここまで、月額の利用料金が1,000円以下のオススメ格安SIMについてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?最近は、どのMVNOもさまざまなプランやサービスを提供していますが「格安SIMに乗り換えたいけど、かといって通信速度が遅くなるのは嫌だし・・・」と、なかなか乗り換えに踏み切れない方も多いでしょう。

ただ、格安SIMは大手キャリアのような「2年縛り」が存在しない場合が多いため、お悩み中の方が気軽に乗り換えることができるのも長所の一つなのではないでしょうか。もし気になるサービスを提供している格安SIMがあるのなら、まずはご紹介したようなお安いプランに、お試し感覚で乗り換えてみるのも良いかもしれませんね。今回の記事が、格安SIMをご検討中の方のお役に立てると幸いです。

-格安SIMの料金別の比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.